• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

2019/9/30

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準備や指導が必要になってくるのでしょうか。「大阪市・鶴見緑地ウォークラリー」の実践例を紹介します。

全校遠足イメージ
撮影/大庭正美

全校遠足のねらい

どのようなねらいで、計画すればよいでしょうか?

異学年のグループで行くので、違う年齢の友達とのふれあいが深まり、友情や絆を結ぶことができるような活動にすることが一番大切ですね。次に、鶴見緑地に出かけるので、秋の自然に親しむ活動も考えましょう。また、校外に出る活動なので、道路の歩行や乗り物・公共施設の利用などの公衆道徳についての態度を養うことも、ねらうとよいでしょう。
では、当日の活動について、具体的な活動計画を立てていきましょう。

教師側の準備

当日の活動そのものは、六年生のリーダーシップによる子どもたちの自主的な活動であることが望まれますが、校外での活動なので、安全に関する次のような配慮は教師側の重要な仕事です。

●教師の役割
①ラリーの道筋の安全は確保されているか。
②チェックポイントは、わかりやすい場所を設定しているか。
③ラリーのコース内を見回る教師の数は十分か。
④特別な支援を要する子どもへの配慮は十分か。

実施計画
クリックすると別ウィンドウで開きます

また、ウォークラリーのチェックポイントは教師が担当し、班で回ってくる子どもたちを迎えます。不安気に下学年の児童を連れて回ってくる6年生を称賛し、最後まで責任をもって班を引き連れるように励ましましょう。

6年生に指導したいこと

6年生は、たてわり班のリーダーとして、下の学年をまとめて、さまざまな活動を進めてきています。この全校遠足は、そのような活動の積み重ねの上に成り立ちます。学校の外に出て、地図を片手に、年下の子どもたちを連れて、広い公園の中のラリーポイントを探して歩く6年生の苦労は並大抵ではありません。しかし、事前の準備と指導を十分に行うことで、6年生の子どもたちに成功体験を味わわせることができます。それによって、6年生としての自覚と、人への思いやりを学ぶことができます。事前指導のポイントは次のような点です。

●事前指導のポイント
①鶴見緑地ウォークラリーの道筋とラリーポイントを明示した地図を作製し、下見で撮影した写真を見せながら、丁寧な事前説明をする。
②自分の班の下学年のメンバーの名前と顔をしっかり覚えさせ、班員確認の方法や並ばせ方を練習するなどして、校外で班活動をするときに迷子が出ないようにする。
③下学年の友達に指示を聞いてもらうためには、相手の気持ちを考えた言い方をする必要があることを、具体例を示しながら指導する。

鶴見緑地の地図
鶴見緑地の地図
ウォークチェック表
クリックすると別ウィンドウで開きます

上記のカードは、6年生がウォークラリーのときに持つカードの例です。班のメンバーやめあてだけでなく、ラリーのコース・各ポイントでのゲームや得点を記入できる欄、さらに活動後のふり返り表までが記載されています。このようなカードを持って活動することで、6年生は、班のリーダーとしての責任感をもち、役割をやり遂げることができます。全校の子どもたちのふれあいと絆を深める機会にもなります。

執筆/大阪府公立小学校教諭・秋山麗子 イラスト/北澤良枝

『小六教育技術』2017年8月号増刊より

関連する記事

行事記事一覧

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

友達や下学年と絆を深める修学旅行

6年生の子どもたちにとって、一番の思い出になるであろう修学旅行。指導者としてねらいをもち、年間の学習の中に位置づけ、学級活動で子どもたちと一緒にめあてを決めて取…

チーム学校で運動会
「チーム学校」で成功させる運動会

「チーム学校」の重要性が言われる昨今、運動会はまさに、学校と地域が協力し合って行うチーム学校の実践の場とも言える行事です。自分の学級や学年のこととして取り組む狭…

低学年のダンス指導 ポイントは「キュー出し」「オノマトペ」

秋の運動会シーズンを目前に、ダンス指導に頭を悩ませる先生方も多いのでは? 長年の子どもたちにダンス指導を行い、現在は教員向けのダンス研修や、運動会の振付指導を行…

避難訓練(引き取り訓練)の注意事項

地震や大雨、噴火などの災害時に備え、全国の小学校では避難訓練を教育課程に位置づけ、定期的な安全指導を実施しています。今回は、重要な学校行事である避難訓練について…

本気の運動会
【ぬまっち流】教師自ら「勝ち」を目指す本気の運動会

競い合うからには「勝ち」にこだわること。運動が苦手な子供や、争いを避ける子供にも、一生懸命チームで力を合わせて取り組むことの気持ちよさを体験させることは必要です…

気になる子をセンスよく支援 秋の運動会編

二学期にはいろいろな行事が行われることでしょう。今回は「運動会」を例に、 支援が必要な子どもに対して、「行事」で気をつけることについて解説します。 正しい知識と…

教室カメラ入門 運動会写真をもっと印象的に!

学校の大きな行事に運動会があります。記録用に写真を撮るなら、広角でたくさんの情報が入った写真を撮ります。隊形や、ものの配置などを撮ります。今回はそのような写真で…

2019/7/22

もっと見る