• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

2019/9/30

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準備や指導が必要になってくるのでしょうか。「大阪市・鶴見緑地ウォークラリー」の実践例を紹介します。

全校遠足イメージ
撮影/大庭正美

全校遠足のねらい

どのようなねらいで、計画すればよいでしょうか?

異学年のグループで行くので、違う年齢の友達とのふれあいが深まり、友情や絆を結ぶことができるような活動にすることが一番大切ですね。次に、鶴見緑地に出かけるので、秋の自然に親しむ活動も考えましょう。また、校外に出る活動なので、道路の歩行や乗り物・公共施設の利用などの公衆道徳についての態度を養うことも、ねらうとよいでしょう。
では、当日の活動について、具体的な活動計画を立てていきましょう。

教師側の準備

当日の活動そのものは、六年生のリーダーシップによる子どもたちの自主的な活動であることが望まれますが、校外での活動なので、安全に関する次のような配慮は教師側の重要な仕事です。

●教師の役割
①ラリーの道筋の安全は確保されているか。
②チェックポイントは、わかりやすい場所を設定しているか。
③ラリーのコース内を見回る教師の数は十分か。
④特別な支援を要する子どもへの配慮は十分か。

実施計画
クリックすると別ウィンドウで開きます

また、ウォークラリーのチェックポイントは教師が担当し、班で回ってくる子どもたちを迎えます。不安気に下学年の児童を連れて回ってくる6年生を称賛し、最後まで責任をもって班を引き連れるように励ましましょう。

6年生に指導したいこと

6年生は、たてわり班のリーダーとして、下の学年をまとめて、さまざまな活動を進めてきています。この全校遠足は、そのような活動の積み重ねの上に成り立ちます。学校の外に出て、地図を片手に、年下の子どもたちを連れて、広い公園の中のラリーポイントを探して歩く6年生の苦労は並大抵ではありません。しかし、事前の準備と指導を十分に行うことで、6年生の子どもたちに成功体験を味わわせることができます。それによって、6年生としての自覚と、人への思いやりを学ぶことができます。事前指導のポイントは次のような点です。

●事前指導のポイント
①鶴見緑地ウォークラリーの道筋とラリーポイントを明示した地図を作製し、下見で撮影した写真を見せながら、丁寧な事前説明をする。
②自分の班の下学年のメンバーの名前と顔をしっかり覚えさせ、班員確認の方法や並ばせ方を練習するなどして、校外で班活動をするときに迷子が出ないようにする。
③下学年の友達に指示を聞いてもらうためには、相手の気持ちを考えた言い方をする必要があることを、具体例を示しながら指導する。

鶴見緑地の地図
鶴見緑地の地図
ウォークチェック表
クリックすると別ウィンドウで開きます

上記のカードは、6年生がウォークラリーのときに持つカードの例です。班のメンバーやめあてだけでなく、ラリーのコース・各ポイントでのゲームや得点を記入できる欄、さらに活動後のふり返り表までが記載されています。このようなカードを持って活動することで、6年生は、班のリーダーとしての責任感をもち、役割をやり遂げることができます。全校の子どもたちのふれあいと絆を深める機会にもなります。

執筆/大阪府公立小学校教諭・秋山麗子 イラスト/北澤良枝

『小六教育技術』2017年8月号増刊より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

もっと見る