小6算数「量の単位(1)」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県さいたま市立大砂土小学校教諭・天野翔太

編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・笠井健一、浦和大学教授・矢部一夫

量のイメージ写真
写真AC

本時のねらいと評価規準

(本時 1/6 単元の導入)

ねらい
基本単位の前につく「k(キロ)」などの文字(以下、接頭語という)の意味について理解する。

評価規準
これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、新しく出合う単位の意味について理解している。(知識・技能)

問題

下の㋐~㋒の量を表すのに、どのような単位を使いますか。□にあてはまる単位を書きましょう。

問題

どのような単位が入りますか。

㋐は㎝、㋑はgです。

㋒は何の単位が入るのかな。

かさだからL が入ると思うけど、8L では少なすぎると思う。

8mL だと、もっと少なくなってしまうね。

実は㋒には、「kL」という単位が入ります。何と読むか予想できますか。

かさの単位だから、「L」は「リットル」だよね。

㎞や㎏で見たことがあるから、「k」は「キロ」と読むのかな。

「k(キロ)」は、かさの単位にも使うのかな。

「kL」と「L」は、どのような関係になっているのでしょうか。

本時の学習のねらい

これまでに学習した量の単位をもとにして、「k(キロ)」の意味について考えよう。

見通し

問題提示では、kL の読み方を子供に予想させていますが、これは、読み方を予想することを通して、一文字ずつに着目し、単位の構成の仕組みに意識を向けさせたいからです。

子供にとって、k(キロ)は、長さや重さの単位で使われてきた接頭語であるものの、㎞、㎏というように1つの単位として理解しています。見通しでは、これまで学んだ㎞、㎏について触れる程度にとどめておき、既習事項である㎞とm との関係、㎏とg との関係を比べることで、「同じ関係がありそうだ」ということを子供たち自身に気付かせましょう。そのためには、既習事項を学習コーナーなどにまとめておくなど、子供が単位間の関係に着目しやすいよう工夫が必要です。

また、1mL や1L、1kL の大きさをコップやバケツを用いて示しておき、量感を持たせておくことも量の大きさを予想する基となります。

自力解決の様子

A つまずいている子

単位間の関係を統合的にみることができていない。

「k」は長さと重さ、「L」はかさだから……。

B 素朴に解いている子

L とkL の関係を式に表している。

1kL = 1000Lということだね。

C ねらい通りに解いている子

既習の単位の関係から類推し、「k」の意味を考えている。

1㎞= 1000m、1㎏=1000g だから、「k」は「1000 倍」という意味ではないかな。

学び合いの計画

ここでは、ペアで自分の考えを確かめ合う活動を取り入れます。長さやかさ、重さの単位は各学年で学んできたものであるため、統合的に捉えることが難しかったり、不安に感じたりする子供もいます。そこで、友達と考えを伝え合う場を設け、確かめ合うことにより、「かさの単位も同じようにみてよい」、と自分の考えに自信を持つことができます。

ノート例

ノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

まず、子供から出た考えをまとめながら「kは1000 倍」という意味であること、8kL =8000L であることをおさえます。その後、c(センチ)、m(ミリ)などの接頭語について、どのような意味があるのかを考えさせます。そうすることにより、k(キロ)の時と同様に、100㎝= 1m、1000mL = 1L などの既習の単位の関係を子供から引き出していくことで、c(センチ)は[MATH]\(\frac{1}{100}\)[/MATH]倍、m(ミリ)は[MATH]\(\frac{1}{1000}\)[/MATH]倍を意味していることを丁寧に確認していきます。

このように既習と関連付け、長さや重さと同じように考えていく経験をすることで、初めて目にする単位であっても、「今までと同じようにみられるのではないか」、とその意味を積極的に考えようとする態度を育てることが大切です。

まとめ

k(キロ)は1000 倍、m(ミリ)は[MATH]\(\frac{1}{1000}\)[/MATH]倍、c(センチ)は[MATH]\(\frac{1}{100}\)[/MATH]倍を意味している。

評価問題

5cL は何Lですか。

子供に期待する解答の具体例

c(センチ)は[MATH]\(\frac{1}{100}\)[/MATH]倍だから、1cL = 0.01L と考えられる。
5cL = 0.05L
答え 0.05L

(cL については、ワイン等、海外からの輸入品のボトルなどに表記されていることが多い。実物を見せることにより、興味・関心を高めたい)

感想例

初めて見た単位でも、今まで学んだことを生かして考えれば、量の大きさが分かった。

長さやかさや重さの単位もk は1000 倍、m は[MATH]\(\frac{1}{1000}\)[/MATH]倍など、同じようにみてよいことが分かった。

イラスト/やひろきよみ

『小六教育技術』2019年1月号より

6年算数 量の単位(2)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号