小1算数「かたちづくり」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・小野祐揮
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

数え棒を使って形を作る子供

本時のねらいと評価規準

(本時の位置 3/4)

本時のねらい
ものの形に着目し、数え棒で形を構成する活動を通して、いろいろな形を作るとともに、形を作ることに関心をもつ。

評価規準
数え棒を使って、いろいろな形を作ることができる。(技能)

問題場面

かぞえぼうをつかって、かたちをつくりましょう。

問題

これは、どんな形でしょうか(色板で作った形)。

ロケットだ。

家みたいだ。

では、この形は?(数え棒で作った形)

これも家みたい。

2つの形を見て、違うところはどこですか。

左は色板で形ができているけれど、右は数え棒で形ができています。

形の大きさが違います。

今日は、数え棒で形を作ってみましょう。

本時の学習のねらい

かぞえぼうをつかって、いろいろなかたちをつくろう。

見通し

・数え棒をくっつける。

・数え棒を並べる。

・「さんかく」や「しかく」を作る。

数え棒で作った家の形には、どんな形が並んでいますか。

「さんかく」と「しかく」が、並んでいる。

数え棒で「さんかく」と「しかく」を作っていくと、いろいろな形が作れそうですね。

自力解決の様子

A:つまずいている子
形を構成することが、できない。

B:素朴に解いている子
提示された家の形などを、構成している。

C:ねらい通りに解いている子
形を多様に構成し、作った形を「さんかく」や「しかく」という観点から捉え、説明している。

自力解決と学び合いのポイント

A の子供に対しては、色板を使って作った形を思い出させ、数え棒で同じ形が作れないか投げかけましょう。それでも困っている場合は、途中まで教師が作り、続きを作らせましょう。

B の子供に対しては、別の形を作るよう促しましょう。

自力解決後は、自分が作った形を友達同士で説明させましょう。全体交流では、作った形の中にある「さんかく」や「しかく」などの基本図形に着目しながら、数え棒でも形を作ることができることを理解させましょう。

ノート例

ノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

※1 画用紙の棒で作った形を1つ、セロハンテープでノートに貼らせて、残しておく。
※2 ノートには全ての形を残せないので、他の形は「形の名前」と「どんな形で構成されているか」を言葉で残す。

どんな形を作りましたか。その形の中に、どんな形がかくれていますか。

私は、「花」を作りました。「さんかく」と「しかく」があります。

私は、「さかな」を作りました。「さんかく」だけでできました。

「さんかく」や「しかく」をつなげていけば、数え棒でも形が作れましたね。

本時のまとめ

「さんかく」と「しかく」をつなげると、数え棒でも、形を作ることができる。

評価問題

ぼうをつかって、「さんかく」と 「しかく」が、どちらもあるかたちをつくりましょう。

期待する解答例

評価問題

問題文の条件を満たす形を、作っている。

子供の感想例

かぞえぼうでも、「さんかく」や「しかく」ができました。

かぞえぼうでも、いろいろなかたちができて、たのしかった。

ワンポイントアドバイス

福岡教育大学教授・清水紀宏

「かたちづくり」の学習では、色板を並べたり、数え棒をつないだりして形を構成する活動を通して、形の構成について理解したり、形に関する感覚を豊かにしたり、形に親しめるようにしたりします。本時で扱っている数え棒は、図形を「辺」で構成する学習具になっています。この点が色板とは大きく異なります。辺で囲まれた形を「さんかく」や「しかく」と言語化しながら、それらを形として認めていくことが大切です。

新学習指導要領では、第一学年に「数量や図形を見いだし、進んで関わる活動」として、「身の回りの事象を観察したり、具体物を操作したりして、数量や形を見いだす活動」が位置付けられています。色板や数え棒による形の構成という活動は、第二学年の学習の素地となる経験を提供しますが、それとともに、子供が形に「親しむこと」もぜひ大切にしていただきたいです。

イラスト/佐藤雅枝、横井智美

『小一教育技術』2019年2/3月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号