小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ゴール型ゲーム)」の単元を扱います。

執筆/高知県公立小学校教諭・野村法弘
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

かわして進んでみんなでトライ! タグラグビー

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
タグラグビーの行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
タグラグビーに進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

タグラグビーは、ボールを抱えたまま走ったり、味方にパスをつないだりしながら、得点をめざして攻めるゲームです。

規則を工夫したり作戦を選んだり、集団対集団で友達と力を合わせて競い合ったりする楽しさや喜びに触れることができる運動です。

低学年のゲームの学習をふまえ、中学年ではゲームの楽しさや喜びに触れ、その行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、易しいゲームをすることができるようにし、高学年のボール運動の学習につなげていきます。

また、運動を楽しく行うために、自己の課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることなどをできるようにすることが大切です。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

単元計画(例)

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア 単元

楽しく運動をしよう

楽しい! トライしたい! 友達とかかわりたい! といった交流や気付きを大切に

得点場面が比較的簡単なタグラグビーは、運動が苦手な子供もトライ(得点)しやすいゲームです。楕円形のボールを脇に抱えて相手をかわしながら走り抜ける爽快感を味わえるゲーム展開をめざします。

また、得点までのボール運びの組み立ても容易なため、チームで協力して作戦を考えることもできます。

・学習を始める前に、タグベルトやタグといった用具の身に付け方、上着やビブスをズボンに入れるといった身だしなみの整え方から指導しましょう。
・新しい用具に慣れるために、タグ取り鬼ごっこから始めます。
・楕円形のボール操作や後ろにいる友達にパスをすることに慣れるために、円形パスやペアのランパス、金魚のふんパスゲームといったドリルゲームから学習をスタートしましょう。

タグの付け方 
両側に1本ずつ付けている。上着がズボンの中に入っている。

 
片側に2本付けている。

 
両側に1本ずつ付けているが、短すぎたり、上着でタグが見えなかったりする。

 

●基本となる規則

【1チームの人数とゲーム時間】
○4人~5人程度(学級の人数に合わせて変更するが、5人以上はボールを触れない子供が出る可能性がある)
○前半、後半3分~5分程度

【ゲームスタート】
○じゃんけんをして、最初に攻めるチームを決める。センターラインから、後ろにいる味方にパスをしてゲームスタートとする。

【得点】
○タグを取られないようにボールを持って走り、インゴールゾーンまでボールを運ぶ(トライする)と得点。
○1回のトライで、1点入る。

【パス】
○タグを取られたら、それより前へは進めないので、その場で味方にパスをする。
○パスは自分の後ろか、真横にいる味方にする。自分より前にパスを出してはいけない。
○パスされたボールを前に落としてはいけない。

【守り】
○攻めてくる相手を止めるには、ボールを持っている人の両方の腰に付いているどちらか一方のタグを取る。タグを取ったら、周りに聞こえる大きな声で「タグ!」と言って頭上にタグを上げる。
○取ったタグは相手にその場で返す。タグのやり取りをしている2人は、プレーを一時中断している状態となるが、パスがつながっていれば周りのメンバーでゲームは続行している。
○タグを取られた直後のパスカットはしてはいけない。

【攻守の切り替わり】
○相手チームがトライをしたときは、トライしていないチームが、ゲームスタートのときのようにセンターラインのパスから始める。
○以下のときは、それぞれの地点からフリーパスをする。守備のチームは5mくらい下がって守る。
・前の人にパスをしたとき
・落としたボールを相手チームが取ったとき
・サイドラインを越えて攻撃したとき
・相手を倒す、ぶつかるといったファールがあったとき

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

指導のポイント

・楕円形のボールを扱うのに慣れていないため、投げたり取ったりすることが苦手な子供が楽しめるように柔らかいボール、大きなボールやゆっくりとした速さになる軽めのボールなどを代用してもよいでしょう。
・ボールを持ったらとにかく前に走ることが大切です。どの子供も何度もトライをめざせるように、単元序盤のすり抜けゲームでは、1人1つのボールを使って、楕円形のボールを持って走る動きに慣れる学習から行いましょう。
・タグを取られるまでは、トライに向けて前に進むことを意識できる声をかけましょう。
・「はい、どうぞ」「ありがとう」と言葉をかけてタグを返したり、受け取ったりするように指導しましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・コート内の空いているスペースを見付けて走るように声をかけましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・試合で使えるようにドリルゲームや、タスクゲームのときから、タグを取ったら「タグ!」と周囲の友達に聞こえるような大きな声で言うよう指導しましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

安全のポイント

・相手を押したり、タックルしたり、ぶつかったりといった危険な身体の接触がないように指導しましょう。
・もしそのような行動が見られたときには、毅然とした態度で指導しましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・スライディングは危ないので、しないように指導しましょう。

v

・タグを取りにきた手をふりはらったり、タグ以外の所をつかんだりするとファールになることを指導しましょう。
・タグを取られないようにするために、タグを手で押さえてプレイすることはしないよう指導しましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・タグを真後ろに付けるとぶつかる危険があるため、真横にしっかり付けることを確認しましょう。
・ビブスは服の中に入れて、タグも長さを左右そろえましょう。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・ゲームの際には、周りにボールが転がっていないことや、ボールかごや得点板が活動の妨げになっていないか確認するように指導しましょう。
・タグの代わりにハチマキなどを使用する場合は、ズボンから出す長さを指導しておきましょう。

 

活動の広げ方

・ゲームに慣れてきたら、タグを4回取られたら攻守交代など、規則に変化を加えてみましょう。
・ボーナス得点制を取り入れ、チーム全員がトライを決めると2点など、チームみんなで楽しめるようにしてみましょう。

1人1台端末を利用した指導アイデア

ボールを持って相手をかわしながら走り抜けている場面や、トライにつながる場面など、よい動きを中心に、ICT機器等で動画記録を行います。単元後半の学習において、その動画を確認しながら自分のチームの作戦を選ぶようにします。

作戦が成功しているかどうかという視点を基に、フレンドチームに試合の様子を撮影してもらい、試合後のふり返りで確認します。自分のチームの動きを客観的に見るのは難しいため、積極的に活用していくとよいでしょう。

 

●ドリルゲームの例

タグ取り鬼
・2チーム(赤白など)に分かれる。
・相手チームのタグを30秒以内で奪い合う。
・タグを取ったらその場で返して、再度ゲームに参加する。
・30秒間、取ったり取られたりしながら続ける。
・慣れてきたら、ビブスの色で分かれてチーム戦にしてもよい。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

握手タグ取り
・2人組で握手をして構える。
・握手していないほうの手で相手のタグを取る。
・タグを取ったらその場で返して、時間が終わるまで何度でも続ける。
・安全のために、握った手を強く引き過ぎないように行うことを指導しておく。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

ペアのランパス
・ボールを持ったら、走る。
・友達より前に進んだら、後ろにパスをする。
・2人組でパスをしながらゴールまで走る。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

円形パス
・4人~5人で外向きの円をつくる。
・隣の友達に下からパスをする。
・落とさずパスができるようになったら、30秒で何回パスを回せるかに挑戦する。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

金魚のふんパス
・3人1組になり、三角形を作る。
・ボールを持った人が先頭に立ちゴールまで走る。
・後ろの友達にパスをする。
・ボールをパスされた人は走って先頭に行く。
・笛などの合図で、ボールを後ろの友達にパスするようにしてもよい。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

●タスクゲームの例

すりぬけゲーム
・相手の守備チームにタグを取られないようにかわし、ボールをゴールまで運ぶ。
・空のかごにボールを入れたら、スタートラインまで戻って、また攻める。
・タグを取ったらその場で返して、時間が終わるまで何度でも続ける。
・1分以内に得点できた数の多いチームの勝ち。
・ボールの数は徐々に減らしていく。
・ボールが少なくなったら、パスをしてつないでもよい。

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

  

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号