小3体育「走・跳の運動(かけっこ・リレー)」指導アイデア

執筆/埼玉県さいたま市南部児童相談所主幹(前・埼玉県公立小学校教諭)・神保敏久
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、埼玉県教育委員会主任指導主事・河野裕一

授業づくりのポイント

中学年における「かけっこ・リレー(走・跳の運動)」では運動の楽しさや喜びに触れ、調子よく走ったり、バトンの受渡しをしたりできるようになることをめざします。低学年の走・跳の運動遊びでの学びを生かし、基本的な動きや技能を身に付け、高学年の陸上運動につなげていきます。

また、自己の課題を見付け、課題解決のために活動の工夫を行うとともに、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたりすることも学んでいきます。じっくりと自己の活動をふり返ったり、学んだことを伝え合ったりする時間を保障するようにしましょう。一方で、走ることに苦手意識をもっていたり、意欲的でなかったりする子供もいます。そこで、教師の声かけや規則の工夫により、誰もが走ることの心地よさや競走の楽しさを味わうことのできるような学習としましょう。

なお、本実践では、感染症拡大防止の観点から、かけっこの際は、一緒に走る人と2m以上の間隔を空けること、リレーの際は、一度に複数のチームが競走しないこととしています。

単元計画(例)

単元計画(例)

単元前半はかけっこやリレーの動きのポイントを学び、小トラックを利用した周回リレーをして楽しみます。単元後半は、チームや学級の新記録の達成をめざしていきます。

楽しむ①タイミングのよいバトンの受渡しをめざして周回リレーを楽しもう

子供は「速く走れるようになりたい!」という思いを強くもっています。そういった思いを受け止め、単元前半では個々の走力を伸ばしつつ、タイミングよくバトンを受渡すことに慣れていくことを目標としましょう。子供によい動きのイメージをもたせることは大切です。よい動きをしている子供をお手本にしたり、陸上選手の走りを動画で見せたりすると、子供はよい動きのイメージをもてるようになり、姿勢や腕振りのポイントを理解することができます。

また、教師が動きのポイントを理解することも大変重要です。さまざまな動きに楽しく取り組ませながら、的確にアドバイスを行い、子供たちが基本的な動きや技能を身に付けられるようにしましょう。そして子供たち同士で、動きのポイントや友達のよい動きなど、学んだことを伝え合ったり、互いに励まし合ったりするような学習にしていきましょう。

感覚つくりの運動の例

●変形ダッシュ(15m)

長座、腕立て、体育座り、あぐらなど、さまざまな姿勢からのスタートを経験することで、「動き出しの強いキック」「低い姿勢から徐々に起き上がること」「小股の素早いピッチ」など、よい動きを自然と身に付けられるようにします

●7秒間カーブ走

7秒間カーブ走

7秒間でゴールができたら、スタートラインを下げていきましょう。繰り返し行うことで、内側の腕よりも外側の腕のほうを自然と大きく振ることができるようになります。

●ネコとネズミしっぽ取り

ネコとネズミしっぽ取り

この動きはバトンの受渡しにつながります。楽しみながら行うことを心がけましょう。「ね、ね、ね、ね、犬!」などとフェイントを入れると、大いに盛り上がります。

負けてしまった子供の成長も認め、明るい雰囲気で前向きに取り組めるようにしましょう。

ネコとネズミのしっぽ取りの行い方

  1. タグやタオル、PE平テープを腰に付けます。
  2. 2m離れて互いに背を向けて立ちます(感染拡大防止のため)。
  3. 教師が「ネコ(ネズミ)」と言ったら、ネコ(ネズミ)がネズミ(ネコ)を追いかけます。
  4. タグを取れたら、ネコ(ネズミ)の勝ちです。安全地帯まで逃げ切ったら、ネズミ(ネコ)の勝ちです。
    ※同じ相手と3~4回行います。2回目以降は相手を変えます。
    ※しっぽの長さや安全地帯までの距離は、子供の実態を見て必要ならば変えていきます

周回リレー

周回リレー

本実践では周回リレー(一人1周)に取り組みます。感染症拡大防止の観点から、スタートとゴールをチームごとに分けた2チームでのリレーを行います。先にゴールラインを通過したチームが勝ちです。すべての子供が楽しめるよう、全員が規則(バトンゾーン、スタート・ゴールラインなど)を理解してから取り組めるようにしましょう。

楽しむ②バトンの受渡しを上達させ、チームとクラスのベスト記録をめざそう

単元が進むにつれて、子供は動きのポイントを理解し、技能を向上させていきます。単元の後半は自己の課題を明らかにし、その課題を解決していくことをめざします。走り終えた後にチームで話し合うことや、ICT機器を活用することで自己の課題を見付けることができるようにしましょう。そして、チームの友達と互いに考えを伝え合いながら繰り返し練習していきます。

教師は子供の願いや困り感に寄り添いながら、必要に応じて助言し、主体的に学べるように支援をしていきます。タイムを測り、自分たちのチームの伸びを感じられるようにするとともに、学級全体の成長を確認し、学級集団での達成を喜び合えるようにします。自分たちの学びのよさを実感できるような学習にしていきましょう。

なお、チームで話し合う際は、感染リスクを避けるため、間隔を十分確保するようにします。

課題の解決に取り組む姿

リードのしかた

リードのしかた

教師は子供たちの様子をよく見て、「今のタイミングはすごくいいよ」など積極的に声をかけていきましょう。

バトンの受渡し

バトンの受渡し

自分のチームだけではなく、相手チームを応援する姿や、終了後に結果を素直に認める前向きな姿を大いに称賛し、学級に広めていきましょう。

タブレットの活用

タブレットの活用

レースの後もふり返りを行います。走っていないチームが撮影するなど、役割分担をしてもよいでしょう。

イラスト/高橋正輝

『教育技術 小三小四』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号