授業の隙間のミニゲーム~国語科漢字編~

特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!
関連タグ

授業にぐっと集中したら、ほっと一息入れましょう。おススメは、授業の隙間に5分でできるミニゲーム。ここでは、漢字に関するゲームを紹介します。楽しみながら漢字への興味を広げ、新しい気付きに出合えます。習っていない字でも、どんどん書いて楽しみましょう!

執筆/東京都公立小学校主任教諭・小倉さえ子

授業の隙間のミニゲーム~国語科漢字編~

漢字画数チャレンジ

  1. 号車や班などで、4人〜8人程度のチームをつくる。
  2. 黒板をチームの数だけ分割する。
  3. 一画の漢字から十画の漢字を、それぞれ順番に書いていく。
  4. 書けなくなったら、そこまでの記録で勝敗が決まる。

勝敗にこだわらず、全員に辞書を持たせて取り組ませれば、どの子もみんな安心して楽しめます。

十五画の字までお題を広げ、分からない場合は、飛ばして次の画数に進むこともOKにすれば、時間をかけすぎずにテンポよく楽しめます。

ホワイトボードや紙を配って取り組ませたり、自分の席でノートに取り組ませたり、宿題として取り組ませるのもよいでしょう。やり方はいろいろアレンジできます。

漢字画数チャレンジ

〇の付く字集まれ(部首編)

  1. 号車や班などで、4人〜8人程度のチームをつくる。
  2. 黒板をチームの数だけ分割する。
  3. 先生が出したお題に合う字を書かせる。
  4. 「制限時間は1分です」など時間を示し、たくさん書けたチームが勝ち。

お題は「にすい」「きへん」「うかんむり」など馴染みのある部首から始め、「どうがまえ」「ひとやね」など、複数の呼び名があるものや、聞き馴染みのないような一瞬迷う部首を出すと盛り上がります。

〇の付く字集まれ(部首編)

〇の付く字集まれ(かたち編)

進め方は「○○の付く字集まれ(部首編)」と同じ。ただし、正しい部首でなくても、形が入っていればOKのルールにします。漢字が苦手な子や、低学年、学年が混ざっていても一緒に楽しめます。ジャッジはゆるめにして、みんなで楽しみましょう。

〇の付く字集まれ(かたち編)
〇の付く字集まれ(かたち編)

ニセモノ漢字

  1. 先生が黒板にわざと間違った字を書きます。
  2. 間違いを見付けた児童を指名したり、自由に発言させたりします。

漢字テストの前など、注目してほしい点の向きや、跳ねなど細かい字形の指導もゲーム感覚で楽しく定着させましょう。

ニセモノ漢字

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号