「みんなで!どう解く?」道徳授業で使えるオリジナル教材をマクドナルドが無償で公開

関連タグ

クイズ王・伊沢拓司さん率いる東大発の知識集団QuizKnockメンバーとともに、ポプラ社発行の「答えのない道徳の問題 どう解く?」の協力のもとにマクドナルドが進めているプロジェクト、「みんなで!どう解く?」。ここでは、マクドナルドが現役の先生方とともに作り上げた、道徳の授業で使えるオリジナル教材を紹介します。

「みんなで!どう解く?」道徳授業で使えるオリジナル教材をマクドナルドが無償で公開

「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」プロジェクトって?

■特設サイト「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」
https://www.mcdonalds.co.jp/family/doutoku/

日本マクドナルドは、2021年1月から、クイズ王・伊沢拓司さん率いる東大発の知識集団QuizKnockメンバーとともに、ポプラ社発行の「答えのない道徳の問題 どう解く?」の協力のもと、「みんなで!どう解く?」プロジェクトを開始しました。答えのない問題に向き合うことで、子供たちの自由な発想や思考力を育み、文部科学省の新学習指導要領に掲げられている「生きる力」を伸ばす支援を行っています。

ポプラ社出版『答えのない道徳の問題 どう解く?』
これからの時代を生き抜く力を育むことを目的に、身の回りにある答えが見つからない問題をテーマに、対話から子どもの思考力を育てる本。いろいろな意見を集めた「考えるためのヒント」では、池上彰、羽生善治、谷川俊太郎、ミッツ・マングローブ、能町みね子など、各界の著名人の意見を掲載。巻末には対話の記録を残せる、書き込み式のワークシートつき。
■URL:https://www.poplar.co.jp/pr/doutoku/

これまで、オンラインでのワークショップや、身の回りにある「答えのない道徳の問題」に対する解答をTwitterやウェブサイトで募集するなどしてきたマクドナルド。2021年12月頃には、全国の子供たちから寄せられた問題や解答をもとに、ハッピーセットの本「みんなで!どう解く?by マクドナルド」を販売する予定となっています。

マクドナルドのハッピーセットとコラボ決定!

オリジナル教材を開発することになった理由

先生方は「自由な意見を発表する機会をつくってあげたい」、「人と違うのは悪いことではないということを伝えたい」といった思いを持ちながらも、「授業での取り入れ方がわからない」「授業の準備に時間がかかる」「授業の進行もうまくいかない」という現状があります。

このような先生方の思いに寄り添いながら、子供たちの成長と発達をサポートするためにマクドナルドが開発したのが、ここで紹介するオリジナル教材です。

気になる「答えのない道徳の問題 みんなで!どう解く?」オリジナル教材の中身は?

教育関係者と連携して制作された授業進行台本などの授業運営ツールと、子供たちの思考や対話をサポートするワークツールが用意されています。自ら考え、間違いを恐れずにお互いの意見を交わし合い、多様性を理解しながら物事の本質について考えるといった学びを実践できます。

教材概要

実際の教材のラインナップを覗いてみましょう!

授業スライド

授業スライド
授業の進行をサポートする投影用スライド

ワークツール一式

ワークツール一式
グループワークの進め方や問いづくりのヒントなど、子供たちが積極的に授業に参加したくなる児童用のサポートツール

ワーク補助シート

ワーク補助シート
子供たちへの声掛け例など、グループワーク中の机間巡視時に利用できる先生用資料

進行台本

進行台本
先生のセリフや子供の反応、発問例などを網羅

概要資料

概要資料
背景情報など、授業への理解を深めることのできる資料

※画像は2021年9月時点の資料のもので改訂される可能性もあります。

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号