小3社会「事故からくらしを守る」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・生沼夏郎
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都教育庁指導部主任指導主事・秋田博昭

目標

施設・設備などの配置、緊急時への備えや対応などに着目し、見学・調査や資料で調べることを通して、関係機関や地域の人々の関連や従事する人々の働きを考え、警察署などでは、地域の安全を守るために、相互に連携して緊急時に対処する体制をとっていることや、関係機関が地域の人々と協力して交通事故の防止に努めていることを理解できるようにするとともに、学習したことを基に自分たちにできることを考えようとする態度を養う。

学習の流れ(7時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 交通事故現場の写真、豊島区内の交通事故の発生状況などの資料を基に話し合い、学習問題を設定する。

<学習問題>
事故などから私たちのくらしを守るために、だれが、どのような取り組みをしているのだろう。

○ 学習問題に対する予想を基に、学習計画を立てる。

追究する(3時間)

○ 交通事故が起きたときの連絡の仕組みや関係機関との連携体制を調べる。
○ 警察署で働いている人たちの仕事の様子や工夫・努力を調べる。
○ 事故や事件を防ぐために、警察と協力している関係団体や地域・学校の人々の取り組みを調べる。

まとめる(2時間)

○ 調べて分かったことを関係図に整理し、学習問題に対する自分の考えをまとめる。

※「学校の授業以外の場での学習が可能と考えられる学習活動」として設定することも可能です。

○ 調べたことを基に、交通事故や事件を防ぐために、自分たちにできることは何かを話し合う。

導入の工夫

交通事故現場の写真や交通事故の発生件数のグラフを基に話し合うことで、関係機関が連携している様子やいまだに多くの人が交通事故にあっていることに気付き、事故から人々を守るために働く人々の仕事に関心をもって主体的に追究できるようにします。

第1時

小3社会「事故からくらしを守る」

交通事故の発生状況が分かる資料から、私たちのくらしを守る人たちの様子について、気付いたことを話し合いましょう。

車がガードレールにぶつかっていますね。現場に来ている人たちは、事故が起きたことをどうやって知ったのかな?

奥のほうにはパトカーが見えます。警察は、事故現場にやってきて、どのようなことをしているのだろう?

車の周りでは、消防士が何か作業をしているように見えます。事故現場には、どのような人たちがやってきて、何をしているのだろう?

平成30年の豊島区内での交通事故件数 649件

豊島区内での交通事故の年代別件数

1年間で649件ということは、豊島区では1日約2件の交通事故が起きているということになります。どうすれば事故を減らせるのかな?

こんなに多くの人が交通事故にあっているのに驚きました。交通事故が起きないようにするために、何か取り組みをしているのではないかな?

大人が事故にあっている件数が多いけれど、子供も事故にあっています。私たちは、どういうことに気を付ければよいのかな?

問題をつくる(1・2/7時)

豊島区内の交通事故発生状況や、事故への対処をしている様子などの資料から、私たちのくらしを守るための仕事について、疑問に思ったことを話し合います。

学習問題
事故などから私たちのくらしを守るために、だれが、どのような取り組みをしているのだろう。

まとめる(6・7/7時)

調べて分かったことを関係図にまとめ、事故や事件から安全を守る人々の働きを考えるとともに、私たちのくらしを守るために自分たちにできることを考えます。

話合い活動の工夫

前単元「火事からくらしを守る」で行った関係図へのまとめ方を参考にして、事故や事件から私たちを守る人々の働きを考えます。

第6時

これまでに調べて分かったことを基に、事故や事件から安全を守る人たちの働きについて、話し合って整理していきましょう。

住民・地域・警察の関係図

警察署や交番では、パトロールをしたり、交通安全や防犯を知らせたりしていました。

地域の人も協力して、子供110番の家や交通安全週間の取り組みに参加しています。

学校では、警察や地域と協力して、交通安全教室や不審者対応の訓練をしています。

区役所も協力して設備を整えるなど、たくさんの人たちが協力して、安全なまちづくりを進めていることが分かりました。

調べて分かったことをまとめていくには、「警察署・交番」と「学校や区市町村などの関係機関」が行っていた取り組みを話し合い、それらと「わたしたち」の3つの立場の関係が見えるように整理していくことが大切です。その際、前単元(火事からくらしを守る)において、自助共助公助の3つの視点からまとめた図の書式を活用するなどの工夫をすることが大切です。

単元づくりのポイント

本内容は、地域の安全を守る働き(消防と警察)として、「緊急時に対処する体制をとっていること」と「防止に努めていること」を学習します。単元づくりをする際には、どちらかに重点を置くなど、取り上げ方に軽重を付け、効果的な指導を工夫することが大切です。

単元の導入では、交通事故の写真の他に、事故の発生の様子を表やグラフなどで示し、子供が「事故をゼロにすることは難しい」という事実を把握した上で、学習を進めていくことが大切です。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号