小1道徳「二わの ことり」指導アイデア

関連タグ

執筆/千葉県公立小学校教諭・原野舞
監修/千葉県公立中学校校長・大舘昭彦、文部科学省教科調査官・浅見哲也

使用教材:「二わの ことり」(東京書籍)

授業を展開するにあたり

「二わの ことり」は、低学年の道徳で数多く取り上げられている有名な教材です。取り扱う内容項目は、「友情、信頼」です。この教材は、友達に対する思いが描かれており、一年生でも身近に考えられる内容です。

小学校に入学し、さまざまな友達と交流する楽しさを感じる一方で、自己中心的な言動をしてしまうこの年齢は、友達とぶつかることも多いでしょう。みそさざいの葛藤を感じ取りながら、やまがらのことを思った言動について考えることで、友達と仲よくするために大切なことを改めて具現化することがこの授業の目的です。

語彙や生活体験が少ない一年生は、自分の思いを表現するには個人差があったり、なかなか主体的に考えられなかったりすることもあるかもしれません。全員を同じ土俵で考えさせるには、発問や板書、話合いの場の設け方、終末の扱いなど、さまざまな工夫が必要です。

今回は、登場人物のセリフの続きを考える、役割演技をする、心の距離を視覚的に表すという活動を取り入れ、子供たちが自分事として考えられるような授業プランを立ててみました。

展開の概略

1.導入

  1. 本時で扱う内容項目「友情、信頼」について、自己の生活をふり返る。具体的なエピソードや気持ちを問うことで、全体が発言できる雰囲気をつくる。
  2. 1時間で考えさせたいテーマを提示する。

2.展開

  1. みそさざいが悩んでいた事柄を確認する。
  2. やまがらの家に行ったみそさざいの心情を考える。
  3. 友達レベルをハートで表す(⑤の後も行う)。
  4. やまがらの家に行って、みそさざいがなんと言うか考え、ワークシートに記入させる。
  5. 役割演技をする。
  6. テーマについて再度考える。

3.ふり返り

  1. 学習のふり返りを書き、発表する。
  2. 教師の説話を聞く。

(例)

・誕生日に、友達がわざわざ会いに来てくれて嬉しかった。自分もやってあげたいと思った。
・遠く離れている友達にプレゼントは渡せないから、電話やメールを送ったら、とても喜んでくれ、今でも仲よくしている。

など、内容項目や教材に見合った説話は、終末にふさわしいと考えます。特に担任の話は、子供の心により響くはずです。

▼ワークシート

毎回、同じ形式のものを使用しています。場面絵やイラストだけを差し替え、作成する負担が軽減するようにしています。

▼教具1 友だちレベルを示すハート図

教具1 友だちレベルを示すハート図

ピンクと水色の画用紙を動かすことで、ハート図の色の割合を変えます。

▼教具2 みそさざいとやまがらのお面

みそさざいとやまがらのお面

役割演技の際、お面を着けると、役割を取得しやすくなります。

実際の授業展開

主題名
二わの ことり

ねらい
友達と仲よくし、思いやりをもって助け合っていこうとする心情を育てる。

内容項目
B-(9)友情、信頼

準備するもの
・ワークシート(子供配付用)
・場面絵
・みそさざい、やまがらのお面 
・友達レベルを視覚化するハート図

ワークシートや教具のPDFはこちらよりダウンロードできます
小一道徳学習プリント「二わの ことり」

指導の概略(板書計画例)

板書計画例

導入1

①今日のテーマを提示する。

  • 『友達への思いやり』について自己をふり返った後に提示する。

導入2

②途中でみそさざいさんがなんで悩むのかを考えながら聞きましょう。

  • 登場人物や教材の内容を提示する。

展開1

友達レベルをハート図で表す。
③どんなことを考えながら、やまがらさんの家に行ったでしょうか。

  • やまがらは寂しい思いで待っていることを押さえる。

展開2

友達レベルをハート図で表す。
④やまがらさんの家に行って、みそさざいさんはなんと言うでしょうか。二人になりきって、お話ししてみましょう。

  • ワークシート記入後、役割演技をする。

終末

⑤友達と仲よくするのに、大切なことはなんでしょうか?

  • 1時間で考えたことを共有し、ワークシートにふり返りを記入する。

「主体的・対話的で深い学び」授業展開の補足説明

テーマの提示

今回は、「友達と仲よくするために大切なことはなんでしょう」としました。一年生でも、 友達に優しくしてあげることや困っていたら助けてあげることが大切だということは分かっています。授業前と授業後にテーマについて考えさせることで、自己の生活をふり返ったり、変容を図ったりすることができます。

さらに、授業内で扱う内容項目に対する考えの深まりが出ることも期待できます。また、テーマの提示はふり返りにも有効です。1時間を通して自分が何を考え、何を学んだのかをメタ認知できるポイントになるのではないでしょうか。

友達レベル

みそさざいとやまがらの友達としてのレベルをハートで示し、視覚的に二人の心の距離が分かるようにします。友達レベルが上がったり下がったりする変化に気付かせたかったからです。

一度下がったレベルが、最後は最初よりも上がっていると考える子供もいるでしょう。なぜ、そのように変化したのか、最初と最後にどのような違いがあるのかなど、レベルの変化の理由も問いたいところです。そこに、友達を大切にする心情や言動が見えてくるはずです。

役割演技

教材の中で、みそさざいはやまがらの家に行き、「やまがらさん、たんじょうびおめでとう」と伝えます。しかし、自分がみそさざいの立場になったときに、他にも伝えたいことがあるのではないかと感じました。

そこで、子供たちに、「やまがらさんの家に行って、みそさざいさんはなんと言うでしょうか」と発問します。そこには、一人で寂しい思いをしていたやまがらを思いやる子供たち自身の言葉が出てくるはずだと考えたからです。

「遅くなってごめんね」「今から楽しい誕生日にしよう」など、やまがらのことを思いやった言葉には、子供自身の「友達を大切にしたい」という心情があるはずです。

役割演技の際は、まず観客に演者の様子から気付いたことなどを問いかけます。そのうえでみそさざい役、やまがら役の子供には、発した言葉の理由やそのときの心情について話してもらいます。寂しい思いから、喜びに変わったやまがらの心情の変化にも触れ、温かい雰囲気をつくりたいものです。

互いの思いを共有し、互いの言動がどう見えるのかを第三者に聞く活動は、主体的で対話的な学びにつながるはずです。

教科調査官からアドバイス

文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官・浅見哲也

道徳科の授業では、子供たちが内容項目に含まれる道徳的価値を手がかりとしながら道徳性を養えるようにするために、教師は、さまざまな指導方法の工夫を行います。これらの工夫は、一人ひとりの子供たちが、自分の考えをもてるようにしたり、自分の考えを表現できるようにしたりするためのものであり、子供たちの学習状況を見とる評価にも大いに役立つものです。

原野先生は、授業のテーマを設定することで、本時の授業で考えることを明確にしています。また、ハート図を操作して自分の心を表現することで、子供一人ひとりが授業にしっかりと参加でき、言葉や文字で表現することが困難な子供への配慮となっています。

さらに、やまがらさんとみそさざいさんの役割演技は、そのときの相手を思う気持ちが表れやすく、子供たちの心の優しさを表出できます。こうした一人ひとりに配慮した学習を通してもう一度テーマについて考えると、子供自身も自分の心にある温かさに気付いていくことでしょう。

イラスト/どいまき

『教育技術 小一小二』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号