小5国語「カレーライス」指導アイデア

関連タグ

教材名:「カレーライス」光村図書

指導事項:〔知識・技能〕(3)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)オ カ
言語活動:イ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・大熊啓史
編集委員/前・文部科学省教科調査官・菊池英慈、東京都公立小学校校長・加賀田真理

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

文章を読んで理解したことに基づいて、自分の考えをまとめること、そして積極的にまとめた意見や感想を共有して、自分の考えを広げる力を育成します。また、考えを広げるためには読書が役立つということに気付かせることも合わせて指導をしていきます。

②言語活動とその特徴

本単元では、自分で選んだ作家の作品を読むことを通して、内容を説明したり、自分の経験と結び付けながら読んで、考えたことを伝え合ったりするという言語活動を位置付けます。

子供たちは低学年から様々な分野の本に親しみ、複数の作品によるシリーズ物を続けて読むことや、「日本の昔話」「鬼が出てくる物語」など、意図的に特定の本を集めて比べて読むなどの活動を経験してきていることと思います。

高学年になり、作家に着目して本を選んで読み、その作品の特徴を捉えることで、作家の個別の特徴やそれぞれの作家の違いに気付いて読書活動を広げることが本単元のねらいとなっています。児童に作家という新たな本の選び方の視点をもたせることで、次の本を選ぶ意欲へとつなげていきます。

また、友達と比べることによって、一人一人の本を選ぶ「好み」や「考え方」の傾向を共有することで、自分自身を知り、読書が自分の考えを広げることに役立つと気付かせていきます。

単元の展開(5時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

・学習課題の設定
単元名や学習の進め方を確認し、学習の見通しをもつ。
→アイデア1

【単元】作家やその作品の魅力に着目して、本をしょうかいし合おう

普段の本の選び方を振り返って、友達と話し合う。

第二次(2~4時)

・「カレーライス」を読んで感想を話し合う。
・作家に着目して、本を探して読む。
→アイデア2
・選んで読んだ作家の「しょうかいカード」を書く。

第三次(5時)

・作家やその作品の魅力を紹介し合い、自分自身のことや友達との共通点や相違点など、気付いたことを振り返り、学習をまとめる。
→アイデア3

アイデア1 作家に着目させる学習課題の設定の工夫

高学年になると、今までの読書経験の差が大きく開く時期にもなります。どんな読書経験の子供にも「作家に着目して」読書活動を行うという学習課題に取り組ませるためには工夫が必要です。

まず、今までの読書経験を振り返り、どのように読み続けてきたか、振り返ることから始めます。読書経験の浅い子ほど、本を同じテーマやシリーズを関連付けて読み続けた経験が少ないことが考えられます。

小グループでの話し合いで「今までどんな本を読んできたことが多かったか」を振り返ることで、一冊の内容ではなく、シリーズ物であったり、何らかの似ているテーマで選んできたりしたことに気付かせることが必要です。

その中から、「同じ作家」の別な作品を選んできた経験を取り上げて学級全体に広げ、そのような読書の良さやおもしろさの経験を話し合わせたり、想像させたりすることで、意欲を高めます。

単元のゴールとして、「しょうかいカード」を伝え合うことを通して、「作家に着目した」読書の良さを全体でさらに見付けていくことを押さえ、単元全体を見通すようにします。

読書経験の浅い子

ぼくは野球が好きだから、野球の作品を読んだことがあるよ。友達に薦められた科学の本とか、冒険ものとか、いろいろあったな。

読書経験の豊かな子

読んだ本がおもしろくて、その本を誰が書いたか気になって、同じ作家の本を探したことがあるわ。その本もやっぱりおもしろかったよ。

同じ作家を選んで本を読んでいくことも、おもしろそうですね。これからの学習で、「作家に着目した」読書の魅力をもっと見付けていきましょう。

アイデア2 学校図書館司書との連携

作家に着目した読書をすすめるためには、学校図書館の効果的な利用が必要です。学習がスムーズに進められるように、ある程度作品を絞って集めておくことが必要です。同じ作家の作品を集める時、指導者はどのような作品が本単元にふさわしいか把握しておく必要があります。

そんな時、学校図書館司書の方と上手に連携を図ることでその準備がスムーズになります。本単元の選書のポイントとしては以下のものがあります。

  1. ある程度、作家のテーマが限られている作品
  2. 授業時間(あるいは、一定期間)で多読ができる量の作品
  3. 児童の発達段階に合った内容の作品

それらと学校図書館の蔵書との関係を学校図書館司書と話し合うことで、ある程度の条件に合った作家の作品が選ばれてくるでしょう。

ただし、本単元の指導として、同じ作家のいろいろな作品を読むことがねらいであるため、③についてはある程度、児童の読みの実態に合わせて中学年向けや低学年向けの作品を準備しておくことは、読書経験の浅い子や読みの困難さを抱える児童への配慮の一つとして考えられます。

子供たちが本を選ぶ時に、学校図書館が作家によって分類されていたり、分けて展示しておいたりするなど、環境面を整えることでスムーズに読書に進むことができるでしょう。

アイデア3 自分の考えをまとめ、広げる共有の工夫

本単元で紹介されている「カレーライス」は主人公が読み手である子供と年齢が近く、思春期に差し掛かった子供の心情が随所に捉えることのできる作品です。したがって、子供たちは、自分の経験と主人公の心情を重ねて感想をもつことが比較的容易にできるでしょう。

子供たちが感想を伝え合った後に、「重松清さんの『カレーライス』という作品は共感したり、考えさせられたりする作品でした。」と作家に着目して、作品全体を捉えてまとめるようにします。

  は例、今回は教科書のキャッチコピーから

「カレーライス」の振り返り方をモデルとして、次からの読書につなげ、読書カードにまとめていきます。「しょうかいカード」を書く時には、それぞれの感想を関連付けて、キャッチコピーを考え、紹介し合うようにします。

単元の振り返りには、作品の魅力だけでなく、友達のキャッチコピーに着目し、自分の興味をもったものを振り返らせることで、友達と共有する活動から得た新たな自分自身の興味と向き合い、読書へつなげていけるようにします。

▼読書カードの例

読書カードの例

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2020年7/8月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号