小4体育「走・跳の運動(かけっこ・リレー)」指導のポイント

関連タグ

執筆/新潟県公立小学校教諭・櫻井朝之
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、新潟県公立小学校校長・長谷川智

小4体育「走・跳の運動(かけっこ・リレー)指導のポイント

授業づくりのポイント

走る楽しさに触れ、記録の短縮をめざそう!

走ることは、すべての運動の基礎となる動きです。春休み中に運動する機会が少なかった子供たちが楽しみながら走ることを通して、身体を使う感覚を取り戻したり、友達と一緒に運動する喜びを味わったりできるようにします。

中学年の「走・跳の運動」の「かけっこ・リレー」では、その楽しさや喜びに触れ、その行い方を知るとともに、調子よく走ったり、走りながらバトンを受け渡したりする基本的な動きや技能を身に付けることが大切です。

また、新年度がスタートするこの時期に、走る楽しさや心地よさにつながる指導を基本にしながら、友達と競走する楽しさを味わえるようにしていきます。

さらに、個人やチームの記録の短縮をめざして、友達のよい動きを見付けたり、互いに教え合ったりしながら学習を進め、誰とでも仲よく助け合う学級づくりのきっかけにしていくことが大切です。

単元計画

単元計画

※単元前半ではいろいろな「かけっこ」で走る楽しさに触れ、単元後半では「リレー」を通じて友達と協力して競走する楽しさに触れることを想定しています。

楽しもう ~「かけっこ」で楽しもう~

単元前半では、いろいろな「かけっこ」を通じて、調子よく最後まで走る感覚を味わえるようにします。そこで、まず大切にしたいことは、身体を素早く動かしたりタイミングよく手足を動かしたりして、自己の身体を自由にコントロールして走れるようになることです。

いろいろな姿勢で走ったり、走り方を工夫したり、さまざまな場のコースを設定して、条件に合わせて競走したりすることで、楽しみながら基本的な動きや技能を身に付けられるようにします。

互いの走りを見合いながら、友達のよい動きを見付けたり自分で考えたことを友達に伝えたりすることで、より一層学びの質を高めていけるようにします。

いろいろな「かけっこ」で楽しもう

制限走(走る姿勢を工夫する)

制限走(走る姿勢を工夫する)

制限する距離を短くして安全面に配慮しましょう。

スキップ走・新聞紙走・しっぽ走(走り方を工夫する)

スキップ走・新聞紙走・しっぽ走(走り方を工夫する

スキップがうまくできない場合は、2歩ずつケンケンしてみよう。

手を広げると、新聞紙が落ちないよ。

腕を広げなくても落とさず走れるかな。

2mのしっぽが地面に付かずに走れているよ。

3mのしっぽでもできるかな。長いので友達に持ってもらってスタートしよう。

ライン走・スラローム走(走るコースを工夫する)

ライン走・スラローム走(走るコースを工夫する)

5秒間走

5秒間走

少しがんばれば達成できるように、スタート位置は50㎝刻みでラインを引きます。5秒ぴったりにゴールできるように、スタートする位置を前にしたり後ろにしたりします。直線のコースだけでなく、曲線のコースでもできます。

もっと楽しもう ~「リレー」でもっと楽しもう~

単元後半では、単元前半の「かけっこ」で高めた「走力」を土台にして、友達と協力しながら「周回リレー」をしていきます。中学年のリレーでは、走りながらタイミングよくバトンの受け渡しができるようになることをめざします。そのため、リレーのバトンパスと類似した経験を通して、次走者がスタートのタイミングをつかんだり、2人が走るスピードを維持したままバトンパスできるようにしたりしていきます。

また、グラウンドにある既設のトラックを利用した周回コースで行うことで、コーナーの内側に体を軽く傾けて走るなど、リレーの基本的な動きや技能を身に付けていきます。ほかのチームと競走するだけでなく、チームの記録短縮をめざして、互いに見合ったり教え合ったりしながら学習を進めていきます。

スタートのタイミングをつかもう

追いかけ走(後ろの走者が前の走者のタグを取る)

追いかけ走(後ろの走者が前の走者のタグを取る)

手を前に出しながら走ると、スピードが落ちるよ。

マークスタートの追いかけ走

マークスタートの追いかけ走

少しずつマークの位置を変えていく。
安全地帯まで逃げ切れた→マークを近くする
逃げ切れない→マークを遠くする

2人のスピードを合わせよう

ペーパー(紙や新聞紙)バトンパス

ペーパー(紙や新聞紙)バトンパス

できるようになってきたら、テークオーバーゾーンの距離を短くしていきましょう。

並列走

並列走

新型コロナウイルス感染症対策として、バトンを使わずに声を使ってパスをすることもできます。

周回リレー

グラウンドにある既設のトラックのコーナーを利用して2つのサークルを作成。テークオーバーゾーンは約15 m。

①③‥第1走者、第3走者スタート位置(バトンゾーン)
②④‥第2走者、第4走者スタート位置(バトンゾーン)

タイムトライアル

  • 4人1チームで1人半周を走る。
  • タイムを計測して記録の短縮をめざす
デュアル・リレー

デュアル・リレー

  • 2つのチームが競走する。

各チームで記録の短縮時間を競うだけでなく、各チームの記録の短縮時間を足して前回と比較することで、クラス全体の共同意識が生まれます。

イラスト/高橋正輝

『教育技術 小三小四』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号