小6理科「植物の成長と日光・水の関わり」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・中富太一朗
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・福田修二

小6理科「植物の成長と日光・水の関わり」指導アイデア

単元のねらい

植物について、その体のつくり、体内の水などの行方および葉で養分をつくる働きに着目して、生命を維持する働きを多面的に調べる活動を通して、それらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、より妥当な考えをつくりだす力や生命を尊重する態度、主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(二次 総時数 10時間)

第一次 植物の成長と日光の関わり(5時間)

① 植物の成長と日光の関わりについて話し合う。(1時間)
② 植物の成長と日光の関わりを調べる。 (3時間)
※2日かけて実験を行うことになるので、天気予報を確認して晴れが続く日に行いましょう。
③ 植物の成長と日光との関わりについてまとめる。(1時間)

●「日光・水が必要なことはなぜか」その理由を考える
生物が生きていくために水や養分を摂取する必要があるという共通性と、自由に動けない植物が生きていくために独自の仕組みを備えているという多様性に気付かせることで、自然の素晴らしさに目を向けやすくなります。

第二次 植物の成長と水の関わり(5時間)

① 植物の成長と水の関わりについて話し合う。 (1時間)
② 植物の成長と水の関わりを調べる。 (3時間)
※フラスコの中の色水(植物染色液)につけておき、植物が着色し、水も減っていくことから、水の通り道を確認しよう。
③ 植物の成長と体内の水の行方についてまとめる。(1時間)

植物の成長に日光や水がどのように関わっているかを生活経験や5年生までの学習、本単元の学習をもとに多面的に調べることを通して、「より妥当な考え」をつくりだせるようにしよう。

単元の導入

① 植物の成長と日光の関わりを想起させよう

植物の成長には、日光が関係していたよ。

日光が当たると植物にどのような影響があるのだろう。

② 植物の成長と水の関わりを想起させよう

植物の成長には、水が必要だったね。

植物に水をあげるけれど、植物はその水をどうしているのだろう。

活動アイデア

植物の蒸散を促すため実験は晴れた日に行いましょう。植物の葉で養分をつくる働きや植物の体内の水の行方について日向と日陰の植物を比較したり、染色液で染められた植物の写真などを提示したりしましょう。それらで興味・関心をもたせ、子供の問いを大切にした追究活動を行うことで、主体的に問題を解決しようとする資質・能力の育成につながります。

授業の展開例

自然事象への関わり

植物が水を吸って元気になる様子を見たり、これまでの学習を振り返ったりすることで、植物の体内の水の通り道について話し合い、本時問題を見い出します。

問題
植物が、根から取り入れた水は、植物の体のどこを通っているのだろうか。

予想

人間の血管のように体中を巡る水の通り道があると思う。

根やくきがまっすぐにストローのようになっているのかな。

根から取り入れて、根で養分と一緒に使われていると思うよ。

植物の体内を通る水の様子を絵や図で予想し、グループで考えを交流する中で考えが深まり、問題解決の見通しをもつことができます。

解決方法の立案

色水をあげると、水の通り道を調べることができるよ。

葉や花が色水で染まったら、体中を巡っているということができるね。

結果を見通した実験方法を取り上げることで、授業の見通しも立ちやすくなります。

観察、実験

・教科書の実験時間などを参考に、実験計画をたてる。
・植物に使用する色水は、染色液を使うと植物が弱らずに鮮やかに染色できる。

教室で実験を継続することで、休み時間ごとに徐々に染まっていく様子を確認することができます。

結果

・植物の体の中に色に染まった部分ができた。

植物に色水を吸わせる実験
植物に色水を吸わせた結果、くき・葉・根の断面はどうなるか

考察

・色に染まったところが、水の通り道だということができる。
・植物の体の中には、全体に水の通り道がある。

予想と結果の比較を通して、水の通り道について考察を深めることができます。複数の植物で実験をすることで「どの植物にも水の通り道がある」ことなど、植物の体内での水の通り道について、より妥当な考えをつくりだすことにつながります。

結論
植物が、根から取り入れた水は、根、くき、葉などにある水の通り道を通って、体のすみずみまでいきわたる。


イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号