小5国語「六年生におくる字をすいせんしよう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「六年生におくる字をすいせんしよう」(東京書籍)

指導事項:A「話すこと・聞くこと」 イ・エ
言語活動:ウ

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭・廣口知世
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、福岡県公立小学校校長・城戸祥次

小5国語「六年生におくる字をすいせんしよう」指導アイデアのイメージ画像
写真AC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

目的や意図に応じ、説得力のある構成を考えて話す力、話し手の意図を捉えながら聞く力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元には「6年生におくる漢字を推薦する」という言語活動を位置付けます。推薦とは、事物や人物を優れていると認めて他者に薦めることです。議案や考えを出す提案とは異なり、推薦では、自分が優れていると認めた事物や人物を実際に選んでもらえるように働きかけることが求められます。

そのためには、事物や人物についての情報を収集し、推薦する理由を取捨選択するなどして、説得力のある構成を考えることが大切です。「6年生におくる漢字を推薦する」という言語活動は、卒業する6年生に在校生の代表として漢字をプレゼントするという目的、自分が選んだ漢字を選んでもらえるようにするという意図が明確です。

また、子供の既有の経験や漢字辞典などから選んだ漢字についての情報を収集することで、推薦する上で重要となる理由を考えることができます。

単元の展開(5時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①6年生との思い出を振り返り、単元を設定して、学習計画を立て、推薦する漢字を決める。
→アイデア1 主体的な学び

【単元】六年生におくる漢字をすいせんしよう。

第二次(2~4時)

②教科書214ページの「高橋さんのスピーチ」を基に、説得力のある推薦のポイントを見つける。

③教科書213ページの「高橋さんのメモ」を参考に、スピーチメモをつくり、再度、推薦する漢字を決める。
→アイデア2 対話的な学び

④グループに分かれてスピーチを聞き合い、自分と友達の考えを比べ、まとめる。
→アイデア3 深い学び

第三次(5時)

⑤納得したスピーチを選んで、6年生に贈る漢字を決める。

アイデア1 既習の経験を想起する単元の設定

主体的な学び

▼資料1 既有の経験を想起するイメージマップ

既有の経験を想起するイメージマップ

導入では、資料1のように、「六年生」という言葉を中心に置いたイメージマップを作ります。まず、黒板に、6年生のよさが表れている写真を数枚提示し、それらから連想する言葉を子供から引き出します。

教師はその言葉を、資料1の形式で板書していきます。ここで大切なのは、多くの言葉を書くことではなく、「どのように考えれば、適切な漢字が見つけやすくなるか」という思考の過程を、子供と共通理解することです。

例えば「応援団長と委員長の二つから言えることはどんなことですか」と発問し、「全体をまとめる」という言葉が子供から出た上で、「まとめることを表すのにふさわしい漢字は何だと思いますか」と発問して、漢字を四角囲みで書くという過程です。

この過程を確かめ、個々でイメージマップを作る活動に移ります。

アイデア2 似ている考えをもつ友達同士でのペアの話合い

対話的な学び

第3時は、導入で自分が選んだ漢字と、その漢字を推薦する理由に整合性があるかということについて話し合います。6年生に贈る漢字が異なっていても、選んだ経験が同じという場合があります。

その場合は、どうしてもその漢字でなければならない理由をいかに具体的に話すか、何をアピールして話すかということが重要です。また、自分はよいと考えて選んだ漢字でも、聞き手の中には納得できるものではない漢字もあります。

このように、自分が選んだ漢字とその理由について、似ている考えをもつ友達同士がペアで話し合うことによって、互いの考えの小さな差異が明確になったり、よりふさわしい漢字が発現したりすることが期待できます。

話し合った結果、二人が同じ漢字を選ぶことになったという結論でも構いません。大事なのは、全員が違う漢字を選ぶという結果ではなく、選んだ漢字と理由に、自分や他者をいかに納得できるようにするかということです。

▼話合いのポイント

①選んだ漢字と理由に納得できるか。

・「それだったら、○という漢字でもいいのではないかな」
・「私が選んだ漢字は○なんだけれど、それとはどのように違うの」
・「理由が~だから、○という漢字は、あまりにも直接的ではないかな。その理由だったら、○という漢字も考えられるよ」

②エピソードに納得できるか。

・「~というエピソードと○という漢字はつながらないよ。どうしてかというと、……」
・「~というエピソードの中には、○という漢字は出てこなかったよ」

アイデア3 考えの変容を自覚化するまとめシート

深い学び

第4時は、グループに分かれてスピーチを聞き合い、自分と友達の考えを比べ、まとめます。まとめ方は、学級の人数や時間に応じて決めます。学級で1枚の色紙を贈る、推薦のスピーチを聞き合ったグループごとに色紙を贈るなど、学級の実態に応じて調整するとよいでしょう。

本時での深い学びは、自分の考えがどのように変わったのかを自覚するところにあります。誰の推薦した漢字が説得力があったのか、その理由は何かを注意深く聞き、納得できた考えを取り入れながら、最終的に自分の考えを再び形成するという過程が深い学びにつながります。

▼まとめシート

まとめシート
クリックするとPDFがダウンロードできます

深い学びへ誘うヒント

友達のどのような考えに自分が納得したのか、納得できなかったのかをメモとして書き残し、可視化することが大切です。こうすることで、自分の考えがどのような影響を受け、変容したのかを自覚することができます。

イラスト/種田瑞子

『教育技術 小五小六』2020年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号