• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

デキる教師は「手」が違う!

2019/5/17

教壇に立つ時、自分がどんなふうに見えているかを意識していますか?
相手に何かを伝えたい時、〝身ぶり手ぶり〟はとても重要です。学びの意欲を高め、楽しい授業をするための効果的な使い方を、印象戦略家のちとせさんに教えていただきました。

写真/大庭正美

CHECK! こんなことありませんか?

次に挙げるようなことを、普段、何気なくしていませんか。もし、していたら要チェックです。

手をだらりと垂らしていないか
腕組み、手をこする、髪をさわるなど話すときのクセはないか
黒板を指すとき、指先が曲がっていたり、指す位置が曖昧になっていないか
黒板ばかりを見て、子どもに背を向けていないか

「オープン or クローズド」は無言のメッセージ

下の写真のポーズを比べて下さい。明るい印象の「オープン・ポジション」に比べて、「クローズド・ポジション」は暗く声をかけにくい雰囲気を感じませんか? ポイントは「急所」(心臓)が見えているかどうか。普段から、胸を開いたポーズを意識することで、子どもたちは「心を開いてもらっている」安心感を得ることができます。

オープン・ポジション
○胸(心臓)が開いている
○明るい印象、安心感がある
○受け入れてもらえそうな雰囲気
クローズド・ポジション
○胸(心臓)が隠れている
○暗い印象、不安感がある
○拒否されそうな雰囲気

あなたの手の位置は どこにありますか?

話の内容、話す場所の広さ(運動場か、教室かなど)、対象となる聞き手の人数によって、手の位置(ゾーン)を使い分けることが必要です。また、手を効果的に使うことで、声や表現力が自然と付いてくるため、授業にぐっとメリハリを付けることもできます。

つい、やっていませんか? 「腕組み」

腕を胸の前で組む仕草はクローズド・ポジションとなり、防衛心理が働いていると言われます。威圧感や拒絶感を感じさせてしまうことがあるため、普段の授業や子どもとのコミュニケーションの際には極力避けましょう。

4つの手のゾーンで授業や指導にメリハリを

インパクトゾーン 大勢に強いメッセージを送る時には頭より上

オーバーゾーン 大勢にしっかり伝わる、長めの講話などには肩上のゾーン

セーフティゾーン 胴体まわりは、個人に対して安心感を与える

ミステリーゾーン 腰より下のゾーンは、周囲には伝えず、 特定の対象者に


教えてくれたのは・・・

ちとせ:印象戦略家

脳科学・心理学などに基づいた独自のメソッドで、人と企業の価値を高めて理想の成果を導く、「人」育成の専門。年間300の講演・研修・企業等を通して、5000人以上のビジネスシーン向上に関わる。幼稚園教論経験を活かし、小・中・高の教師・児童・生徒向けにも研修を実施。

『 信頼される先生への4分2秒 自分の印象、大丈夫ですか?』
 ちとせ・著 定価: 1200円+税 小学館 ISBN978-4-09-840192-5
https://www.shogakukan.co.jp/books/098401
試し読みはこちら

この記事の内容も掲載されています。

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る