小1算数「ひきざん」指導アイデア

関連タグ

執筆/富山県公立小学校教諭・廣世友和
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、前富山県公立小学校校長・中川愼一

小1算数「ひきざん」指導アイデア

本時のねらいと評価規準

[本時 2/13 : くりさがりのないひき算について確かめた後]

ねらい
くりさがりのあるひき算について、ひかれる数を分解して計算する方法(減加法)で考える。

評価規準
13-9などの計算の仕方について図を用いて考え、具体的な操作や言葉を用いて説明する。[数学的な考え方]

問題場面

かきが13こなっています。 9ことりました。のこりはいくつですか。

問題場面

どんな式になりますか。

13-9だよ。

3から9はひけないよ。

13-2だったら、3-2=1で、答えは11になるんだけれど、13-9はどうやって計算するのかな。

ブロックを使って考えてみると分かるかな。

13は10と3だから、分けて考えるとできそうだよ。

本時の学習のねらい

13-9のような計算の仕方を考えよう。

見通し

これまでのひき算と13-9と比べて、どこが違っているのかを考えさせましょう。そうして、「3から9がひけないけれど、どのように答えを出せばよいのだろう」と問いが明確になることで、子どもたちの問題解決への意欲が高まっていくでしょう。

その上で、「10といくつ」という数の見方に着目したり、具体物や図などを用いたりして、計算の仕方を見付けていきます。計算の仕方を考えていく過程では、2けたの数を「10のまとまりといくつ」として捉えることや「10のまとまりからひく」ことで、くりさがりの意味を考えることが大切です。

自力解決の様子

A つまずいている子
9-3をして、答えを16としている。

B 素朴に解いている子
13から9を数えてひいている。指を折って数えている。

C ねらい通りに解いている子
13を10と3に分け、10から9をひいている。

学び合いの計画

多くの子どもたちは、Bのように13個のブロックから1つずつ数えて9個のブロックを取り出すことで答えを求めることができるでしょう。しかし中には、くりさがりのないひき算で、大きな数字から小さな数字をひいて、正しい答えを導き出すことを経験しているため、Aのように9-3をして答えを出そうとする子どもがいます。それは、ひく数がどれかを意識していないことによると考えられます。そのような子どもには、10のまとまりが意識できるブロックや図の表現の仕方を板書に位置付けるとともに、実際にブロックを操作するなどの体験の場も大切になります。そのうえで、10のまとまりから9を取ることの意味に気付くことができるようにしていきましょう。

ノート例

ノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

13-9をどうやって計算しましたか。

私は、13個のブロックを使って、9個のブロックを1個ずつ取りました。そうしたら、4個残るので、答えは、4になりました。

全体発表での考え方1

ぼくも答えは4になったけれど、やり方が違います。まず、13個のブロックを10個と3個に分けました。それから、10個のブロックから9個のブロックをまとめて取りました。そうしたら、残りが1個と3個になったので、合わせて4個になりました。

全体発表での考え方2

2人とも答えは4になったけれど、2人の方法で違うところはどこでしょう。

Aさんは、13個のブロックから9個のブロックを1つずつ取っているけれど、Bくんは、13を10と3に分けて考えています。

10-9はすぐに計算できるね。1+3も習っているから簡単だね

10のまとまりをつくると、今まで習った計算で答えが求められるね。

この考えを使うとうまくいくのは、13-9だけですか?

13-8や12-9など、十いくつからひく計算もできそうです。

本時のまとめ

(ひかれる数を)10といくつとみると、(ひく数が大きくても)10からひくことができる。

評価問題

どんぐりが12こあります。8こつかいました。どんぐりはなんこのこっていますか。

評価問題

期待する解答例

12-8
12を10と2に分けて、10から2をひく。

期待する解答例

感想例

  • 1個ずつひくのは大変だったけれど、10のまとまりで考えたら、すぐできてうれしかったよ。
  • 最初は、難しそうだったけれど、今まで習った計算で求めることができて簡単だった。
  • もっといろんなひき算にもチャレンジしてみたいな。

イラスト/コダシマアコ 横井智美

『教育技術 小一小二』 2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号