小5理科「植物の発芽、成長、結実」指導アイデア

関連タグ

執筆/大阪府公立小学校首席・津山晋太郎
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

小5理科「植物の発芽、成長、結実①」指導アイデア
イラスト/太田和香子

単元のねらい

発芽、成長及び結実の様子に着目して、それらに関わる条件を制御しながら、植物の育ち方を調べることを通して、植物の発芽、成長及び結実とその条件についての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に予想や仮説を基に、解決の方法を発想する力や生命を尊重する態度、主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ

(三次 総時数 11時間)

◆一次 種子が発芽する条件(4時間)

① 暖かい時期に土に種まきをしたことや、水や肥料を与えた経験を出し合う中から、「植物が発芽するためには、どんな条件が必要なのだろうか」という問題を見いだす。

植物を育てた経験を、話し合う場を設定します。そのつぶやきの中から問題を見いだすことで、主体的な観察、実験へとつなげます。

長期的な観察になるため、毎日撮影して、経時変化を追えるようにしておくと、後の学習にも生かすことができます(ICT機器の活用)。

② 種子が発芽する条件を予想し、調べる。

毎日水やりをしたから、水は必要だと思うよ。いつも土に植えていたから、土も必要だと思うな。

調べたいこと以外の条件は、どうすればいいかな?

③ 発芽には肥料が必要でないことから、「発芽に必要な養分は、どこにあったのだろうか」という新たな問題を見いだす。

◆二次 種子の発芽と養分(2時間)【活動アイディア例】

① 発芽前と発芽後の種子の養分の存在を比較しながら、調べる。

◆三次 植物が成長する条件(5時間)

① ある程度のところまで成長すると、ほとんど成長しなくなることから、「植物をさらに成長させるには、どのような条件が必要なのだろうか」という問題を見いだす。

② 発芽の観察、実験方法を参考に、条件を変えて調べる。

単元の終わりに期待される振り返り

いつも土に植えていたので、発芽には土が必要だと思っていました。脱脂綿でも発芽したので、スポンジなど、家にあるものを使っても手軽に育てられそうです。

脱脂綿に発芽した種子

社会科で、沖縄では菊の栽培が盛んだって学んだよ。地域や季節によって、育ち方に違いがあるのかも、調べてみたいな。

本単元は「生命」を柱とした領域に位置付けられており、子供が自然事象を、主として「共通性・多様性」といった見方を働かせて追究することが重要です。さらに、条件を制御するという考え方を働かせながら問題解決を行うことで、資質・能力の育成につなげていきます。

活動アイディア

資質・能力の育成を目指して!

発芽と種子の中の養分との関係に着目して、発芽前後の種子の養分の存在を比較しながら調べる活動を通して、植物は、種子の中の養分を基にして発芽することを捉えるとともに、発芽と種子の養分の関係についての予想や仮説を基に、解決の方法を発想し、表現するといった資質・能力を育成しましょう。

授業の展開例

【自然事象への関わり】

(一次③の終わりの場面)

どうして、肥料を与えなくても発芽したんだろう。どこかにあったのかな?

問題

発芽に必要な養分は、どこにあったのだろうか。

予想

脱脂綿でも発芽したし、肥料を与えていないのだから、養分はもともと種子の中にあるんじゃないかな。

種子の中に養分があるとすると、発芽前と発芽後では、何か違いはあるのかな?

養分は発芽前に種子の中にあったとすれば、発芽後には種子の中からなくなっているかもしれない。

種子の中のここの部分から発芽しているから、この辺りに養分があるんじゃないかな。

発芽している種子

指導のポイント

主体的・対話的な問題解決

友達の考えを聞いて、自分の考えが変わったり、深まったりすることができるような対話の場面を設定することが大切です。

また、「養分がある、ない」だけではなく、前時までに行った観察で分かった種子の根・茎・葉になる部分の育ちと、存在すると予想した養分を結び付けて自分の予想を可視化することで、より科学的な考えへと変容していくと考えられます。結果の見通しを考えて話し合うことで、この後の観察、実験がより主体的な問題解決の活動になることが期待できます。

解決方法の立案

養分のありかを調べるために、発芽前と発芽後の種子を調べてみよう!

観察、実験

養分のありかを調べる実験をしよう

科学的な問題解決

ここでは客観性という観点から、少なくても2種類以上の種子を準備して観察、実験を行い、結果を基に考察することが望ましいです。

考察

発芽前・発芽後の種子

〇発芽する前にはあった養分が、発芽後には少なくなっているから、発芽には養分が必要で、発芽のために使われたのではないかな。

〇発芽後にも少し残っていた養分は、成長が止まるまでの間に使われていたんじゃないかな。

結論

発芽前の種子にはでんぷんがあり、それが発芽や成長に使われたと考えられる。

生命を尊重する態度を育むポイント!

本単元は、「生命の連続性」に関わる単元です。植物の成長の条件を調べていく過程において、成長との関係が確認できたところで実験は終了し、学習園等に植え替えて、種取りをするまで育てていけるようにしたり、種子の養分を調べる過程においても、必要最小限の数で実験を行ったりするなど、生命尊重の態度を育んでいけるようにしましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号