• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

移行期2年目の学校経営 管理職がこの1年間ですべきこと

2019/3/31

いよいよ新年度がスタートし、小学校では新学習指導要領の全面実施まで残すところ1年となりました。万全の態勢で全面実施を迎えるために、この1年間をどのような計画のもとに進め、指導の充実を図っていくか。「社会に開かれた教育課程」「カリキュラム・マネジメント」の確立に向けて、スタートプランの考え方を解説します。

写真/大庭正美

カリキュラム・マネジメントは、校長が学校全体に周知を図る

2019年度の教育課程がいよいよスタートします。小学校では新学習指導要領全面実施までのラストイヤー、中学校でも移行期2年目となり、さらなる取り組みの充実を図っていくことが求められます。

ではこの移行期2年目を学校全体としてどのように過ごしていけばよいのでしょうか。

まず確認しておきたいのが、新学習指導要領の趣旨や、新学習指導要領下での学びのイメージを、全教員が理解し共有できているかという点です。

学校としてカリキュラム・マネジメントに取り組むにあたっても、「主体的・対話的で深い学び」の視点で授業改善を図っていくにしても、その目的やめざすところ、具体的な方策などについて共通理解ができていなければ、教員それぞれが別々の方向へ走り出してしまうおそれがあります。

教員個々の研究、研修だけに任せず、校長のリーダーシップのもと、学校全体での勉強会、研修会などの場で、新学習指導要領の理念や趣旨、基本的な内容について周知を図っておきたいものです。

そのうえで、各教科等における移行措置についてもあらためて確認し、学習内容に漏れや重複などがないことをチェックしておくことも忘れてはなりません。この移行期間中の教育課程については、2018年度の段階である程度、計画されているはずですが、修正・改善すべき点があれば、2019年度のスタートまでにしっかり軌道修正しておく必要があります。

プログラミング教育など新たな項目は指導方法を具体で示す

そのうえで、移行期2年目においては、具体的な改訂項目、改善事項についての研修・研究に計画的に取り組んでいかなければなりません。新学習指導要領では、「カリキュラム・マネジメント」「社会に開かれた教育課程」「主体的・対話的で深い学び」といった大きな柱に加え、プログラミング教育の導入、外国語教育の充実、伝統や文化に関する教育の充実、消費者教育・主権者教育の推進など、新たに取り組む内容や、重視する内容が数多くあります。

これらについて、どのような形で教育課程に組み込んでいくか、また具体的にどのような指導を行っていくか、計画的かつ段階的に準備を進めていかなければなりません。

特にプログラミング教育などはこれまでの学校教育にはなかった新しい取り組みであり、指導に不安を抱いている教員も多いはずです。外部講師の指導を仰ぐなどして、具体的な指導内容・指導方法を確立していきましょう。

もちろん、すべての取り組みがすべて最初からうまくいくわけでありません。しかし、取り組んでみることによって見えない課題が見えてくることもあるはずです。移行期だからこそ、ある程度の失敗や試行錯誤も許されると割り切って、課題の洗い出しと改善に取り組む1年としたいものです。

文/葛原武史

『総合教育技術』2019年4月号

関連する記事

職員室記事一覧

話をする保護者と、それに対応する教師
きっぱりと受け答え!タイプ別保護者対応マニュアル

今回はタイプ別の保護者対応マニュアルを紹介します。 この記事でとりあげた事例やヒントをもとに、ぜひ保護者とのよりよい関係を築いていただければと思います。

2019/11/9

イライラ教師のアンガーマネジメント

何かと子どもたちの荒れが騒がれる11月ですが、教師も神経をとがらせたり、イライラする時期でもあります。そこで、教師のための怒りのコントロール方法について、専門の…

女性教師が提案!私の働き方改革

働き方改革は教師の世界でも例外ではありません。手間をかけずに実現する仕事に役立つ情報収集の方法や、時短でできる日焼け止め対策、家庭との両立など、女性ならではの視…

時短テク
【時短術】全国教師のリアルな時短アイディア

自分なりの仕事の効率化や時短の方法を、全国の先生たちに聞きました。即マネしたい手軽なものから、意外なアイディアまで、全国の先生たちへのアンケートで集まったワザや…

2019/10/28

校長のリーダーシップを考える─自ら行動し、人の力を活用する

「みんながつくるみんなの学校」として、すべての子どもが安心して共に学ぶことができる学校づくりを実現してきた大阪市立大空小学校の初代校長として子どもを見つめてきた…

兵庫教育大学大学院教授・藤原忠雄
教師の心と体を守るためにキャリア発達に応じた適切な支援を

平成30年版「過労死等防止対策白書」によると、教職員の80.7%は業務に関連するストレスや悩みを抱えているといいます。特に最近、現場で目立つのは何らかの悩みを抱…

新時代に求められるマネジメント型リーダーとしての校長

新時代の学校課題に直面する学校組織のリーダーとして、いま校長にはどのような役割が求められているでしょうか? 人材育成や保護者・地域との連携など、多様な教育課題の…

青空と白い雲
自らの心と体を守るための「教師のストレスチェック」

教師が健康な心の状態を保つためには、常に自分のコンディションを知っておく必要があります。ここで紹介する「ストレスチェックリスト」を試してみましょう。

【新採先生へ】自分に足りないことを気にせず、自分の強みを生かそう

新規採用の担任として過ごす毎日は、緊張感あふれるものだったと思います。日々奮闘する若手の先生方に、毎日の仕事を楽しんでいる先輩教師からのエールをお届けします。 …

【新採先生へ】自分の教育観を作るための「学び」とは

新採教員として生活を始めたみなさん、学校にも慣れてきたら、自分自身の教育観を作り、教員としてのステップアップを目指していきましょう。オーソドックスな視点を大切に…

もっと見る