小5体育「陸上運動(ハードル走)」指導のポイント

関連タグ

執筆/新潟県公立小学校教諭・ 酒井慎一郎
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・ 高田彬成、新潟県公立小学校校長・長谷川智

授業づくりのポイント

高学年のハードル走では、リズミカルに速くハードルを走り越え、記録を縮めたり、仲間と競走したりする楽しさや喜びを味わうことができるように、学習を展開することが大切です。

授業づくりのポイントは2つあります。

1つ目は、一人ひとりがインターバルの距離を選択できるように場を設定することです。3歩のリズムで走り越えていくことができるように、インターバルの距離を工夫します。

2つ目は、ハードルをリズミカルに速く走り越えていくためのポイントを提示し、仲間同士で観察し合う機会を設定することです。仲間同士で関わり合いながら、記録の向上や競走を楽しめるようにします。

単元計画(例)

陸上運動陸上運動(ハードル走)の単元計画
クリックすると別ウィンドウで開きます

※1・2時間目は、リズミカルに走り越えていくことを楽しみ、3~5時間目は、自己ベストの更新を目指して楽しむことを想定しています。

楽しもう① リズミカルに、ハードルを走り越える

単元前半では、3歩のリズムで最後まで走ることができるインターバルを見付けましょう。その中で、タイムを縮めるためには、スタートからゴールまで全力で走ることや最後まで3歩のリズムで走り越えること、低く速くハ―ドルを走り越えていくことを確認し、これからの学習の見通しをもつことができるようにしましょう。

また、ハードルの運び方や走り越えていく方向などの安全に関わることも、確実に指導しておきましょう。

リズミカルにハードルを走り越えよう!

クリックすると別ウィンドウで開きます

※ハードルは、一方通行で走り越えます。倒れない方向から走り越えると、ぶつかったときに危険です。

同じインターバルの仲間同士で、グループをつくりましょう。人数が多いコースは、2コースにしましょう。

横から観察するようにし、振り上げ足がどちらの足か見る人、インターバルの歩数を見る人のように、役割分担をしましょう。振り上げ足にシュシュなどを付けると、意識もでき、観察もしやすくなります。

【リズミカルに、速く走り越えていくためのポイント】

リズミカルにハードルを走り越えるポイント
クリックすると別ウィンドウで開きます

「トン・いち・に・さん」のリズムで、走り越えましょう。

こちらもチェック! → 小5体育 陸上運動(ハードル走)「リズムにのって、走り越えよう!」

楽しもう② リズミカルに、速くハードルを走り越える!

単元後半では、自己ベストの更新に向けて、ハードルをより低く、速く走り越えていくことができるように練習の場を工夫しましょう。また、仲間同士で動きの様子を伝え合ったりする場面を設定しましょう。五年生では、振り上げ足の動きを共通の課題として取り上げます。

そして、単元の終盤にかけて、踏み切り位置や上体の前傾を個別の課題として取り上げていくことで、子供たちは自分の課題を解決しながら自己ベストを目指して、練習に取り組むことができます。

自己ベストを目指して、リズミカルに速くハードルを走り越えよう!

リズミカルに速くハードルを走り越えよう
クリックすると別ウィンドウで開きます

インターバルのリズムを伝える人、振り上げ足の裏が見えた回数を数える人、踏み切り位置を見る人、試しの記録をとる人のように、役割分担をします。

「トン・いち・に・さん」を「トン・いち・に・シュ!」とアレンジすると、低く、速く走り越えていくイメージづくりにつながります。
見合う仲間を決めることで、動きの上達に気付きやすくなります。

より低く、速く走り越えるために

★まっすぐ振り上げる

まっすぐ振り上げる

ハードルの黒い部分に足型の紙などをテープで留めて、目印にします。それに向かって、まっすぐ振り上げるようにします。


★遠くから踏み切る

遠くから踏み切る

踏み切り位置に線を引いたり(30㎝間隔)、目印を置いたりすると、わかりやすくなります。


★上体を前傾させる

上体を前傾させる

「おなかと振り上げ足のももで紙をはさむように」「振り上げ足の反対側の腕をつま先に近づけるように」と、声をかけてみましょう。

【記録の得点化(ハードル4台の場合)】

  • 40mフラット走タイム+1.7秒以上で、1点。
  • 0.1秒ずつ速くなるごとに、2点、3点、4点と得点を増やしていく。〈例〉+1.6秒=2点、+1.5秒=3点、+1.4秒=4点
  • +0.8秒を切ったら10点とし、「ハードル名人」と評価することで、さらに意欲が高まります。

得点表などを作って掲示しておくと、高得点を目指して、進んで運動する姿が見られるようになります。

個人の得点だけではなく、グループやクラスの合計点も増えたぞ!

イラスト/みながわこう、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号