• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者会のネタに!カリスマ教師ぬまっち流のアイディア

2020/2/12

保護者会のネタって悩みますよね…。子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介。今回は、自己評価と他者評価のギャップを使った、保護者も子どもも幸せになる保護者会のアイディアを紹介します!!

イラストAC

学年末の振り返りは、自己&他者による「価値付け」

年度末は、学習・生活面の両方で一年間を振り返り、来年度に向けて前向きな気持ちを盛り上げていきたいものです。

ボクが一年間の振り返りをする時には、子どもたちができるようになったことを、自分たちだけでなく、他者にもきちんと価値付けしてもらいたいと思っています。そのほうが自分で気づかないうちに身に付いていた力や成長した点に気が付き、さらに、他者は自分のどんな点に注目し、認めてくれたのか、他者の視点に目を向けるきっかけになるからです。

そこで三学期に、保護者会の直前の授業で、子どもたちと一年間を振り返る活動をしてみました。

まず、子どもたちに自分がこの一年間でできるようになったことや、成長したと思うことを発表してもらい、黒板の左側に書き出しました。そして、その日の午後の保護者会で、保護者の皆さんにその板書を見てもらいました。

保護者は子どもたちのコメントを見て、「あれはうちの子だわ」「こんなこと書いている!」と大盛り上がり。さらに保護者からも、自分の子どもが一年間で成長したと思うことを一人ずつ発表してもらい、黒板の右側に書き出しました。

翌日、子どもたちにその板書を見せてみました。子どもたちも「あれはうちのお母さんだ!」「僕のできるようになったことと全然違うよ~」と、喜んだり、がっかりしたり、大騒ぎになりました。

他者との評価のギャップをつなぎ、期待を膨らませる

この振り返り活動には大きく二つの意義があると感じています。下の板書の写真を見ると分かるように、子どもが自分自身でできるようになったと感じていることと、保護者が自分の子どもについてできるようになったと感じていることにはギャップがあります。この活動には、そのギャップをつなぐ効果があります。

板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

人は誰でも自分が頑張ったことを評価されたいものです。だから子どもは「前回りができるようになった」とか、「なわとびが上手になった」ことを周りの人にも保護者にも認めてほしいし、ほめてほしいのです。しかし、保護者の視点は少し違います。家庭で、子どもにもっとこうしてほしい、こうなってほしいと願っていることが少しずつ改善されることを評価しようとします。

子どもたちの自己評価
クリックすると別ウィンドウで開きます

子どもたちから挙がった、自分たちが一年間でできるようになったこと。「字がきれいになった」「サッカーが上手くなった」「おかわりをたくさんできるようになった」ことのほか、「虫探し」「折り紙」「ぬまっちと話せるようになった」という意見も!

保護者からの評価
クリックすると別ウィンドウで開きます

保護者会で挙がった、自分の子どもができるようになったと思うこと。「一人で起きられる」「学校でトイレができる」「みんなとお話できる」など、保護者が家庭生活や学校生活で期待していることや、そこでの不安が解消されたことを喜ぶコメントが多かった。

こうしてお互いの評価を比べることで、保護者は「本当はこんなことをほめてほしかったのだな」と分かるし、子どもも「こんなことを見てくれているのか」と気づくことができ、家庭での会話もより有意義なものになるでしょう。

もう一つのよい点は、活動全体がポジティブなワードで埋め尽くされていること。テーマが「できるようになったこと」なので、悪いコメントは出てきません。よいところだけに目を向けているので、前向きな話合いになり、気持ちも明るくなります。こうした振り返り活動を通して、来年への期待が膨らみ、学年末を気持ちよく終えることができるでしょう。

【関連記事】保護者会は絵本からスタートすると、教師の言葉が保護者の心に届きやすくなる! こちらの記事もお読みください→ 保護者会は絵本でスタートして雰囲気よく〜保護者に刺さる絵本リスト〜

沼田晶弘先生
沼田晶弘先生 撮影/下重修

沼田晶弘先生●1975年東京生まれ。国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院にて修士課程を修了。2006年から現職。著書に、『one and only 自分史上最高になる』(東洋館出版社)等がある。

取材・文/出浦文絵

『教育技術 小一小二』2020年2月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

学校再開ガイドラインを現場目線で具体的に考える【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学校再開に向けて具体的な方針に悩んでいる学校も多いのではないでしょうか。感染状況が拡大傾向にある地域とそうではない地域とで…

2日目~1週間目までの「小1学級開き」担任経験者がアドバイス!

待ちに待った「入学・進級シーズン」がやってきました。子供たちが安心して学校生活を送れるよう、担任教師は準備万端で臨みたいものです。そのために心がけておきたいポイ…

初めての学年会は崩壊寸前!【5年3組学級経営物語プロローグ1】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。渡来先生は、4年から持ち上がりで5年の担任に。ところが、チーム4年としていっしょに学年づく…

新任教師へ先輩教師が伝授!新学期準備の技17【#三行教育技術】

今のうちにやっておくべきことは? 子どもの名前を覚えるにはどうしたら?
貴重なこの春休みのうちに準備しておきたいこと、考えておきたいことを三行教育技術のツイー…

入学初日の教室の空気を一気に和ませる簡単アイスブレイク【動画あり】

入学初日はワクワクとともにどの子も少し緊張ぎみ。「教育技術」記事でもおなじみ東京都公立小学校教諭・佐々木陽子先生が、教室の空気を和ませる楽しい3択クイズについて…

一年生の担任必読!4月までの準備まとめ7選

初めて小学校一年生の担任をすることになったら、かわいい子供たちと触れ合えることの期待以上に、不安な気持ちの方が大きいかもしれませんね。ここでは、入学式の段取りや…

小一担任必見!入学式後の自己紹介アイデア【動画】

新一年生との出会いを印象的に!「教育技術」記事でもおなじみ東京都公立小学校教諭・佐々木陽子先生が、子供たちとの距離がグっと近づく、担任の自己紹介アイデアを教えて…

小学校入学式始業式の黒板メッセージ6つのアイディア

小学校の新学期。朝、教室で黒板にメッセージを書いて子どもたちを迎える先生は、どのようなメッセージを書いているのでしょうか? 絵が得意ならダイナミックな黒板アート…

一年生担任の準備
一年生の担任が決まってから入学式後1週間まで「することリスト」

一年生担任の年度はじめは、やることがいっぱい。それでも優先順位をつけて計画的に進めていけば、滞りなくスタ―トが切れます。一年生担任のベテラン・南惠介先生に入学式…

2020/3/26

カリスマ教師が答える!学級経営に自信をなくしたら考えるべき4つのこと

既存の価値観に縛られない、子どもの自主性を伸ばす教育で注目を集め続けている、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生。
「今年度の学級経営に失敗し、来年度同じ学年を持たな…

もっと見る