• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

2019/10/12

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあった事例の対応例の紹介です。

監修・東京都小平市立鈴木小学校校長・井口修

1 管理職にすぐに報告

子供がイジメられていると訴える保護者

先生・学校側の対応
①いじめの相談は、担任の先生一人で対応しようとせず、必ず学年主任や生活指導主任、管理職にすぐに報告、相談。

保護者の気持ち
「深刻な状況を分かってほしい。すぐに対処してもらいたい」と悲痛な思いで訴えている。

2 チームで事実確認

チームで真剣に取り組むと伝える担任

先生・学校側の対応
学校として真摯に対応する考えを保護者に伝えることで、少しでも保護者の緊張・悲痛な思いを和らげる。そのうえで、すぐにチームで事実確認から始める。

保護者の気持ち
「受け止めてもらえた」と少し希望が見えてきた思い。

3 定期的に保護者に報告

チームで子供の様子に気を配り定期的に保護者に報告する担任

先生・学校側の対応
休み時間や委員会活動など、担任以外の先生も子供の様子に気を配り、問題解決に取り組む。翌日、2日後、1週間後、2週間後、1か月後…など定期的に保護者に報告。

保護者の気持ち
定期的な報告を受け、ホッとし始める。

4 継続して関わっていくことを伝える

継続して関わっている担任と保護者

先生・学校側の対応
今後も継続して関わっていくことを伝えると、保護者は安心でき、学校への信頼もさらに増す。

保護者の気持ち
安心できるようになってホッとしている。引き続き、気にかけてもらっていることに感謝と信頼の気持ちが芽生える。

チームですぐ取り組み始め、継続的に関わり見守っていく

いじめは、いじめられた側がそう感じたら「いじめ」として認識し、学校としてすぐに対処すべきです。担任の指導だけで解決に至る場合もありますが、その場合も、必ず学年主任や生活指導主任、管理職にすぐに報告、相談します。そして、チームで事実確認から始めます。また、継続的に指導すべきケースの場合も、チームを組んで関わっていくことが大切です。

例えば、管理職も休み時間に教室やグラウンドを回って子供たちの言動をさりげなく見たり、専科担当の先生も交えて授業中の様子を情報交換したりして、状況をつかむことが大切です。

ポイントは、チームで情報を共有してすぐに動き始めることと継続性です。学校では大丈夫そうに見えても、家では泣いているかもしれません。ですから、ずっと見守り続け、保護者にも定期的に家での様子を聞くとよいでしょう。

子供と保護者に本当の笑顔が戻るまで、学校側が全力で見守っていることが伝われば、本人と保護者の不安な気持ちも少しずつ軽減されるでしょう。

構成・文/ひだいますみ
イラスト/新崎三幸

『教育技術小三小四』2019年10月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

クラス記事一覧

イワオジ先生、教師力を見せつける!【4年3組学級経営物語18】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。活動過程をしっかりふり返り、客観的に評価して改善する。その取り組みが、輝く未来に…

折り紙で教室を華やかに【1月編】お正月
折り紙で教室を飾ろう|お正月飾りと鏡もちの簡単な折り方

折り紙は、子どもたちが幼少期から親しんできたものです。友達と協力して完成する大作は、教室に飾ることで、華やかな雰囲気になり、教室の一体感も感じられるでしょう。何…

子どもの自己肯定感を引き出す「評価カード」ちょっとしたコツ

評価活動を進めていく時、まずは多様な評価資料を収集することが求められます。大別すると「教師による評価」と自己評価や相互評価カードなどを活用した「子どもによる評価…

子ども同士がつながるアクティビティ
学校のお楽しみ会で「子ども同士をつなぐ」手軽なゲーム2種

異学年との交流や、お楽しみ会など、子どもたちが同調して楽しめます。準備物も不要で、どこでもできる、子ども同士がよりつながるゲームを2つ紹介します。

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

通知表わたしの成功談&失敗談

担任の誰しもが、自分の学級の子供たちの成長を願いながら作成する、学期末の通知表。この方法がオススメ! というテクや、受けとった子供や保護者を落ち込ませてしまった…

疑問も解決!盤石の小一二学期通知表記入例
通知表所見クレームゼロの法則

残業ゼロ、しかも保護者からのクレームもゼロになる通知表所見を書くコツを伝授!現代の教師が身を守るための「誰にどう読まれても誤解されない」「次学期への意欲につなが…

保護者面談で信頼を得る8つのポイント

「保護者と何を話せばいいのかわからない」、「会話が続かず気まずい雰囲気が流れる」など、保護者面談に苦手意識を持つ先生も多いのではないでしょうか。ベテラン教師も昔…

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者…

2019/11/30

もっと見る