• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

2019/10/12

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあった事例の対応例の紹介です。

監修・東京都小平市立鈴木小学校校長・井口修

1 管理職にすぐに報告

子供がイジメられていると訴える保護者

先生・学校側の対応
①いじめの相談は、担任の先生一人で対応しようとせず、必ず学年主任や生活指導主任、管理職にすぐに報告、相談。

保護者の気持ち
「深刻な状況を分かってほしい。すぐに対処してもらいたい」と悲痛な思いで訴えている。

2 チームで事実確認

チームで真剣に取り組むと伝える担任

先生・学校側の対応
学校として真摯に対応する考えを保護者に伝えることで、少しでも保護者の緊張・悲痛な思いを和らげる。そのうえで、すぐにチームで事実確認から始める。

保護者の気持ち
「受け止めてもらえた」と少し希望が見えてきた思い。

3 定期的に保護者に報告

チームで子供の様子に気を配り定期的に保護者に報告する担任

先生・学校側の対応
休み時間や委員会活動など、担任以外の先生も子供の様子に気を配り、問題解決に取り組む。翌日、2日後、1週間後、2週間後、1か月後…など定期的に保護者に報告。

保護者の気持ち
定期的な報告を受け、ホッとし始める。

4 継続して関わっていくことを伝える

継続して関わっている担任と保護者

先生・学校側の対応
今後も継続して関わっていくことを伝えると、保護者は安心でき、学校への信頼もさらに増す。

保護者の気持ち
安心できるようになってホッとしている。引き続き、気にかけてもらっていることに感謝と信頼の気持ちが芽生える。

チームですぐ取り組み始め、継続的に関わり見守っていく

いじめは、いじめられた側がそう感じたら「いじめ」として認識し、学校としてすぐに対処すべきです。担任の指導だけで解決に至る場合もありますが、その場合も、必ず学年主任や生活指導主任、管理職にすぐに報告、相談します。そして、チームで事実確認から始めます。また、継続的に指導すべきケースの場合も、チームを組んで関わっていくことが大切です。

例えば、管理職も休み時間に教室やグラウンドを回って子供たちの言動をさりげなく見たり、専科担当の先生も交えて授業中の様子を情報交換したりして、状況をつかむことが大切です。

ポイントは、チームで情報を共有してすぐに動き始めることと継続性です。学校では大丈夫そうに見えても、家では泣いているかもしれません。ですから、ずっと見守り続け、保護者にも定期的に家での様子を聞くとよいでしょう。

子供と保護者に本当の笑顔が戻るまで、学校側が全力で見守っていることが伝われば、本人と保護者の不安な気持ちも少しずつ軽減されるでしょう。

構成・文/ひだいますみ
イラスト/新崎三幸

『教育技術小三小四』2019年10月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

ふりかえりながら”寄せ””詰め”の三学期「学級仕舞い」

一学期の「学級開き」に対して、三学期は「学級仕舞い」。「学級仕舞い」で大切にしたいのは、「もう一歩の成長」のための再確認です。その再確認は、どういうものか。生活…

子どもの悩みを解き去る「教師の心」で立ち向かえ【4年3組学級経営物語23】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。児童同士で起きたケンカトラブルで、口を閉ざす子どもたち。ケンカの解決には、ケンカ…

最高の学年末を迎えるための話し合いと掲示物のアイディア【3分動画】

2月のこの時期、「なんだが学級経営がうまくいかない」と悩んだり、「もうすぐ学年末なのにトラブルが続いている」と、焦っている先生はいませんか? そこで、本誌でもお…

【ぬまっち流】納得度の高い通知表を作成する
通知表所見は子どもに協力をお願いして納得感を高める【ぬまっち流】

三学期に入り、そろそろ通知表と向き合う時期がやってきました。ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生から、子供の本音を加味し時間をかけ…

学年末に向けてやってみたいこと15のアイディア【#三行教育技術】

普段の日常を大切に過ごす? 印象的なイベントを仕掛ける? 立つ鳥跡を濁さずを意識する? 自分の強みで学校に貢献してみる? ♯三行教育技術より、学年末に意識してい…

子どもの評価と保護者の評価のギャップを使った保護者会【ぬまっち流】

子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介。
今回は、自己評価と他者評価のギャップを使った、…

小学生のケンカ仲裁:質問箱に一日平均30件の人気教師の答えとは?

インスタグラムの質問箱には、全国の先生方から一日平均30件の質問が寄せられるという、京都教育大学附属桃山小学校教諭の樋口万太郎先生に、よく聞かれる質問と、その答…

子供を見取るルーティン②~全員を見取る仕掛けと声かけの具体例~
子供を見る目を鍛える|全員を見取る仕掛けと声かけ

「子供たちを『見る』ために、毎日していること」「場面場面で気になる子の見取りとアプローチ」「子供を見る目の鍛え方 若手へのアドバイス」といったテーマで、百戦錬磨…

子どもを思う、やさしい気持ちを取り戻したい時の【♯三行教育技術】

忙しいと、子どもの心を受け止める余裕がなくなってしまうもの。でも、教師の言葉ひとつで、一喜一憂してしまうのが子どもたち。
♯三行教育技術(Twitterで【技…

ケンカ発生! 口を閉ざす子にどうする!?【4年3組学級経営物語22】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。いつもは仲良しの児童二人が大ゲンカするトラブルが発生! 教師たちは、ケンカの理由…

もっと見る