• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

二学期後半に見直そう! ノートの型を使った理科の授業づくり

2019/10/9

二学期に入り、今年度もいよいよ後半です。年度はじめに描いた理科の「授業づくり」について、このタイミングでしっかり見直して修正し、子供たちを積み残しなく高学年へと進級させましょう。理科ではノート指導の見直しポイントについてアドバイスをしていきます。

監修/大阪府東大阪市立小学校教諭・岡本美穂

小四後半 理科の授業見直しポイント

授業展開の見直しポイント

理科の授業ポイントとしては・・・

  • なぜだろう?
  • どうしてだろう?

上記の2点を大切にできるような板書とノート指導です。

理科のノートの型
理科のノートの『型』

上のような理科のノートの「型」を使って、楽しく授業を展開します。

課題 児童が問題意識を持てるように工夫します。

予想 今までに習ったことから考えるとどうなるかを考えながら、ノートに書けるように指導します。これまでの経験から考えられるように、「なぜかと言うと」という理由も書くようにします。

結果 結果は、実験(観察)から得られた事実をそのまま書くようにします。結果を学級で共有し、客観的な実験結果になるようにします。実験が失敗しても、そのまま書くように指導します。

考察 自分の予想と比べて結果はどうだったのか、4年生以上はこの「考察」をきちんと書けることが重要です。二学期は、一学期以上にこの部分を重点的に、班や学級で話し合う時間をしっかり取っていきましょう。

結論 考察をもとに考えます。 小学生の間は、自分の生活と大きく関わっていることに気が付けるようにしたいものです。

ノート指導の見直しポイント

期間限定実践として、「ノートと仲よしになろう」を合言葉に、ノートに点数を付けます。

しかし大切なことは、友達と競争して勝つことが目的ではないということです。下の表の目安のように、昨日よりもよいノートを書くことができていたら、点数はアップします。百ます計算の取り組みと同じで、昨日の自分との勝負なので、決して「友達に負けるな!」という声かけはしないようにしましょう。

小四理科 ノート得点表

楽しみながら点数を付けますが、期間限定にするのがポイントです。長くやっても子供は楽しさを感じられません。ねらいは、理科のノートの型を覚えること、そしてノートを書くのは簡単、楽しいと思わせることなのです。


岡本美穂先生
岡本美穂先生

おかもとみほ●「学力の基礎を鍛えどの子も伸ばす研究会(学力研)」の組織部長。子供一人ひとりの意欲を引き出す学級経営、子供を変えるノート指導・板書指導に定評がある。著書に『子どもの力を引き出す板書・ノート指導の基本とアイディア』(ナツメ社)ほか。

取材・文/出浦文絵

『小四教育技術』2018年10月号より

関連する記事

授業記事一覧

保護者の心をがっちり!授業参観の魅せるテクニック

授業参観で通常の授業を行うだけでは、手を挙げて発言する積極的な子どもの活躍しか見せることができません。保護者が見たい我が子の姿を見せられる、保護者からの信頼を得…

探求心・課題解決能力が育つ! 新学習指導要領時代の「海洋教育」とは

海洋教育は、新学習指導要領の解説でも取りあげられていて、学校教育として積極的に取り組むことが求められているのです。また、教科横断的な学習により、アクティブ・ラー…

【教育技術小五小六11月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術小五小六』11月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集の関連動画です。
本誌パスワードの入力で、5年教材『はじまり そして未…

【指導計画】1年算数 「たしざん」(2)

10 のまとまりに着目し、繰り上がりのある加法の計算の仕方を筋道立て説明することができるようにします。

2019/10/14

版画で心の世界を表す、図画工作科の授業

これまで子供たちは、低学年や中学年で「版に表す」学びを経験してきました。それをさらに発展させた表現方法に取り組む図画工作の活動を紹介します。

2019/10/14

【指導計画】1年算数 「たしざん」(1)

数のまとまりに着目し、具体物の操作や図に表して考える活動を通して、加法の計算の仕方の理解を考えることができるようにする。

2019/10/13

【指導計画】3年体育 器械運動(跳び箱運動)「跳び箱を跳んで、回って、楽しもう!」

中学年の跳び箱運動では、低学年で身に付けてきた動きと運動感覚をもとに、基本的な支持跳び越し技(切り返し系、回転系)に取り組み、それぞれの自己の能力に適した技を習…

2019/10/11

【体育】授業&活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

二学期後半に見直そう! ノートの型を使った理科の授業づくり

二学期に入り、今年度もいよいよ後半です。年度はじめに描いた理科の「授業づくり」について、このタイミングでしっかり見直して修正し、子供たちを積み残しなく高学年へと…

思考ツールで子供の議論が動きだし、授業が面白くなる!

授業でもよく使われるKJ法(付箋に書いた意見をグルーピングして議論をまとめる手法)などの思考ツールについて、「日本の子供は、自分の意見が言えないのではなく、自分…

もっと見る