小6 国語科「漢字を正しく使えるように 【コラム】覚えておきたい言葉」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「漢字を正しく使えるように 【コラム】覚えておきたい言葉」(光村図書)の全時間の板書例、教師の発問、想定される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:漢字を正しく使えるように 【コラム】覚えておきたい言葉(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
執筆・編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、同じ読み方をする漢字について、適切な字を選択する方法を知り、それを生かして平仮名を漢字に変換したり間違いを直したりする活動を通して、漢字を正確に文や文章の中で使えるようになることを目的としています。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、主体的かつ対話的に学びを進められるよう、1時間目に学習したことを生かし、2時間目には自分で言語活動を選択できるようにしました。

具体的には、以下のような活動を児童に提示します。2時間目の最初に児童に伝えてもよいですが、特に③や④は事前に準備をしておくと円滑に活動が進むため、1時間目の終わりに提示し、準備をしておくように促すとよいでしょう。
また、具体的な活動のイメージがもてない児童のために、①~④のそれぞれのサンプルを作成しておくことも考えられます。

① どちらの漢字が正しいか選ぶ問題を作る。
② 文章の中からいくつ間違いがあるか探す問題を作る。
③ 間違いやすい漢字パンフレットを作成する。
④ 間違えやすい漢字紹介ビデオを撮影する。

上記の活動は、いずれも1時間目に知った、適切な字を選択する方法を生かせるものであり、漢字を正確に文や文章の中で使えるようになるという本単元の目標に適していると考えています。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉児童が調べ、活動を選択したり自ら活動を見出したりする場を設ける

児童がより学ぶことに興味や関心を持てるように、1時間目には教科書や国語辞書などを活用し、児童が自ら「同じ読み方をする漢字」を調べて収集し、どのような間違いをしやすいか考えたり発表したりする場を設けます。

また、1時間目の終わりに、次時は1時間目の学習を生かして、自分で活動を選択し、問題やパンフレット作り、ビデオ撮影などを行うことを伝え、見通しをもって活動を進められるように支援します。
どの活動を誰が選ぼうとしているのかを名札を用いたりして把握すると、より個に応じた指導や支援を想定することができるでしょう。
また、①~④の活動以外の活動を見出した児童がいた場合には、積極的にその活動を採用して⑤⑥と位置付けながら、児童の発想を生かした学習となるよう心がけます。

〈対話的な学び〉 目的と解決を明確にしたかかわりを生み出す

2時間目の前半は、個人での活動が主となります。一人一人の児童が、自分が選んだ活動に取り組み、1時間目に学んだことを生かします。その際、問題作りに行き詰まったり、パンフレットが見やすいか不安になったりして友達にアドバイスをもらいたいと願う児童が出てくると予想されます。

友達との対話が一人一人の児童にとって価値あるものとなるよう、どのような目的で友達とかかわりたいのかを明らかにする手立てを講じます。
黒板に下のような項目を用意し、必要な児童はその欄に名札を貼ります。それによって、誰がどのような目的でかかわりを求めているのかを全員が理解でき、余力のある児童や同じ悩みや不安を抱えている児童がかかわるようになります。日常生活における友達関係に左右されず、今必要なかかわりを生み出す工夫が、この名札のアイディアです!

〇 問題が浮かばなくて困っています。
〇 解いたり見たりした感想を聞きたいです。
〇 もっと良くなるようにアドバイスがほしいです。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

「3.言語活動とその特徴」において、児童は2時間目に以下の四つの言語活動から自分が取り組みたい活動を選択することを想定していると述べました。どの活動も端末の活用が可能です。

① どちらの漢字が正しいか選ぶ問題を作る。
作った問題をタブレットに保存し、誰もが問題を解けるようにする。

② 文章の中からいくつ間違いがあるか探す問題を作る。
作った問題をタブレットに保存し、誰もが問題を解けるようにする。

③ 間違いやすい漢字パンフレットを作成する。
B5版の用紙か端末上の文書作成ソフトのいずれかを児童が選び、作成する。出来上がったパンフレットは、誰もが手にとれるように印刷して教室前などに置く。

④ 間違えやすい漢字紹介ビデオを撮影する。
端末上のビデオ録画アプリ等を利用し、5分程度の簡単なビデオを撮影する。出来上がった映像は、タブレットで配信し、いつでも見られるようにする。

6. 単元の展開(2時間扱い)

 単元名: みんなも立派なカンジー博士

【主な学習活動】
1時間目
・「同じ読み方をする漢字」を調べて収集したり、適切な字を選択する方法を考えたりする。
・次時にどのような活動に取り組みたいか、提示された活動の中から選んだり、自分で新たな活動を提案したりする。

2時間目
・1時間目に学んだ、適切な字を選択する方法を生かし、自分が選択した活動に取り組む。〈 端末活用 〉
・「覚えておきたい言葉」に出てくる言葉の読み方や意味を確認し、どのような学習や出来事の際に用いてきたか経験を出し合う。

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

【 導入 】

これまでたくさん漢字の学習をしてきました。6年生の最後に、みんなにも立派なカンジー博士になってほしいと思います。

同じ読み方をする漢字を習ってきましたね。どんな漢字があったか思い出したり、教科書や国語辞典、漢字辞典などを使って探したりし、ワークシートに書きましょう。

「努」も「務」も「つとめる」と読むから間違って使ったことがある。

「積」と「績」のどちらを使うのか、今でも迷う時があるよ。

訓読みが同じ読み方をする漢字もあれば、音読みが同じ読み方をする漢字もあるね。

今日は、同じ読み方をする漢字を集め、正しい字を選ぶ方法を考えましょう。


【 終末 】

訓読みで迷った時や音読みで迷った時、正しい字を選ぶ方法を見つけることができましたね。

2時間目は、今日の学習を生かして、立派なカンジー博士になれるように活動に取り組みましょう。①~④のどの活動に取り組んでみたいですか。また、他に取り組んでみたい活動はありますか?

私は、①の「正しい漢字を選ぶ問題作り」がしたいです。作った問題を友達に解いてほしいです。

私は、③の「間違いやすい漢字パンフレット作り」をやってみたいです。他のクラスや下級生にもチャレンジしてほしいです。

ぼくは、①~④にはないのだけれど、同じ読み方をする漢字をどんどん集めて、ノートに書き、これからの学習に役立てたいです。教科書の最後に載っている漢字のページや漢字辞典を使えば、たくさん集められそうです。

【1時間目のワークシート例】

1時間目のワークシート例
▶︎ワークシートのダウンロード

①~④の活動のイメージがわかない児童もいるでしょう。次のようにサンプルを用意しておくと児童が自ら主体性をもって活動を選択することができます。

① 正しい漢字を選ぶ問題作り 

② 文章の中から漢字の間違いを探す問題作り

③ 間違いやすい漢字パンフレット作り

④ 間違えやすい漢字紹介ビデオ撮影


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

1時間目に学んだ、適切な字を選択する方法を生かし、自分が選択した活動に取り組む時間です。
板書例のように誰がどの活動に取り組んでいるのか名札などで分かるようにすると、教師も指導や支援がしやすくなりますし、児童同士も同じ活動を行っている友達と問題作りを協同して行ったり、友達が作った問題にアドバイスをしたりしやすくなるでしょう。

【交流コーナー】は、目的をもったかかわりが生まれるように設定します。誰が何のためにかかわりを望んでいるのかを全員が理解することで、同じ悩みや迷いを抱えている児童同士が交流するなど交流が盛んになると考えています。

この時間は、「1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント」で述べたとおり、端末の積極的な活用が可能です。

例えば、作った問題をタブレットに保存し、誰もが問題を解けるようにすることができるでしょう。
また、パンフレットを文書作成ソフトで作る児童がいるかもしれません。
端末上のビデオ録画アプリ等を利用し、5分程度の簡単なビデオを撮影し、タブレットで配信すると、いつでも見られます。
児童の実態により、端末の活用がメインになってしまったり多くの時間を使ってしまったりすることが想定される場合には、無理をして端末を用いる必要はありません。その見極めを大切にしてください。

ここまでお読みいただいた先生の中には、「2時間で終わるかな、児童一人一人が違う活動をしたら見取ったり支援したりするのが難しそうだ」と感じた方もいらっしゃるでしょう。
本単元での活動は、あくまで知識及び技能を身に付けるための手段です。児童やクラスの実態に応じて、次のように対応してください。

① 児童に提案する活動を四つではなく二つに絞る。実態に応じて、場合によっては全員同じ活動にする。

② 問題作りやパンフレットの枠を配布する。また、ビデオで紹介する間違えやすい漢字を三つとし、撮影に時間がかからないようにする。

③ 間違えやすい漢字を見つける方法を教科書の巻末の漢字一覧のみとし、探す負担と時間を減らす。辞書を使い慣れている学級ならば、国語辞典や漢字辞典を積極的に用いる。

④ 問題を解き合ったり、ビデオを見たりする時間を、学校の教育課程に沿って朝の活動などに組み入れる。

評価について

本時は、【知識・理解】と【主体的に学習に取り組む態度】を評価対象とします。
【知識・技能】に関しては、1・2時間目を通して、同じ読み方をする漢字について適切な字を選択する方法を知り、それを生かして平仮名を漢字に変換したり間違いを直したりしながら正確に文や文章の中で使っている姿をBの状況とします。
【主体的に学習に取り組む態度】については、同じ読み方をする漢字の使い分け方を意欲的に見つけ出そうとし、見出した選択の方法を用いながら粘り強く問題作りなどに取り組もうとしている姿をBの状況とします。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「これがわたしのお気に入り」板書例&全時間の指導アイデア
・小1 国語科「いいこといっぱい、一年生」板書例&全時間の指導アイデア
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア②
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア②
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア①
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア①
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小5体育「ボール運動(ゴール型)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号