小2体育「マットを使った運動遊び」指導アイデア

執筆/滋賀県公立小学校教諭・山田寿樹
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、滋賀県公立小学校校長・内藤康司

授業づくりのポイント

マットを使った運動遊びでは、遊びの要素を取り入れた場で楽しさを味わいながら、その行い方を知るとともに、大切な感覚や動き方を身に付けられるように学習を進めましょう。

本単元では、中学年のマット運動の学習につなげていくことができるように、主に「腕支持感覚」「回転感覚」「逆さ感覚」の3つを大切な感覚として身に付けます。単元前半は、動物の動きを真似したり、「くるんくるん(回転・逆さ)」「ぴょんぴょん(腕支持・逆さ)」など、オノマトペに合わせたりして動き方を身に付けましょう。

単元後半は、身に付けた動き方を生かして冒険の旅(サーキット)へ出かけるというストーリー性をもたせて、子供たちがワクワクできるような学習展開を仕組みましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)
前半は動き方を身に付け、後半は身に付けた動き方を生かして冒険の旅へ出かけよう

楽しむ① 冒険へ出かける前に、動き方を身に付けよう

毎時間のはじめには、3つの感覚につながるような運動をゲーム形式で行います。回転や逆さ感覚は「ゆりかご玉入れ競争」、腕支持感覚は「動物進化じゃんけん」です。また、単元前半は単元後半の冒険の旅に向けたさまざまな動き方を蓄えます。

教師は、身に付けさせたい感覚や動き方を意識した声をかけられるようにしましょう。動き方が上手な子供を取り上げて、学級全体でどこがよいのかを考えることも大切です。子供がよい動きを自分の動きに取り入れられるようにしましょう。

準備運動

ゆりかご玉入れ競争

ゆりかご玉入れ競争
 

玉を足で挟んで、後ろの箱に入れます。20秒間に何個入れられるかで競います。おしり→背中→頭の後ろを順番につけられると、勢いが出てくるんと回れます。

動物進化じゃんけん

動物進化じゃんけん
手と腕でしっかりと体を支えて進みましょう。

あざらしからスタートです。じゃんけんで勝ったら、順番に進化していきます。同じ動物同士でじゃんけんができます。人間まで進化できるとゴールです。

動き方を身に付けよう

くるんくるん

いろいろな転がり方をしてみよう!

くるんくるん

ぴょんぴょん

手と腕で支えて挑んでみよう!

【マット跳び越し】

マット跳び越し

【平均台跳び越し】

平均台跳び越し

【肋木登り逆立ち】

肋木登り逆立ち

手と腕でしっかりと支えられるようになったら挑戦しましょう。肋木に足をかけて登れるところまで登ります。手と目線の位置が大切です。下のような三角形を意識しましょう。

手と目線の位置。三角形を意識する

楽しむ② 身に付けた動きを生かして、冒険の旅へ出かけよう

冒険の旅は4つのステージに分かれています。ストーリーに浸りながら運動している子供には、「腰を上げよう」など、動きのポイントだけを伝えるのではなく、「そのままではサメにお尻を噛まれちゃうよ!高くぴょんぴょんできたら安心だね!」というように、ストーリーに合わせた伝え方をすることで、運動遊びにどっぷりと浸る姿が期待できます。

また、ステージごとにストーリーに合わせた動き方が上手な友達を子供同士で紹介し合って真似をしたり、教師が子供の様子を見て場をレベルアップさせたりすることで、さらに意欲的に楽しみながら取り組むことができるでしょう。

冒険の旅

動物ステージ

動物ステージ

うさぎで川を跳び越え、あざらしでトンネルをくぐって、犬で散歩に出かけるよ!

くるんくるんステージ

くるんくるんステージ

マットから落ちるとヘビに食べられるよ! 落ちないように、いろいろな「くるん」でまっすぐ進もう!

ぴょんぴょんステージ

ぴょんぴょんステージ

一本橋の下にはサメがいるよ!
手をついて腰を高く上げて、当たらないようにぴょんぴょんで進もう!

逆立ちステージ

逆立ちステージ

クモに手をかまれないように、よけながら逆立ちで横へ進もう!

〈レベルアップ〉
動物ステージ:川の幅を変える・トンネルを低く。
くるんくるんステージ:マットのはしに卵パックを置き、当たらないように。
ぴょんぴょんステージ:よけるサメの数を増やす・置き方を工夫する。
逆立ちステージ:よけるクモの数を増やす・置き方を工夫する。

子供の様子によっては、ステージの趣旨に応じた動き方を考えさせてもいいですね。

かかわり思考ツール
「冒険王に挑戦」
冒険の旅にペアやグループ単位のチームで挑戦します。ステージごとに成功すると点数が入る仕組みにし、1周回るまでにチームで合計○点以上取れたら冒険王になれるというようなストーリーをつくることで、お互いの動き方について声をかけたり、よりよい動き方を交流したりする姿が生まれるでしょう。

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小一小二』2022年2/3月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

授業改善の記事一覧

雑誌最新号