小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ゴール型ゲーム)」の単元を扱います。

執筆/札幌市立公立小学校教諭・山﨑稔英
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   札幌市立公立小学校校長 ・大牧眞一

単元名

ポートボール 〜シュートゾーンを設定した易しいゲーム〜

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
ゴール型ゲーム(ポートボール)の行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ゴール型ゲーム(ポートボール)に進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動したり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年のゴール型ゲームは、その行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、コート内で攻守入り交じって、ボールを手や足でシュートしたり、空いている場所に素早く動いたりする易しいゲームの楽しさや喜びに触れることができる運動です。

本事例は、どの子もパスやドリブルでボールを運び、シュートを決める楽しさに触れることができるよう、守りに邪魔されずにシュートをすることができるシュートゾーンを設定するとともに、守りよりも攻めの人数を増やす規則にします。

また、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きを身に付けるために、毎時間ゲームにつながる運動を取り入れます。

単元の後半では、ボールを持っている人とボールを持っていない人の役割をふまえた作戦を選んでゲームを行います。

友達と作戦を考えたり、ボールを持っていないときの動きをアドバイスし合ったりして易しいゲームをすることができるようにし、高学年のボール運動の学習につなげるようにします。

なお、運動中はマスクを外すように指導するとともに、地域の感染状況に応じて不必要に大声を出さないよう指導するなど、感染予防にも配慮しましょう。

 

単元計画(例)

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア 単元

もっと楽しもう

簡単な作戦を選んでたくさん得点を取ろう

単元の後半は、今までに身に付けた基本的なボール操作とボールを持たないときの動きを生かして、たくさん得点を取るためにチームで作戦を選ぶようにすることで、もっとゲームを楽しめるようにします。

課題を見付ける活動として、ICT端末で攻めているときの様子を撮影し、その動画を見る場を設定します。

ボールを運んでシュートチャンスを作る際にうまくいかない場面に着目するなど、ボールを持っていない人の役割をふまえた作戦を選べるようにします。

4〜6時間目は、ゲーム①→作戦タイム(練習)→ゲーム②の流れで学習を進めます。選んだ作戦を試す時間を十分に確保することで成功体験を増やし、もっとゲームを楽しめるようにします。

 

●ゲームにつながる運動の例

動画「ゲームにつながる運動の例」

 

・ジグザグドリブル

厚みのない輪の周りをジグザグにドリブルする。リズムのよいドリブルができるようになる。

 

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・シュート練習

カットされないようにガードマンの頭上を越える山なりのシュートをする。シュートの成功率を上げることができる。

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・対面パス・ドリブル

パスをしたら相手側の列まで走る。何度も繰り返すことができる。パスやキャッチの技能を身に付けられる。また、パスを出した後の動きを身に付けることができる。ドリブルも同じやり方でスキルアップすることができる。

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・移動キャッチ

①パスを出したら反対の厚みのない輪へ移動する。
②ボールのほうへ移動しながら、厚みのない輪の上でキャッチする。
③上記2つを繰り返す。移動しながらボールをキャッチする力やパスの技能を高めることができる。

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

・パスゴーゲーム

〈ルール〉
人数は3人。ローテーションで行う。
時間は2分程度。

ボールをパスでつなぎ、奥まで達成するゲーム。手前中央からスタートして味方にパスをする。ボールを持っている人は動けないので、ほかの攻めの子が前に移動してボールをもらう。パスやキャッチのボール操作と、ボールを持ってないときの動きを身に付けることができる。

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

 

●ICT端末の活用例


データ資料②「学習カード例」
※ダウンロードはこちら

 

ICT端末で攻めているときの様子を撮影し、ボールを運んでシュートチャンスをつくる際にうまくいかない場面に着目するなど、ボールを持っている人とボールを持っていない人の役割をふまえた作戦を選べるようにする。

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

チームで作戦を話し合う例

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
「楽しもう」はこちら

 

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア②
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア①
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号