小5国語「まんがに対する考えを文章に表そう!」

関連タグ

執筆/沖縄県那覇市立城南小学校教諭・下地達也
編集委員/ 国立教育政策研究所 教育課程調査官 ・菊池英慈、那覇教育事務所指導主事・上里 亮

教材名/まんがの方法(教育出版 五年下)
指導事項/C読むこと(1)ウ・カ B書くこと(1)伝国(1)イ(カ)

読書する子
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①言語活動とその特徴

本単元では、「まんがに対する考えを文章に表そう」という言語活動を位置付けます。

教材文「まんがの方法」は、まんがの表現方法の中から、代表的な七つの例を用いて、読者にその効果を分かりやすく解説した文章です。子供が普段何気なく読んでいる「まんが」が、作者の意図的な表現方法の工夫によって、読者を引き付けているということを捉え、まんがに対する自分の考えの変容に気付かせるようにします。

②言語活動を通して付ける資質・能力

文章の内容を的確に捉えるために、説明や解説などの文章を比較するなどして読み、わかったことや考えたことを書いてまとめる力を育成します。

③指導のポイント

・自身が感じるまんがの面白さと、事例として取り上げられたまんがの方法を使った面白さを比べながら、作品を読み進めていきます。

・まんがの表現方法について確認したり、新たな表現方法を発見したりするために、事例の説明における筆者の構成の工夫について捉えさせます。

・まんがの面白さについて、「まんがの方法」の解説と複数のまんがを比較させ、友達との交流を通して自分の考えを広げ深めさせます。

単元の展開(5時間扱い)

単元の展開
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイディア① まんがの「おもしろさ」について考えよう

子供が日頃から慣れ親しんでいるまんがを導入時に活用します。自分が好きなまんがの面白さの理由について話し合うことで、本単元の学習への意欲を喚起させることができます。面白さの理由としては、登場人物のキャラクターやストーリーの展開についての内容が多いと思われますが、導入時には、素直な感想を大事にします。その後の初読の際には、筆者が説明している表現方法の特徴に着目させて読ませることで、「お気に入りのまんがの面白さの秘密を探ろう」という課題意識を持たせましょう。

-流れ-

①自分のお気に入りのまんがの面白さの理由について話し合う。

教材を読む前
子供たちの自分のお気に入りのまんがの感想から、まんがそのものの面白さの秘密について考えさせる。

②教材「まんがの方法」を読む。

教材を読んだ後
まんがの方法を読ませ、気付いたことや思ったことから、まんがの面白さの秘密に興味関心をもたせる。

③「まんがの方法」を読んで気付いたことや分かったことを話し合う。

-教材を読む前と読んだ後の子供の変化-

●子供A

このまんがは、主人公が戦いを重ねるごとに信頼できる仲間が増えるところがいいな。

まんがの方法があるから、このまんがの面白さが伝わってくるんだ。

●子供B

小学生を主人公として、素朴な日常をストーリーにしていて、親近感を感じて面白いな。

登場人物以外に物語を伝える人がいると初めて知りました。

●子供C

サッカー選手の必殺シュートや必殺技がかっこいい。

背景の工夫でまんがの面白さが伝わるんだな。

第1時板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

発問①について
皆さんの好きなまんがには、面白く心を引き付けるまんがの方法があるかもしれません。この教材「まんがの方法」を読むと何か秘密が分かるかもしれませんね。

発問②について
まんがに対する考えに変化がありましたね。お気に入りのまんがの方法を探っていくと、もっと面白くなるかもしれませんね。

教材文の読みと並行して、自分のお気に入りのまんがも、「まんがの方法」を探らせながら読ませましょう。その際に、方法の気付きを付箋紙に書いて貼ることで、理解が深まる手立てにつながります。

付箋

これまで、まんがの方法を意識して読んだことがなかったから、いろんな方法があってびっくりです。

アイディア② まんがの「おもしろさ」の「ひみつ」について調べよう。

教材文の全体構造や内容の把握の場面においても、主体的な交流活動を展開することは大切です。そのためには、教材文の特徴をきちんと捉え、子供相互の思考のズレの解決を図る発問が有効です。

第2時

第2時板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

まんがの方法が、七つなのか八つなのか、意見のズレから選択型の課題を生み出す工夫をしてみましょう。

⑦段落だけ、せりふとフキダシが同じ場所にあります。

⑧段落のはじめに「フキダシだけでなく」って、つながっています。

段落のつながりを読み解いていってもいいかも。例えば、接続詞とか。

第二時では「方法」の数を問う発問から思考のズレを生じさせ、文章を繰り返し読むことへつなげていきます。お互いの考えのズレの解決を図らせることで、主体的な読みや内容の概要をつかませる読みへとつなげていくこともねらいのひとつです。具体的な指導の手立てとして、「主語連鎖」「接続詞」「段落相互のつながり」などの視点を提示しながら交流させ、作品の構造と内容の把握を板書で視覚的に捉えさせましょう。
第三時では、下記のように2つの段落を比較させ共通点を見付けさせます。この比較を通して、筆者の論の進め方の工夫を捉えさせましょう。そこで獲得した読みの視点が、他の意味段落の内容をとらえる手がかりとなっていきます。

第3時

前の時間の振り返りから、方法の効果について疑問がありましたが、今日は、まんがの方法の効果や特徴について、筆者がどのように紹介しているか考えてみましょう。

第3時板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

方法のあとに効果を伝えています。また、「~など」と表現を使い、他にも効果があることを伝えています。もしかしたら、自分が持っているまんがにもそれらはあるかもしれません。

具体的に例を出して、「右のまんがは」とか「左のまんがの」とか表現しながら、方法の効果を分かりやすく伝えています。

アイディア③ 「まんが」に対する自分の考えをまとめよう。

単元導入時におけるまんがに対する「自分の考え」と今現在の「自分の考え」の変容に気付かせ、それを文章化することによって深い学びにつなげていきます。書いた文章を交流させることも、自分の考えをさらに広げ深められる活動になるでしょう。

言語活動である、「まんがに対する自分の考えを文章に表そう」の活動を効果的に進める手立てとして、教師のモデル文を活用しましょう。「書く活動」が苦手な子供に対しては、下記のように「書く視点」を視覚的に示すことが、有効な手立ての一つとなります。書いた文章については、読みやすい場所に掲示したり、朝の会や帰りの会などの時間を使って交流させたりするのもよいでしょう。

「まんが」に対する自分の考えをまとめたノート
クリックすると別ウィンドウで開きます

Aさんは、背景に目を付けて、考えを言っています。確かに、自分が読んだまんがにもそんな方法があります!

他のまんがと比べたくなってきました!

海外まで広がる日本のまんがを、誇りに思います!

自分の考えの変化を書く言語活動が設定されているため、ストーリーの展開や主人公など、面白さの一側面にのみ興味や関心を示していた子供が、教材文と出会い、面白さにはさまざまな視点があることを気付くことが期待されます。新たな視点でまんがを見つめることができ、自分自身の変容を自覚できるよい機会となるでしょう。本単元において、本や文章などを比べて読むことで、さまざまな違いを発見する喜びを知り、読むことの意義や楽しさを実感することでしょう。

教科調査官からのアドバイス

国立教育政策研究所 教育課程調査官・菊池英慈

ポイント① 読む目的を明確にして教材文に出合わせよう!

文章を読む目的が不明確で、子供たちの主体的な学びが実現しにくいと感じたことはありませんか。また、説明的な文章の場合、内容ばかりに目が行き過ぎて、文章構成や論の進め方に目を向ける必要性を感じさせられないといったことはないでしょうか。

本事例では、単元の導入で自分が好きな漫画を取り上げ、その漫画の面白さの秘密を伝え合う中で、教材文を読む目的をもたせています。アイディア②にあるように、教材文の構造と内容を把握した上で、漫画の面白さを伝えるポイントや書き表し方の工夫を捉えられるようにしましょう。

ポイント② 言語活動を具体化しよう!

読むことの学習では、内容を把握することに時間をかけすぎるために、自分の考えを明確にして読む能力が十分育たないことがあります。

本事例では、内容を平板に読み取らせるのではなく、その漫画のもつ面白さを追求しながら考えを明確にすることに重点を置いて読んでいきます。さらに、アイディア③では、教師のモデル文を活用して、漫画に対する自分の考えをどのようにまとめていけばよいかを提示しています。

このように、単元のゴールがどの子にもイメージしやすいようにし、言語活動を具体化していきましょう。

イラスト/和久田容代

『小五教育技術』2018年1月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号