小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・堀本太郎
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

あそぼう! てつぼう! たのしもう!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
鉄棒を使った運動遊びの行い方を知るとともに、支持しての揺れや上がり下り、ぶら下がりや易しい回転をすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
鉄棒を使った運動遊びの簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
鉄棒を使った運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

鉄棒を使った運動遊びは、支持やぶら下がり、跳び上がり、跳び下り、易しい回転などの基本的な動きができるようになったり、遊び方を工夫したり、考えたことを友達に伝えたりする学習です。

易しい動きができるようにして、反復練習にならないように、楽しく取り組めるようにしていきます。易しい動きが「できた」という喜びを感じながら、次へ挑戦していけるように学習内容を設定します。

友達と一緒にゲーム感覚で楽しく学習できるようにすることも大切です。たくさんの遊び方を経験し、「もっとやってみたい」「こんな動きもできるかもしれない」と、進んで遊びに取り組めるようにしていきます。

単元計画(例)

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア 単元

楽しむ

支持、ぶら下がり、跳び上がり、跳び下り、易しい回転などの8つの動きに取り組む

第1~3時では、基本的な動きを身に付けられるようにします。また、動きがイメージできるように、名前と動きの説明を伝えて取り組むようにします。

そして、子供が安心して安全に取り組めるように、鉄棒の握り方、待ち方なども指導します。指導に当たっては、次の2つのことを大切にします。

第1は、鉄棒を使った運動遊びは、ほかの運動遊びと同様に、子供が易しい運動に出合い、伸び伸びと体を動かす楽しさや心地よさを味わう遊びであるため、動きを紹介した時間にできなくても、何度も取り組むなかで子供ができる動きを増やせるようにすることです。

第2は、紹介した動きについて、易しい場を設定して成功体験を味わうことができるようにすることです。具体的には、「ふとん干し」「ツバメ」や「跳び上がり」などに取り組む際に、跳び上がることが苦手な子供には、跳び箱や小さな台を用意し、子供の腰の位置が高くなるようにして動きに取り組みやすい易しい場を設定するようにします。

●場の準備

・鉄棒の下にマットを敷く。近くに人がいないかなど、安全を確認する。鉄棒にタオルやクッション性のある物を巻きます。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

・運動を待っている子供は、フープのなかで同じ方向を向いて待つ。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

●ぶら下がり

・ふとん干し

脚が上がらないように力を抜いて、お腹でぶら下がる。鉄棒から手を離すことを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

・コウモリ 

両足のひざを鉄棒にかけて逆さまになる。手を地面についてもよい。少し体を揺らすことを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

・サル

鉄棒を握り、振るときは体全体を使うようにする。鉄棒から遠くに着地することを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

・ブタの丸焼き

両手と両足を鉄棒にかけて、自分の体重を支える。前後に移動することを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

●ツバメ

鉄棒の上で胸を張るように、足先から頭までまっすぐにする。何秒止まっていられるか数えることを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

●跳び上がりや跳び下り

ひじを伸ばし、跳び上がって、胸を張るようにする。連続で跳び上がりと跳び下りに取り組む。跳び下りでは、どこまで遠くに下りられるかを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

易しい回転

・前回り下り

支持の姿勢から体を丸めて前に回って下りる。着地の際に、どこまで足を後ろに着けるかを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

・足抜き回り

両手でぶら下がって足を小さくして、胸に引き付けるように前後に足抜き回りをする。連続何回できるかを取り入れることもできる。

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア イラスト

〈指導上の留意点〉

安全面を確保するために、マットを敷く、順番を待つ場所にフープを置く、友達とぶつからないようにするなどを指導します。

また、安心して取り組める高さの鉄棒を選ぶように声をかけたり、鉄棒にタオルやクッション性のある物を巻くなど、体を支える際に痛くないように工夫したりするなど、子供の実態に合わせて支援します。

鉄棒の握り方
  
指を引っかけるのではなく、親指も使って握るようにします。

 

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しむ」はこちら    

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア①
・小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア②
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小5体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号