小5体育「体つくり運動(体の動きを高める運動)」指導アイデア

執筆/北海道公立小学校教諭・大薮真也
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、北海道公立小学校校長・大牧眞一

授業づくりのポイント

高学年の体つくり運動は、中学年までに身に付けた体の基本的な動きを基に、体の様々な動きを高めるための運動です。自己の課題をもち、楽しく運動を行いながら体力の向上をねらいとした授業となるようにします。

感染防止対策に関しては、授業前後の手洗いを徹底するよう指導しましょう。また、用具等の共有はできるだけ避け、活動中は地域の感染状況に応じて、特定のペアで短時間の活動にする等の配慮を行いましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ①体ほぐしの運動

単元の前半では、体ほぐしの運動に取り組みます。子供に様々な運動を例示し、「心と体との関係に気付く」「仲間と関わり合う」の二つのねらいに応じて運動の行い方を選ぶようにします。

体ほぐしの運動例

用具を用いて

【むかで歩き】

むかで歩き

【棒バランス】

棒バランス

リズムに乗って

リズムに乗って

仲間と協力して

【ボール遊び】

ボール遊び

【棒運び】

棒運び
仲間の心と体の状態を感じながら

ペアでストレッチ

ペアでストレッチ

条件を変えて歩く・走る

いろいろな動作をつけて
リズムに合わせてウォーキング

楽しむ②体の動きを高める運動

単元の後半では、体の動きを高める運動に取り組みます。この運動では、「体の柔らかさ」「巧みな動き」「力強い動き」「動きを持続する能力」の4つを高めるための運動を行いますが、今回は「力強い動き」と「動きを持続する能力」を高める運動を取り扱います。

体の動きを高める運動例

力強い動きを高めるための運動

【固定施設を使って】

固定施設を使って

【腕立て伏臥腕屈伸】

腕立て伏臥腕屈伸

【タオルを使ったぞうきんスキー】

タオルを使ったぞうきんスキー

【タオルを使った引き相撲】

タオルを使った引き相撲

【2~3人組で持ち上げる・運ぶ】

タオルを使った引き相撲

動きを持続する能力を高めるための運動

【短なわ・長なわ】

短なわ・長なわ

【エアロビクス】

エアロビクス

【クロスカントリー・障がい走】

クロスカントリー・障がい走

【持久走・往復走】

持久走・往復走

楽しむ③体の動きを高める運動の条件を変えて運動の行い方を工夫しよう

自己の体力の状況を知ったり、体の様々な動きを試したりすることを通して、体の動きを高めるためにどのような運動に取り組むとよいかといった、運動の課題や行い方を選ぶとともに、運動の条件を変えて自己に合った工夫をできるようにします。

指導の際には、単元前半の体ほぐしの運動で示した「変化させるポイント(人数、姿勢、回数、用具、距離、方向、時間等)」を活用するとよいでしょう。子供たちが、工夫するポイントを意識しながら、体の動きを高める運動の行い方を工夫していくようにします。

動きを持続する能力を高めるための運動の工夫例

動きを持続する能力を高めるための運動の工夫例

「往復走」では、5分間で20mを何往復出来るか回数を数える。


自己の課題を見付けよう

【仲間に見てもらう】

仲間にみてもらう

【ICT機器を利用して】

ICT機器を利用して

ICT機器を活用することで、自己の動き方を確認し、どのようなポイントを意識して運動を行うとよいかを考えることができます。


【学習カードを活用して】

学習カードを活用して

自己の課題を解決するために運動を工夫する

【時間を変えて】

時間を変えて

【距離を変えて】

距離を変えて

【用具や方向を変えて】

用具や方向を変えて

学習の振り返り

他の運動でもいろいろな工夫ができそうだね。

往復できる回数が増えたよ。

毎日続けたらもっと長く走れるようになりそうだね。


イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小五小六』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号