小2算数「ひっ算のしかたを考えよう」指導アイデア

執筆:神奈川県公立小学校教諭・能登谷亮
編集委員:文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

本時のねらいと評価規準(本時9/10時)

3位数と2位数などのたし算とひき算の筆算のしかたを、数の見方や既習の計算の考え方を基に考え、説明することができる。

評価規準

既習の筆算のしかたを基にすれば、数が大きくなっても同じように計算できると考えたり説明したりしている。

もんだい
546 + 27 の計算のしかたを考えよう。

46 + 27 は、どのように計算しましたか。

ひっ算で計算しました。

一の位は6+7で、十の位にくり上がるよ。

答えは、73 になります。

では、546 + 27 は、できますか。

数がものすごく大きくなったね。

こんなに大きな数のたし算はやったことがありません。

でも、さっきの問題と数が似ているよ。

同じように、筆算で考えればできそうです。

学習のねらい

これまでの学習を生かして、大きい数のひっ算のしかたを考えよう。

見通し

これまでと同じように、位をそろえて、筆算で計算してみよう。

46 +27 は同じだね。あとは、500 が増えただけと考えればいいんじゃないかな。

自力解決の様子

A つまずいている子

位を正しくそろえずに計算している。


B 素朴に解いている子

位をそろえて一の位から順に計算している。


C ねらい通りに解いている子

546 + 27 を 500 + 46 + 27 と考えて計算している。

学び合いの計画

数が大きくなっても、これまでに学習した筆算のしかたを使えば解決できるということを説明できるようにしていきます。

46 + 27 の場合、一の位どうしを加えた6+7= 13 と、10 のまとまりを加えた40 + 20 = 60 とを合わせて、73 と計算することができます。

この考え方を使えば、3けたの数になっても同じように位ごとに計算すればよいことに気付かせていきます。

数が大きくなったからといって難しくなるわけではなく、既習の考えを使えば簡単にできるのだということを子供たちが実感し、学び合いができるようにしていきましょう。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

図を使って考えました。500 は百の位になるので、十の位の隣に入ります(※ノート例、左図を示す)。

筆算で考えました。一の位は、6+7 = 13 です。
十の位は、4+2=6になって、10 のまとまりが6個で 60 になります。
一の位の、10 のくり上がりがあるので、合わせて 70、十の位は7になります。
最後に、百の位は、5+0= 5で、500 です。
答えは、573 になります。

これまでと同じように、数が大きくなっても位をそろえれば、筆算で計算できます。

さっき、46 + 27 = 73 と分かったから、それに 500 を合わせてもできるよ。

百の位が増えただけだね。

大きな数のたし算も、簡単にできるね。

では、546 - 27 は、できますか。

ひき算でも、考え方は同じです。

位をそろえて筆算で計算します。

500 はそのままで、46 - 27 を計算すれば答えが分かります。

大きな数のたし算もひき算もできましたね。

百の位があっても、今までと同じように位をそろえて一の位から計算すればよいんだね。

評価問題

「 57 + 234 」
「 753 - 6 」

計算のしかたをせつ明しましょう。

子供に期待する解答の具体例

2けた+3けた、3けた-1けたでも、考え方は同じです。位をそろえて計算します。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

3位数の計算でも、既習の筆算のしかたで考え、説明している。

感想例

  • 大きな数のたし算やひき算でも、これまでに学習した筆算のしかたを使えば計算できたので、うれしかったです。
  • 前に出てきた考え方を使えば、難しそうに思える問題でも簡単にできるということが分かりました。
  • もし、千より大きい数が出てきても、同じように計算できるかもしれないと思いました。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号