小1算数「ちがいはいくつ」指導アイデア(6/9時)《ブロックを用いた求差の求め方》

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
タイトル 小1算数「ちがいはいくつ」指導アイデア

執筆/埼玉県さいたま市立浦和大里小学校教諭・伊藤佳祐
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一、浦和大学教授・矢部一夫

小一算数 年間指導計画

単元の展開

第1時 求残の意味

第2時 求残の式

第3時 被減数が10以内の減法計算

第4時 計算カードを使った減法の計算

第5時 0を含む減法の計算

第6時(本時)半具体物を使用した求差の求め方

第7時 求差の意味

第8時 お話づくりを通した減法の意味

第9時 学習内容の習熟・定着

本時のねらい

求差の場面で、半具体物(算数ブロック)を用いて式をたて、答えを求める。

評価規準

求差の場合について、減法の意味を理解し、減法の式に表すことができる。【知識・技能】
求差の場面を、減法として捉え、ブロック操作や減法の式に表し、説明している。【思考・判断・表現】

本時の展開



きいろい おりがみが 8まい あります。みどりの おりがみが 5まい あります。きいろい おりがみは、みどりの おりがみより なんまい おおいでしょうか。

絵の女の子は、何をしようとしているでしょう。

※イラストを掲示する。

算数イラスト1

チューリップをつくろうとしています。

黄色と緑の折り紙を使っているよ。黄色の折り紙は花で、緑の折り紙は茎と葉っぱかな。

でも、なんか黄色の折り紙のほうが多そう。

それぞれなん枚ありますか。

黄色は8枚あります。緑は5枚です。

では、確かめてみましょう。数えてみますよ。

(教師が掲示した絵を指さしながら)1、2、……。

やっぱり黄色は8枚。緑は5枚だね。

黄色のほうが多い。葉っぱの折り紙が足りないんじゃないかな。

そのようですね。では、黄色の折り紙のほうがなん枚多いでしょう。(問題を黒板に書く)前回の問題と、どんなところが違いますか。

今日は、「残り」という言葉がありません。

黄色の折り紙が、なん枚多いか考えるのだと思います。

今日は「なん枚多いのか」について考えていきましょう。



黄色の折り紙が、なん枚多いのか調べよう。

見通し

折り紙を並べて比べたらどうかな。

算数ブロックが使えそう。

絵(〇)をかいてもできると思うよ。

自力解決の様子

A つまずいている子

算数ブロックを使って並べようとするが、並べ方が分からない。


B 素朴に解いている子

算数ブロックを2段(上の段を黄色、下の段を白)に並べた後、黄色と白のブロックをペアにして、黄色が3個多いことが分かる。


C ねらい通り解いている子

黄色の5個のブロックと白の5個のブロックを1対1に結び付けて、「8-5=3」と、ひき算になることを説明している。

ワークシート例

ワークシート例

学び合いの計画

まずは導入段階で、教師が「このイラストは何をしているところでしょうか」と問うことによって、日常生活での経験を想起させ、子供が問題場面を捉えやすくなるように工夫します。

また、それぞれの折り紙の枚数を問うことによって、イラストの折り紙を数えるだけでなく、バラバラに置いてある折り紙を色別に1列に並べて考えると、視覚的にも分かりやすくなるというアイデアに気付かせることも大切です。そうすることで、子供たちが黄色と白のブロックを2段に分けて並べて考えればよいという発想が期待されます。

学び合いの場においては、子供が黒板の前でブロック操作を発表する際に、言葉を発さず行うようにします。それにより、ほかの子供は発表者が何を伝えたいのかを考えるような場をつくることができます。このことによって、ブロック操作についてクラス全体で共有することが期待されます。

また、子供が「黄色の折り紙と緑の折り紙1枚ずつで、一つのチューリップがつくれるから」と説明した際、教師が「黄色の花と緑の葉っぱで、1本のチューリップになるんだね」と補足することで、黄色と白のブロックをペアにする(1対1対応)という考え方に気付かせていきます。その際に、黄色と白のブロックを線でつなげることによって、子供たちが視覚的に考えやすくなるでしょう。

さらに、1対1対応になったブロックを取って考えることで、減法で考えればよいという発想につながります。また、この八つのブロックだけで考えられないかと問うことで、ペアになっている五つを取ればよいことを、ブロックを使って表すことができ、その操作から「『8―5』とひき算で考えてもよい」と、式に結び付けることができます。

また、「違いを求めるときも、『8-5』の式を使ってもよいのかな」と問い返すことで、子供たちは「ブロックを左にずらしたから、ひき算でよいと思います」「前の時間で、ひき算はブロックをずらすと習いました」と、前時の「ひき算」と結び付けて考えるようにします。これらのことから、求差も求残と同様に、ひき算を用いて答えが求められることを理解させましょう。

まとめでは、問題解決の結果や過程をふり返りながら、求差の場面を前時までの学習(求残)と関連付けて、ひき算になることを確認します。そのために、子供のつぶやきや素朴な問いやブロックの操作を吹き出しで書き残したり、子供の働かせた数学的な見方・考え方を色チョークなどで強調したりして、板書を工夫することも大切です。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

では、やり方を、ブロックを使って説明してください。(何もしゃべらないでブロック操作をするよう指示をする)

(ブロックを操作する)黄色が3個(枚)多いです。

算数図1

なんで、このよう並べたんですか。

揃えることで、違いが見えやすくなるからです。

本当だ! 見やすい!

でも、3個多いというのが、もっと分かりやすくなるといいですね。この続きはどうなるんでしょう。

黄色と緑の折り紙で、一つのチューリップがつくれるから……。

つまり、どういうことですか。

このブロックとこのブロックは一つのセットになるから……。(前に出て黒板のブロックを動かしながら、1対1の説明を行う)

算数図2

なるほど。黄色のブロック一つと白のブロック一つがセットなんですね。(線をつなぎながら、黒板に書き表す)この三つはなんですか。

その三つが、多い分になります。

なるほど。よく分かりました。では、この8個だけで違いを表せませんか。

算数図3

できます。

どうやるのですか。動かしてみてください。

※子供が動かしてみる。

算数図4

何をしたのですか。

8個のうち、緑と同じ数の5を左にずらしました。

8−5になりそう。

なるほど、8−5になりそうですね。この前は、どのようなとき、ひき算を使いましたか。

「残りはいくつでしょうか」という問題でした。

そうでしたね。「どちらが多いですか」のときも、「残りはいくつですか」のときと同じようにひき算で考えられますね。



「どちらが多いですか」も、ひき算で考えてよい。
「残りはいくつ」と同じように、ひき算で考える。

評価問題

きんぎょは デメキンより なんびき おおいですか。ブロックを つかって もとめましょう。また、しきも かきましょう。(絵を用いて提示する)

算数イラスト2

子供に期待する解答の具体例

・算数ブロック
 ア 上段に6個、下段に4個並べて、セットの四つを左にずらす。
 イ 6個を1列に並べ、四つを左にずらす。

・式 
 6−4=2   答え 2匹

感想例

  • どちらが多いか考えるときも、残りを考えたときと同じように、ひき算で求められることが分かりました。
  • どちらが多いか考えるときも、算数ブロックを使って考えられました。上と下に2段で並べて、ペアを結び付けるところが、前回と違いました。

イラスト/横井智美、やひろきよみ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小3 国語科「三年とうげ」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 7「My Best Memory」の指導アイデア②
・小6外国語 Unit 7「My Best Memory」の指導アイデア①
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号