小5社会「私たちの生活と森林」指導アイデア

執筆/東京都公立小学校主任教諭・清水隆志
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都大田区教育委員会統括指導主事・木下健太郎

目標

我が国の国土の自然環境と国民生活との関連について、森林資源の分布や働きなどに着目して地図帳や各種の資料で調べてまとめ、国土の環境を捉え、森林資源が果たす役割を考え表現することを通して、森林はその育成や保護に従事している人々の様々な工夫と努力により国土の保全など重要な役割を果たしていることを理解できるようにするとともに、国土の環境保全について自分たちにできることを考えようとする態度を養う。

学習の流れ (6時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 資料から関心をもち、森林の分布や森林の働きについて知る。
○ 疑問を基に学習問題を立て、学習計画を立てる。

〈学習問題〉
日本の森林は、誰がどのようにして守っているのだろう。

追究する(3時間)

○ 林業の仕事や、林業に従事する人々の工夫や努力などについて調べる。
○ 森林環境税やナショナルトラスト運動、木づかい運動など、森林を守る国や県、市民の取組について調べる。
○ 日本の森林や林業が直面している課題について調べる。

まとめる(1時間)

○ 学習問題について自分の考えをまとめる。
○ 日本の森林を守るために、自分たちに何ができるか考え、話し合う。

導入の工夫

「山の植林活動で大漁旗が掲げられている」という児童にとって意外な資料を活用することで、森林の働きに対する興味を高めます。

1時間目:森林の分布や森林の働きについて知る

森林の面積や分布について捉えた後、本資料を提示します。

なんで山に漁師の大漁旗があるのだろう?

何かを植えているように見えるけど、それと関係があるのかな?

別の資料には、「森は海の恋人」って書いてあるよ。木があることで、何か海に役立っているのではないかな?

4年生で木は水を蓄えるって学習しました。

森林はどのような働きがあるのでしょうか。

木があることで養分の多い水が海に流れて、魚が育つようになるのですね。

森林は動物のすみかになったり、木材になったりします。その他にも、土砂災害を防ぐ、酸素を作る、地球温暖化を防ぐという働きもあるのですね。木ってすごいな。

2時間目:疑問を基に森林の保護について学習問題を設定し、学習計画を立てる

手入れされた森林と荒れた森林

2枚の写真を比べて気付いたことを基に、疑問に思ったことを発表しましょう。

手入れをしているかしていないかで全然様子がちがいますね。

誰が手入れをしているのだろう?

何か工夫があるのではないかな。

問題をつくる(2/6時間)

手入れが行き届いている森林と、荒れてしまっている森林の写真を比べ、森林を守ることについて話し合い、学習問題をつくります。

学習問題 日本の森林は、誰がどのようにして守っているのだろう。

まとめる(6/ 6時間)

学習問題について自分の考えをまとめ、森林や林業の課題を踏まえ、日本の森林を守るために、自分たちにできることについて考え、話し合います 。

問いの工夫

学んだことを基に、「日本の森林を守っていくために自分たちにできること」を問うことで、国土の環境保全について選択・判断ができるようにします。

僕は、日本の木材を使うことで、日本の森林を守ることができると思います。学習した「木づかいマーク」や「多摩産材」のマークがある商品を買うことで、自分でも国産材を使うことに役立てると思います。

将来、家を建てる時に国産材を使うことで、消費量を増やすことができると思います。

私たちが学習した林業の大切さを多くの人に知ってもらいたいと思います。そして、多くの人に林業に興味をもってもらいたいです。

市や県に働きかけて、公共施設を国産材で作ってもらうのがいいかと思います。みんなが使う場所で木を使うことで、「国産の木材っていいな」と思ってもらうと価格も高くなると思います。

私はナショナルトラスト運動に参加できると思いました。家族がトトロのふるさと基金に参加しているので、お年玉をちょっと足してもらえば、子供でも参加できると思います。

単元づくりのポイント

本単元は、森林資源の分布やその働き、森林の育成や保護に従事している人々の工夫や努力などについて学習する単元です。

学習内容を網羅する学習問題を立てようとすると、「森林にはどのような働きがあり、森林は誰がどのように守っているのだろうか」などと長くなり、子供の思考から離れやすくなる傾向があります。

本計画では問題をつくる段階で「森林の働き」について捉えることで、学習問題を保全への取組に焦点化し、子供の思考の流れに沿った学習展開ができるように工夫しました。

国産材の普及を目的とする取組は、東京の「多摩産材」や全国規模の「木づかい運動」など様々なものがあります。子供たちに身近な事例を取り上げることで、「自分たちにできること」を考える際の手がかりとなるようにしたいものです。

一関市ホームページ
https://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/7,7715,126,237,html

森林・林業学習館
https://www.shinrin-ringyou.com/ringyou/shinrin_kanri.php


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号