小4国語「感動を言葉に」指導アイデア

関連タグ

教材名:「感動を言葉に」(光村図書 四年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)エ
言語活動:ウ

執筆/香川県公立小学校教諭・岡根平
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、前・香川県公立小学校校長・川井文代

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、自分の経験したことや想像したことについて詩を創作し、それを、さらによりよい表現で伝えようとする推敲の力を育てることがねらいです。推敲する際には、書く目的に照らして、詩の構成や書き表し方が適切なものとなっているかを確かめる力を付けることが大切です。

そのためには、詩のさまざまな表現技法や、構成の工夫の効果について学び、自分の思いを伝えるためのよりよい表現や構成の工夫などを獲得していくことが効果的です。

そこで、これまでに学習した詩を想起させ、そこに使われている表現技法やその効果について考えていくことで、自分の思いを伝えるためにどんな表現や構成などが適切かを考える力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元では、「自分の感じたことを、ぴったりの言葉や表現で詩に表そう」という言語活動を設定します。「ぴったり」という目的を意識しながら、さまざまな表現技法やその効果を習得・活用することで、伝えたいことをよりよい表現に書き直そうとする力が育成できます。

そのために、今までに習った詩を想起し、そこに使われている表現技法や構成の工夫などを比較しながら、改めて詩を捉え直すことで、自分の思いをよりよく伝えるための表現や構成の工夫を学ぶことができます。

また、詩に使われているさまざまなオノマトペや語句にも併せて触れることで、様子や行動、気持ちを表す語彙を増やし、自分の気持ちを表現するのに適切だと思う言葉を比較し、選びながら詩を創作・推敲することができます。

単元の展開(7時間扱い)

主な学習活動

第一次(1~3時)

①既習の詩を読み返し、表現技法や構成の工夫について学ぶ。
→アイデア1 深い学び

【学習課題】自分の感じたことをぴったりの言葉や表現で詩に表す推敲の力を付けよう。

②③自分が詩で表現したい題材をイメージマップで集め、創作する。

第二次(4~6時)

④⑤獲得した表現技法などの効果を考え、詩の推敲のしかたを学ぶ。
→アイデア2 対話的な学び

⑥学習した「詩のコツ」や推敲の観点を基に詩を推敲する。
→アイデア3 主体的な学び

第三次(7時)

⑦創作した詩について、学習した表現技法を観点として互いに感想を交流する。

アイデア1 既習の詩を読み返し、表現や構成の工夫「詩のコツ」について学ぶ

深い学び

単元のはじめに既習の詩のおもしろさを想起し、そこに使われている表現や詩の構成の工夫を「詩のコツ」としてまとめ、学んでいきます。低学年の教材は、さまざまな技法が捉えやすく、工夫やその効果を効果的に学ぶことができます。

詩のおもしろさの多くは、この「詩のコツ」によるものであることに気付くと、自分もいろいろな技法を使って表現しようという意欲が高まります。ノートや掲示などに、この「詩のコツ」を一覧にしてまとめておけば、創作・推敲する際の参考(アイデア3)にもなります。

▼詩のコツ

詩のコツ

アイデア2 獲得した表現技法の効果を考え、推敲の観点をつかむ

対話的な学び

活動①でふり返った詩を使い、表現技法の効果を考えさせることで、自身の詩を推敲する力を育てることができます。アイデア1で獲得した表現技法などを使うことでどんな効果があるのか、詩の印象がどう変わるのか、比較しながら詩を捉え直しましょう。

創作・推敲の際に、ただなんとなく表現技法を使うのではなく、「自分のこんな思いを伝えるために、この言葉を印象付けたい」など、目的に合わせて意図をもって表現技法を活用する力を育成することができます。方法としては、

  1. 表現技法などが使われている場合と、使われていない場合を比較する
  2. ほかにふさわしい言葉はないか当てはめて比較する

などが効果的です。気付いたことを友達と交流することで、表現技法の効果について、多面的に深く考えられます。本単元ですべての表現技法やその効果を押さえていくことは時間的に難しいので、ふだんから詩を授業で扱う際には、その詩で使われている表現技法などの効果について考え、系統立てて積み上げていくことも大切です。

▼授業の展開例「ニンジン」(四年生)

同じ内容を、もっと長い文章で書いてみるとどうなるかな?

例えば「どろだらけのニンジン/あらって/おなべに入れたら/おふろあがりのようだ」と比べてみると、どんな違いがあるかな。

なぜ、お風呂上がりなのかは分かるけど、一文だけだと、「なんだろう」とすごく興味がわくね。

そうだね。ほかにも、僕はどろだらけのニンジンを想像したから、「お風呂に入らなきゃ」という一文でもいいなと思ったよ。これでも「なんだろう」と興味を引くことができるね。

一文だけの詩なんて読む人の興味を引いて、おもしろいね。詩は、構成も自由に工夫できるんだったね。私も空白や改行も自由に使って、表してみよう。

アイデア3 既習事項や言葉の一覧表などを基に推敲する

主体的な学び

実際に自分の詩を推敲していく際には、これまでに学んできた「詩のコツ」や推敲の観点を想起させることが、主体的に学びを進める支援になります。推敲することでよりよい表現になったことを実感させるために、推敲前後の詩を比べさせることも効果的です。

観点① 第一次の「詩のコツ」を見返し、別の表現技法を試してみる

第一次で学習した「詩のコツ」を見返し、それぞれの工夫を比較することで、よりよい表現を主体的に選ぶことができます。

▼工夫の比較

工夫の比較

「擬人法」を使うと、自分のイメージに近付けることができたよ。

いろいろな工夫を使ってみると、詩が自分のイメージにどんどん近付いていってうれしいな。友達はどんな詩を書いたのかも読んでみたいな。

観点② 擬態語辞典など、言葉の一覧を基にさまざまな言葉での表現を試してみる

表現技法を工夫するだけでなく、詩に使う言葉を推敲することも大切です。そのためには、国語辞典だけではなく「擬声語・擬態語辞典」「日本語オノマトペ辞典」などを活用し、さまざまな言葉の一覧を示すことも効果的です。自分の思いを伝えるのによりよい言葉を主体的に選ぶことができ、語彙も豊かになります。

▼擬態語一覧表(例)

擬態語一覧表(例)

自分の思い出深い一日を表す擬態語をこの中から選び、順に並べてみよう。

▼一覧表を使った支援の例

一覧表を使った支援の例

ほんとだ! これだけで私も詩がつくれたよ! もっといい言葉はないかな。

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号