小6社会「政治の働き・地域の活性化」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校主幹教諭・渡部健
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

小6社会「政治の働き・地域の活性化」指導アイデア
写真AC

目標

政策の内容や計画から実施までの過程、法令や予算との関わりなどに着目して、国や地方公共団体の政治の取組を捉え、国民生活における政治の働きを考え、表現することを通して、国や地方公共団体の政治は、国民主権の考え方の下、国民生活の安定と向上を図る大切な働きをしていることを理解できるようにする。

学習の流れ (9時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○資料から日本の人口が減少していることに気付き、それらがどんな問題を引き起こすか考える。
○人口の減少をとめるために、どんな対応策があるかについて調べるために学習問題をつくり、予想を基に学習計画を立てる。

〈学習問題〉
人口の減少などの問題の解決のために、だれがどのように取り組んでいるのだろう。

下矢印

追究する(5時間)

○国の働きについて調べる。
○県の働きについて調べる。
○市の働きについて調べる。
○租税の役割について調べる。
○市民ワークショップなど市民の政治参加について調べる。

下矢印

まとめる(2時間)

○調べたことを、住民・市区町村、県・国の相関図にまとめる。
○学習問題の結論について考え、話し合う。

導入の工夫

グラフや写真資料などから人口の減少やそれに伴う産業の衰退などに気づくように促し、地域の対応策を予想できるようにします。

1時間目

上のグラフは、未来の日本の人口を予測したものです。どんなことが分かりますか?

日本の人口はどんどん減っていってるね。

15~59歳の部分が、一番減りが大きいよ。

この市は、人口が減少してきています。この市ではどんな問題が起きると思いますか。写真をもとに考えてみましょう。

人がいないから、お客さんがいなくて、物が売れないんじゃないかな?

人がいないと、そもそも物も作れないんじゃないかな?

どんどん人が減って、住めなくなっていく場所も出てくるのではないかしら?

シャッターが閉まっている商店街・廃校になった学校

※2時間目には、人口が減っている地域では問題にどのように取り組んでいるのかを考え、学習問題をつくり、予想を立て、学習計画を立てます。

学習問題
人口の減少などの問題の解決のために、だれがどのように取り組んでいるのだろう。

問題をつくる(1 ・2/9時間)

地域の人口の減少やそれに伴う産業の衰退、雇用の減少などの問題に気付き、それらの問題に対する地域の人々の取組や地方公共団体の政治について、学習問題をつくり、予想をもとに学習計画を立てます。

追究する(8/9時間)

調べた地域の活性化のための取組を、相関図にまとめます。

まとめ方の工夫

これまで調べてわかったことを基に、地域の活性化について住民、市区町村、国・県など、それぞれの立場の相関図にまとめるようにします。

住民・市区町村・国/県の相関図

県や市が中心になって、元気なまちづくりを住民とともに行おうとしているね。

県や市が地域の活性化に取り組めるように国は法律や予算など制度をつくって、取組を支えています。

単元づくりのポイント

本事例では、導入部で資料を基に日本の人口減少を児童が読み取る活動を設定し問題意識を高め、地域の活性化に関心を持てるようにしました。資料提示は、将来人口推計や事例地の実際の人口推移や写真など複数資料から考えられるようにすることが大切です。

「地域の活性化」については、多様な取組があり、国土交通省のHPにおいて、様々な地方振興、地域振興の取組が紹介されています。いずれの事例を取り上げても、個別の事例の学習や地方公共団体の働きにとどまらず、国の政治との関連を十分に踏まえて指導することが大切で、「政治が国民生活の安定と向上を図る大切な働きをしていることを理解」するという目標にまで深められるようにします。そのために例えば、相関図にまとめて、学習したことを関連付け、可視化できるようにすることなどの工夫が考えられます。また、まとめるだけではなく相関図を基に学習問題について話し合うことが大切です。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号