小1算数「なんばんめ」指導アイデア

関連タグ

執筆/神奈川県公立小学校主幹教諭・元田光二
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

1から12までの数字
イラストAC

本時のねらいと評価規準

(本時 2/2時)

ねらい
数を用いると順序や位置を正しく表すことができるよさに気付き、生活場面で活用しようとする。

評価規準
数を用いて、上下、左右にかかわる順序や位置を正確に表すことができる。

もんだい

4つめにいろをぬりましょう

横に並んだ10つの白まる

(はじめは問題文を書かないで図を提示)

4つ目に色を塗ってみましょう。

(縮小して配付された図に色を塗る)

先生は、こんな図になりました。にした子もいました。

ア、イ、ウ、それぞれの解答

先生の図では、だめですか。

先生は4つに色を塗っています。

なんかいいような感じもするけど…だめ。

問題は「4つ目」なので、4つ全部に色を塗ったらだめです。

「~目」が付くときは、1個だけになるから先生のは間違っています。

では、の図はどうですか。

は、似ているけど違います。

4つ目に塗っているのは同じだね。

だから間違ってはいないと思うな。

は、どこが違いますか。

塗ったところが反対になっています。

は前から、は後ろから塗っています。

えっ、前と後ろじゃないと思う。

なんて言えばよいですか。

4つ目は合っているけど…。

それだけでは、ちゃんと分からないな。

学習のねらい

いちをただしくあらわしてつたえることができるかな。

見通し

「前」と「後ろ」みたいな言葉を使えば正しく言えるよ。

「○○から4番目」は合っているから、○○に入る言葉があるはず。

自力解決の様子

A つまずいている子
4つのまとまりに色を塗っていて、4番目との違いが分からない。

B 素朴に解いている子
「前から」のような、基準を表す言葉が分からず、「4番目」と書いている。

C ねらい通りに解いている子
前後以外にも基準となる「右・左」を正しく用いて、言い表している。

学び合いの計画

数を用いる場合には、集まりの要素の個数を表すのに用いる場合(集合数)と、ものの順序・位置を表すのに用いる場合(順序数)とがあります。本時では、はじめに集合数と順序数の違いを理解させることが大切です。その際、図を対比させながら、「前から4つ」や「前から4つ目」がどの図と対応しているのか、何が違うのかなどをはっきりさせます。

次に、色の塗り方の違いを通して順序数に着目させ、 順序や位置を言い表すには、基準を決めることが大切であることを考えさせ、「前から」や 「右から」などの基準を表す言葉を発見していくような探究的な活動となるようにします。

学校生活でも、自分の座席の位置やロッカー、靴箱など、順序・位置を表すことができる場面は多くあります。そのような場面に子供を出合わせることで、算数を生活に生かす態度なども養われていきます。

板書例

板書例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

「前」や「後ろ」を使ったらだめですか。

この場合は、どっちが前か分かりません。

「前から」みたいに使える言葉があればいいよね。

場所を知らせる言葉は、ほかにありませんか。

家で「ご飯は左に置く」ように言われています。左とか右は、場所を知らせているのかな。

そうですね。右や左は位置を表す言葉です。

イの図

の図は「左から4つ目」に塗ったんだね。

じゃ、の●は反対側だから右から4つ目だね。

ただの4つ目じゃなく、「左から」や「右から」を付ければ正しく言えるね。

の●は「左から4つ目」だけど、右からは何番目と言えますか。

右から7番目と言えます。

すごい。2つの言い方があった。

位置を表す言葉は、ほかにありませんか。

「上・下」もそうだと思います。

「前・後ろ」「右・左」「上・下」とたくさんあるんだね。

「4つ」と「4つ目」の違いや、「左から3つ目」の言い方など、たくさん勉強できましたね。では、この図の●の位置はなんと言えばよいですか。

「下から2番目」もしくは「右から3番目」を示す図

下から2番目。

右から3番目とも言えるよ。

ほかの言い方もあるよ。

本時のまとめ

  • 「4つ」と「4つめ」は、いみがちがう(「め」がつくのかきをつける)。
  • いちをただしくつたえるときは、「みぎから」や「うえから」などをつける。

評価問題

●はなんばんめですか。いろいろないいかたをしましょう。

「上から2ばんめ 」「下から3ばんめ 」「左から2ばんめ」 「右から3ばんめ 」を示す図

子供に期待する解答の具体例

  • 上から2ばんめ
  • 下から3ばんめ
  • 左から2ばんめ
  • 右から3ばんめ

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

一つだけの表し方だけでなく、基準となる言葉を自分で選んで、「右から3番目」のように正しく位置を表すことができる。複数の表し方ができる。

感想例

  • ばしょのいいかたがたくさんあっておどろきました。
  • じぶんのロッカーのばしょを「ひだりから4ばんめ」や「うえから2ばんめ」でつたえることができたよ。
  • 「め」がつくかつかないかで、いみがちがうからきをつけたい。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号