YouTubeに学ぶ!新時代の授業術④テロップ効果編

関連タグ

千葉県公立小学校教諭

髙橋朋彦

最近Youtubeを見る機会が増えていませんか?それは子供たちも同じです。だからこそ、学校の授業にもYouTubeから学び活かせることがたくさんあります。教育技術本誌でもおなじみのトモ先生こと髙橋朋彦先生が、YouTube時代の子供たちに合わせた授業術をシリーズで紹介しています。今回は「テロップ(視覚情報)」の工夫についてです!

視覚情報で訴える「テロップ」

前回に引き続き、YouTubeから学んだ「子供を引き付けるちょっとした工夫」について共有していきたいと思います。

今回は、「視覚情報でも訴える」です。

視覚情報にも訴える

YouTubeにはテロップがありますよね!?

YouTubeにはテロップがある!

これが、視覚と聴覚の両方に訴えられて子供の理解につながるのでは、と思っています。

例えば⋯

(音声+テロップの効果を動画でぜひご覧ください!)

三角形の面積を求める公式
「底辺×高さ÷2」

こうすると、視覚と聴覚の両方に訴えるのでわかりやすいですよね!

視覚と聴覚、両方に訴えるのでわかりやすい

とは言っても、教師の話にテロップを入れるのって不可能ですよね!?

なので、テロップがなくてもできる簡単な方法を3つのステップで紹介します!

1. 画用紙の短冊を用意しておく

1つ目のステップは、「画用紙の短冊を用意しておく」です。

①画用紙の短冊を用意する

まず、画用紙を切って教室に置いておきます。

切って教室に置いておく

これで、いつでもこの画用紙を使える状態にしておきます。

いつでも画用紙が使えるようにしておく

2. 覚えてほしいことや、してほしいことを書く

2つ目のステップは、「覚えてほしいことや、してほしいことを書く」です。

②覚えてほしいことやしてほしいことを書く

こちらは、あらかじめ用意しておいてもよいですし、「ちょっと待ってね」と言って、あえて子供の前で書く、というのもよいと思います。

あらかじめ書いてもよい or 子供の前で書いてもよい

3. 話しているときに使う

3つ目のステップは、「話しているときに使う」です。

③話しているときに使う

こちらは、前回ご紹介した教師の「効果音」と併せて使ってもよいと思います。

教師の効果音と併せて使ってもよい

例えばですが⋯

「それではみなさん、三角形の面積を求める公式です。」と言って⋯

「三角形の面積を求める公式です」

「(効果音)⋯バッ!! 底辺×高さ÷2」

(動画で見てみてください!)

底辺×高さ÷2/画用紙で見せる

どうですか!? 視覚と聴覚の両方に効きますよね。

視覚情報と聴覚情報 両方に反応

他にも、たとえば⋯

「それではみなさん、三角形の面積を求める公式です。」と言ってから、一瞬だけ画用紙に書いた公式を見せて隠します。

(ササッ!)

画用紙を一瞬だけ見せる

そして⋯

「何て書いてあった!?」

「なんて書いてあった?」

このようにクイズ形式にするのも効果的ですよね!

その後に、この公式を書いた画用紙を黒板に貼っておき、常に振り返られる状況を作ってもよいですね。

振り返られるようにしておく

聴覚・視覚の両方に訴えると効果的!

今回は、聴覚情報だけでなく、視覚情報も使って訴えるのはとても効果的だな、と思っていたので、みなさんと共有させていただきました。

聴覚情報だけでなく視覚情報にも訴える

それでは、みなさんの学級が素敵な一年になることを願っています!

髙橋先生「バイバイ!」

バイバイ!



【関連記事】トモ先生の前回の記事もチェック!⇒YouTubeに学ぶ!新時代の授業術③効果音編


髙橋朋彦先生
撮影/田中麻衣

髙橋朋彦●1983年千葉県生まれ。第55回わたしの教育記録特別賞を受賞。教育サークル「スイッチオン」「バラスーシ研究会」に所属。共著に『授業の腕をあげるちょこっとスキル』『学級づくりに自信がもてるちょこっとスキル』(共に、明治図書出版)がある。算数と学級経営を中心に研究中。
Twitterアカウントは @tomotomoteacher  https://twitter.com/tomotomoteacher
トモ先生のインスタ https://www.instagram.com/tomotomotea/
トモ先生のnote https://note.com/tomotomo777

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号