• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

小5体育「ボール運動(ゴール型)」指導のポイント

2020/5/22

執筆/新潟県公立小学校教諭・ 熊野昌彦
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・ 高田彬成 、新潟県公立小学校校長・長谷川智

小5体育「ボール運動(ゴール型)」指導のポイント

授業づくりのポイント

ゴール型のボール運動は、ボールを扱う「ボール操作」と、得点しやすい場所を見付けたり、その場所に動いたりする「ボールを持たないときの動き」が、複雑に組み合わさっている難しい運動です。しかし、ハンドボールは、ボール操作やシュートが比較的簡単なので、「ボールを持たないときの動き」を身に付けやすい教材です。さらに、子供たちが大好きなシュートを存分に味わいやすく、夢中になって動く姿も期待できます。

また、子供たちが「チームとしてよい状況で、シュートを打ちたい」という願いをもつことで、シュートにつなげるためのパスや、ボールを持たないときの動きの課題意識につながります。

単元計画(例)

単元計画の例
クリックすると別ウィンドウで開きます

※1~3時間目は、シュートゲームでシュート場面中心に、4~7時間目は、ハーフコートのゲームで攻防を楽しむことを想定しています。

楽しもう① シュートゲームを楽しもう

360°シュートを打てる場で、得点しやすい場所がわかり、すぐにシュートをすることができるようにするゲームです。ポートボール台などにコーンを置き、シュートして倒せば1点です。

攻めと守りが分かれているゲームなので、どう動いたらよいかわからない子供でも、余裕をもって判断する機会を確保することができます。シュートするときには、まずゴールを見て、守りが重なっていなければ、すぐシュートを打つ判断ができるとよいでしょう。

シュートをしてみよう

【壁にシュート】

壁にシュート

ねらった場所へ、強く投げられたかな?
つま先を、目標に向けよう!


【パス受け+シュート!】

パス受け+シュート!

パスをもらったら、すぐにシュートできたかな?
キャッチからシュートへの動きを、スムーズにしよう!


【パス出し+受け+シュート!】

パス出し+受け+シュート!

どこにパスを出すと、シューターが打ちやすいかな?
シューターの少し前に、パスを出そう!

シュートゲームを楽しもう

守りはパスカットのみ。相手が持っているボールには触らないルールを確認しておくと、安全に行うことができます。

はじめは守りなしで、一人1個ボールを持って攻めます

はじめは守りなしで、一人、1個ボールを持って攻めます。30秒間で何点取れるか、対戦します。
その後、守りをつけて行うようにすると、苦手な子も、安心して参加できます。その後、4対2、4対3と変えながら、攻め有利のゲームをするとよいでしょう。

シュートゲームルール。エリア内も入れない。バスケットコート半面。ドリブルなし。4対3(守備側は一人見学)。3歩まで歩いてよい

【パスを受けたらすぐにシュート】

パスを受けたらすぐにシュート

パスをもらったら、どこを見るのかな?

まず、ゴールを見るんだよね。

【フリーの味方へすぐにパス】

フリーの味方へすぐにパス

守りがいてシュートができないときは、どうする?

ダメなときは、パスだ!

シュートゲームでは、
①パスを受けたら、すぐシュート
②シュートができないなら、パス
これらができる姿を目指します。

楽しもう② ハンドボールを楽しもう

シュートゲームで身に付けたシュート場面での動き方を活用して、ゲームを行います。ただゲームに取り組むだけでなく、一人ひとりがシュートできるようになっているか、チームで役割を決めた攻め方ができているかを、教師が把握する必要があります。

うまくいかないチームには、教師から役割を提示して選択できるようにしたり、他チームの手本となる動きを見せたりするとよいでしょう。役割分担してゲームをする中で、チームとして成長することを支援していきます。

「ハンドボール」をしよう

※このルールはあくまでも例ですので、学級や子供の実態に応じて改良してください。シュートは、ハーフラインを越えてから打つルールにするとよいでしょう。

バスケットコートを利用して、壁をゴールにするとすぐにゲームができます。ドリブルなしにすることで、ゲームを複雑にする要素が減り、得点しやすい場所を見付けやすくなったり、考えやすくなったりします。

4対4のゲームですが、一人はハーフコートで攻めのみの参加(守りに参加できない)ルールにすることで、実質4対3の攻め側が有利になり、学びやすくなります。

ゲームの中で、目指す動き(得点しやすい場所へ動く、待ちぶせや走り込み)が見られたら、その場でほめたり、ゲーム後に紹介して価値付けたりすることで、動きが全体に広がっていきます。

ハンドボールルール。バスケットコート。フリースローライン内GKのみ。ドリブルなし。シュートはハーフラインを越えてから打つ。3歩まで歩いてよい。4対4(GKあり)。一人は攻撃のみの参加、守備には参加できない。1ゲーム5~6分。

【待ちぶせでシュート!】

「ここでもらえればシュートできる!」「味方が待ちぶせ!」

ゴール前で、「待ちぶせ」するチームがあったね!


【走り込んでシュート!】

「ゴール前で、パスをもらおう」「味方の走り込みに合わせて、パスだ!」

ゴール前に「走り込み」するチームがいたね!

どうしたらシュートを打ちやすいか、ゲームを止めて考えよう

【得点を取りやすい場所】

得点を取りやすい場所

ストップ!
どこが「得点しやすい場所」かな?


「私は左から攻めるよ」「ぼくは、右にいよう」「どこにいるかの役割を決めておくと、攻めやすいなあ」

ストップ!
どこにいるか、役割はできている?

  • 途中でゲームを止めて発問することで、状況がわかったり、大切な動きに気付かせることができます。
  • ハンドボールでは「チームで役割を決めて攻める」が、できる姿を目指します。

イラスト/みながわこう、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年6月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小3算数「表とぼうグラフ」 指導アイデア

小3算数「表とぼうグラフ」 指導アイデアです。数値の大きい項目を棒グラフに表す場合について、1目盛りの数を変えたグラフを見比べ検討する活動を通してそれぞれの…

小6国語「本は友達」指導アイデア

小6国語「本は友達」の指導計画です。これまでに国語の学習を通して読んできた文章とは異なるジャンルの本を多読し、お気に入りを見つけ、紹介し合う言語活動を通して、読…

3観点の趣旨を共通理解し、子どもの学習改善につながる評価を

新学習指導要領の下で、学習評価はどう変わるのでしょうか。基本的な考え方や具体的な改善の方向性について、中央教育審議会の評価に関する議論に主査として関わった東京大…

2020/5/26

小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア

小4社会「ごみの処理と再利用」の指導アイデアです。ごみを処理する事業について、処理の仕組みや再利用について調べ、その事業が果たす役割を考えていきます。ごみを処理…

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデア

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデアです。四角形を分類する活動を通して、台形と平行四辺形の意味を理解します。

カリスマ教師ぬまっちが休校中にしていること、子供に出した課題とは?

新型コロナウイルスの影響で休校が長引いている学校が多い中、子供たちの学びを止めないために、試行錯誤を重ねている学校も多いと思います。
子供の自主性を伸ばす教育…

小6理科「植物の養分と水の通り道」指導アイデア

生活経験を基に、植物の体のつくりと働きについて問題を見いだし、既習の知識と関連づけながら、自然の事物・現象について理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付…

音読指導どうする?ウィズコロナの国語授業のつくり方

新型コロナ対策で、音読や交流活動に制限がある中、国語の授業をどのようにつくるべきか? 長年音読活動を重視して教育を行ってきた佐藤隆史先生が、このコロナ禍の中でで…

オンライン授業で現場教師が直面する5つの課題

多くの自治体で小学校の長期休校が続く中、今年度初めてオンライン授業導入に踏み切ったという京都教育大学附属桃山小学校。校内でプロジェクトを先導してきた二人の先生に…

小5社会「稲作の盛んな地域」指導アイデア

小5社会「稲作の盛んな地域」の指導アイデアです。生産量の変化、生産工程、人々の協力関係、技術の向上、稲作に関わる人々の工夫や努力を調べてまとめ、国民の食料を確保…

もっと見る