小6社会「天皇中心の国づくり」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・清水隆志
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都公立小学校校長・杉渕尚

小6社会「天皇中心の国づくり」指導アイデア
イラスト/栗原清

目標

大陸文化の摂取、大化の改新、大仏造営などの歴史的事象について、世の中の様子、人物の働きや代表的な文化遺産などに着目して、遺跡や文化財、地図や年表などの資料で調べまとめて、天皇を中心とした政治が確立されたことを理解する。

問題をつくる
大仏の大きさを実感し、造られた背景について関心をもつ。(1・2/6)

導入の工夫

大仏の大きさを実感することで、造った人物や目的、ここまで大きなものを造ることができた背景などについて関心を高め、この時代の政治体制について追究する意欲をもてるようにする。

(大仏の画像等を見せ)これは何か、知っていますか。

あっ、奈良の大仏だ。

大仏の高さは、校舎より高い。○か×か。

校舎って、かなり高いよね。×かな。

大仏の手のひらに、六年生が10人乗れる。○か×か。

えっ、どうだろう?

実際に、校庭に大仏の実物大の手のひらを描き、何人乗れるか試してみましょう。

実際に、校庭に大仏の実物大の手のひらを描き、何人乗れるか試してみている様子
〈東大寺の大仏の実際の大きさ〉
手のひらの長さ約250㎝ 顔の長さ533㎝ 顔の幅320㎝ 目の長さ201㎝ 耳の長さ約250㎝

手のひらだけで、こんなに乗れるんだ。大きいね。

こんなに大きいものを、どうやって造ったのだろう。

誰が、何のために造ったのだろう。

前に学習した古墳も大きかったですね。古墳は、誰が何のために造りましたか。

王や豪族が、自分の大きな力を示すために造りました。

大仏は、どうなのでしょうか。大仏が造られた頃の時代について、知りたいことや調べてみたいこと、疑問に思うことなどを書きましょう。

【第2時】

  • 子供たちから出た疑問を基に、クラスで学習問題を設定する。
  • 年表などの資料を基に、学習問題に対する予想を立てる。
  • 子供たちの予想を基に、学習計画を立てる。

学習問題
大仏が造られたころの時代は、どのような国づくりが進められていたのだろう。

学習の流れ(6時間扱い)

問題をつくる(2時間)

◯大仏の大きさを実感し、当時の政治体制などについて疑問を出し合う。
◯学習問題を立て、年表などを見て予想し、学習計画を立てる。

追究する(3時間)

◯聖徳太子による大陸文化の摂取や、政治の仕組みなどについて調べる。
◯大化の改新による、天皇中心の国づくりについて調べる。
◯聖武天皇による、大仏造営の様子について調べる。

[学習問題]
大仏が造られたころの時代は、どのような国づくりが進められていたのだろう。

まとめる(1時間)

◯追究段階でまとめてきた絵年表を基に、学習問題に対する自分の考えを書き、意見を交流する。

まとめる
調べたことを絵年表にまとめ、学習問題に対する考えを書く(6/6)

まとめ方の工夫

  • 追究段階(3・4・5時)で、毎時間調べたことを絵年表にまとめ、この時代の歴史の展開について視覚的に捉えられるようにする。
  • 年表を基に、時代背景や活躍した人物の果たした役割、この時代の国づくりの特徴などについて考えをまとめ、友達と考えを交流し、考えを深められるようにする。
  • 交流を通して追記したり考え直したりする時間を設け、自分の考えをより確かなものにできるようにする。
絵年表
クリックすると別画面で大きく開きます

まとめの例

この時代は、貴族の反乱があったり病気がはやったりして、国が安定しなかった。なので、大陸の文化を学んだりまねしたり仏教の力を借りたりしながら、天皇中心の国の体制が安定するようにした。

まとめは絵年表にまとめるだけで終わらせず、絵年表を基に考えを書いたり説明したりすることが大切です。

単元づくりのポイント

大仏の大きさから子供たちの興味・関心を高めつつ、「大仏の造り方」だけではなく、「なぜこんなに大きなものを造ることができたのか」(当時の政治体制)に関心を広げ、単元を通した学習問題を立てられるかが大きなポイントとなります。既習事項である古墳を造った目的を想起させるなどして、子供たちの視点を広げることに留意しましょう。


イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号