• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

「PISA2018」結果分析~子どもの読解力を育むために学校は何をすべきか

2020/4/4

2019年12月、2018年に実施したPISA(ピザ)調査の結果が公表されました。それによると、日本の読解力は前回よりも平均得点も順位も低下しています。この結果をどう受けとめ、学校は何をするべきなのかを考えてみることにします。

カタツムリ
撮影/金川秀人

学校は「測定する3つの能力」の確認を

PISA( Programme for International Student Assessment) は、OECD(経済協力開発機構)の加盟国を中心に、義務教育終了段階の15歳児を対象に実施される国際的な学習到達度に関する調査です。調査は読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野について実施されます。実施年によって3分野のうちの1分野を、順番に中心分野として重点的に調査を行っており、2018年の調査では、読解力が中心分野とされました。

2018年の調査には、79か国・地域から約60万人が参加し、日本では全国の高等学校等の1年生のうち、抽出により183校、約6100人が参加しました。

日本の子どもの結果を見てみると、79か国・地域の中で、数学的リテラシーは6位(前回5位)、科学的リテラシーは5位(前回2位)、読解力は15位(前回8位)です。数学的リテラシー、科学的リテラシーについては、「安定的に世界トップレベルを維持している」とOECDは分析しています。問題は読解力です。OECD平均よりも高得点のグループに位置していますが、前回よりも平均得点・順位が低下しました。この結果を受け、新聞やテレビ等では「日本の子どもの読解力が低下した」と報じられましたが、「読解力とは何か」があいまいなまま、論じられている印象を受けます。

 PISA2018 読解力の国際比較(平均得点)

PISA2018 読解力の国際比較
出典:文部科学省・国立教育政策研究所「OECD 生徒の学習到達度調査(PISA)~2018年調査国際結果の要約~

PISA調査で読解力として測定しているのは、次の3つの能力です。

●測定する能力

①情報を探し出す

・テキスト中の情報にアクセスし、取り出す
・関連するテキストを探索し、選び出す

②理解する

・字句の意味を理解する
・統合し、推論を創出する

③評価し、熟考する

・質と信ぴょう性を評価する
・内容と形式について熟考する
・矛盾を見つけて対処する

〈文部科学省・国立教育政策研究所:「OECD 生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント」より〉

これらの3つの能力の平均得点について、読解力が中心分野であった2000年、2009年の結果も踏まえて、国立教育政策研究所は次のように分析しています。

・「①情報を探し出す」能力については、2009年調査結果と比較すると、平均得点が低下。

・「②理解する」能力についてはその平均得点が安定的に高い。

・「③評価し、熟考する」能力については、2009年調査結果と比較すると、平均得点が低下。特に、2018年調査から、「質と信ぴょう性を評価する」「矛盾を見つけて対処する」が定義に追加され、これらを問う問題の正答率が低かったようです。

習熟度レベル1以下が増加

PISA調査では、調査分野ごとに習熟度を一定の範囲で区切り、子どもたちを習熟度レベルに分けています。習熟度レベルは、高いほど高得点であり、その分野の能力を十分に身に付けていることを示します。下のグラフを見るとわかるように、日本の子どもの読解力を習熟度別に見ると、習熟度レベル1以下の低得点層が増加しています。他の2分野、数学的リテラシー、科学的リテラシーと比べても、読解力は低得点層が多いのです。現状を放置すれば、この傾向はますます進行していくと思われます。

 日本の習熟度レベル別の生徒の割合(経年変化)(読解力)

日本の習熟度レベル別の生徒の割合
出典:文部科学省・国立教育政策研究所「OECD 生徒の学習到達度調査(PISA)~2018年調査国際結果の要約~

「PISA調査で測定する能力=将来、社会で求められている能力」であると認識し、今後、国としてこの調査結果を重視していくのであれば、前述の①と③の能力の育成を意識した指導など、何らかの対応をしていく必要があるのではないでしょうか。

取材・文/林 孝美

『総合教育技術』2020年3月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『先生の教養』の記事一覧

海外コロナ休校下の家庭学習事情:トルコでは…

新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、世界の教育を揺るがしています。日本では自宅学習用課題の作成、オンライン授業など、学校は子どもたちの学力保障に苦心してい…

みんなの教育技術オンライン学習会「ポスト・コロナ・クライシスの学級づくり」開催決定!

「みんなの教育技術」は、いま最も注目度の高い若手女性実践者である樋口綾香先生と小倉美佐枝先生をパネリストとして招き、お二方の対談から今後の学級づくりのヒントを学…

2020/5/27

3観点の趣旨を共通理解し、子どもの学習改善につながる評価を

新学習指導要領の下で、学習評価はどう変わるのでしょうか。基本的な考え方や具体的な改善の方向性について、中央教育審議会の評価に関する議論に主査として関わった東京大…

2020/5/26

フリースクール【教育用語】

教育分野で度々耳にするようになった新しい用語を、深く掘り下げて解説します。今回は「フリースクール」を取りあげます。

2020/5/18

新採4月休校中、どう教職を行う?【令和2年度新任教師のリアル】

これは、2020年4月に小学校の教師の道を歩き始めた、小学校教諭・優花と美咲(仮名)の対談連載です。ともに1997年生まれ、学生時代から仲がいい彼女たちは大学を…

2020/5/15

2019年11月学級イラストダウロード
学級通信に!教室掲示に!学級イラストダウンロード 教育技術小五小六6月号読者限定

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

カリキュラム・マネジメント【教育用語】

学校の運営といえば、施設設備の管理や教職員の監督などがイメージされがちです。はたしてそれで十分でしょうか。教育活動の質を常に高める努力を続けることが、これからの…

2020/5/11

「子どものコロナづかれを解消!」教育カウンセラーが教える家庭でできる心ほぐしゲーム

新型コロナウィルスの感染拡大の影響は、社会全体の大きな問題として様々なところに表れていますが、突然年度末を迎えてしまったまま緊急事態宣言が出されてしまい、学校も…

あの教師がおすすめするGW中に読みたい本と見たい映画9選

外出できない今年のゴールデンウィーク。新型コロナウィルス情報をチェックしながらただただ時間が過ぎるのを待つか、家の中でできる何かを探して有意義にすごすか。それは…

5・6年生【心・生活編】
保護者会で使える!5・6年生の心と体最新データ2020【心・生活編】

「今どきの5・6年生」を紐解くデータを集めました! 第2回目は、2020年度版の最新データをもとに、毎日の生活、気になるスマートフォン事情など、『心と生活の変化…

もっと見る