小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」指導アイデア  バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム②(ボールゲーム)」の単元を扱います。

執筆/国立大学附属小学校教諭・渡辺佳幸
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   北海道教育大学教職大学院特任教授・大牧眞一

単元名

ワクワク!ドキドキ!的当てゲーム!

年間計画表 

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」指導アイデア  年間計画表

単元目標

●知識及び技能
的当てゲームの行い方を知るとともに、簡単なボール操作と攻めや守りの動きによって、易しいゲームをして遊ぶことができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
簡単な規則を工夫したり、攻め方を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
的当てゲームに進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

ボールゲームは、簡単なボール操作と攻めや守りの動きなどのボールを持たないときの動きによって易しいゲームをして遊ぶ楽しさに触れることができる運動遊びです。

本単元の前半では、どの子供も楽しく遊べるように、ボールの種類、ねらう的の種類や的の位置、得点の仕方など、自己に適した遊び方や規則を工夫することができるようにします。

単元の後半は攻めと守りが分かれたゲームとし、守りをかわして的をねらうなど、攻め方を選んでゲームをすることができるようにします。

指導に当たっては、規則を守り誰とでも仲よく運動遊びをしたり、場の安全に気を付けたりすることができるようにするとともに、ボールを扱うことが苦手な子供には、柔らかいボールや空気を少し抜いたボールを用いるなどの配慮をします。

また、どの子供も勝ったり負けたりする機会があるようにチームを編成したり、規則や攻め方を工夫する活動を取り入れたりするなどの配慮をします。

 

動画① 「小学校低学年~11 ボール投げゲーム」文部科学省

単元計画(例)

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」指導アイデア 単元計画

楽しもう

簡単な規則を工夫して、的当てゲームに挑戦しよう

単元の前半(1~4時間目)は、的当てゲームの行い方を知り、簡単な規則を選んでゲームをします。

1・2時間目には、ゲームにつながる運動遊びと、的当てゲームを行います。イラストや図、動画などを用いて、行い方や規則を分かりやすく示すと効果的です。

的当てゲームでは、1人1球のボールを持ち、的をねらって思い切り投げます。

3・4時間目は、ボールやねらう的の種類、的の位置、得点の仕方などの規則を一人一人が選んで取り組むことができるようにします。

また、単元を通して、ボールキャッチやバウンドキャッチ、的当て遊びなどゲームにつながる運動遊びを十分に行うことで、投げる、捕るなどの簡単なボール操作を身に付けられるようにします。

すべての子供がいろいろな投げ方や捕り方をする運動遊びをたっぷりと楽しむことができるように、柔らかいボールや空気を少し抜いたボールも選べるようにするなど配慮をすることが大切です。

  


【ゲームにつながる運動遊びの例】

簡単なボール操作による運動遊び

・ボールキャッチ 
ボールを真上に投げてキャッチします。ボールを投げた後、いろいろな動作を入れてキャッチします。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

キャッチする場所の目標を決め、ボールを投げてキャッチします。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

・バウンドキャッチ             
ボールをつきます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

・パスキャッチ
キャッチできる距離で、相手が捕りやすいパスをします。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

  

的当て遊び

●ビュンビュンゾーン(思い切り強く投げる場)

・壁当て(怪物退治)             
壁に貼った大きな絵やカードに向かってボールを投げます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

・的当て(鬼退治)
積まれた段ボールに向かってボールを投げます。段ボールを崩すと得点になります。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

●シュッとゾーン(ねらって投げる場)

・射的(三角コーン当て)
当てることができる距離を選んで、的に向かってボールを投げます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

・射的(ペットボトル当て)
平均台などの上に置かれた的(ペットボトル)をねらって投げます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

・射的(札当て)
肋木に貼られた番号札をねらって、投げます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 


【教師の言葉がけの例】
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 


【的当てゲームの行い方の例】

●コート図

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

・6m×4mの四角コート。
・内側の四角に段ボールの的を2つ重ねて置く。
・段ボールの的は3か所設置する。
・攻めは外側の線から投げる。
・的の位置は、内側の四角のどの場所に置いてもよい。(的の位置を選ぶ活動時)
※子供の実態に応じて、コートの広さや的の大きさ、数などを設定します。

●主な規則

・1チーム3人を基本とし、1人1球のボールを持つ。
・1試合は3分。
・攻めのみで行う。
・対戦相手のチームが得点を記録する(得点を記録するとともに、相手チームのよい動きを見付ける)。
・的に当たったら1点。的を倒したら3点。的を倒したら、倒した人が元に戻す。終了時に、たくさん得点したほうの勝ち。
・的から外れて遠くに転がったボールは自分で拾いに行く。

 


【的当てゲームの規則の工夫の仕方の例】

●ボールの種類を選ぶ

大きさや柔らかさの異なるボールから、ねらう的に当てやすいボールを選びます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

ソフトスポンジボール(押しても形が戻るボール)

新聞紙ボール(軽くて、子供に合わせて大きさを決めることができる)

キャンディボール(柔らかくて、当たっても痛くないボール)

ソフトドッジボール(柔らかくて、軽く、掴みやすいボール)

●ねらう的を選ぶ

大きさや重さ、形の異なる的から、ワクワクしながら挑戦できるような的を選びます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

段ボール(大)

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

段ボール(小)

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

三角コーン

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

●的の位置を決める

コートの中で、自分が狙ってみたい位置に的を置きます。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

 

●得点の仕方を工夫する

投げる回数に合わせて得点を決めるなど、得点の仕方を工夫します。

小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト
小1体育「ゲーム②(ボールゲーム)」 イラスト

もっと楽しもう

攻め方を選んで、的当てゲームに挑戦しよう

単元の後半(5~8時間目)は、的の前に守りがいる規則に変更し、たくさん得点するために攻め方を選んでゲームをします。

6・7時間目は、教師が攻め方を絵図などや実際に動いて示して、子供が攻め方を選択してゲームをすることができるようにします。提示する攻め方は、実際にゲームのなかで見られた子供のよい動きや、子供が見付けた友達のよい動きをモデルにすると効果的です。

ゲーム後には、ふり返りの活動を設定し、友達のよい動きを見付けたり、守りをかわして的をねらう方法など、攻め方について考えたりしたことを教師や友達に伝えることができるようにします。

その際、教師は子供がコート内で体を動かして伝えたり、真似しながら聞いたりすることができるように支援します。

また、攻め方を選ぶことが苦手な子供には、友達が選んだ攻め方を試したり、チームのみんなができる攻め方を相談して決めたりするなどの配慮をします。必要に応じて子供が攻め方を選び直したり、動き方を確認したりして、ゲームで何度も試すことができるようにすることが大切です。

ゲームに出ていない子供は、得点係をします。また、紅白玉などを活用して分かりやすく得点を付けるなど、勝敗が明確に分かるようにして、子供が勝敗を受け入れることができるよう指導することにも留意します。

※指導のポイントや運動例などは、以下の資料も参考になります。
・幼児期の運動(スポーツ庁)
・小学校体育指導の手引(スポーツ庁)
・ゲームについて~鬼遊び 小学校体育(運動領域)まるわかりハンドブック(文部科学省)

 

イラスト/みながわこう

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました