• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【体育】授業&活動ネタ特盛りコレクション

2019/10/10

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年生と2年生向けの体育の授業ネタをご紹介します。明日から早速ご活用ください。

執筆/千葉県公立小学校教諭・飯村友和

飯村友和先生
飯村友和先生

ネタ1 ワニ鬼(手つなぎわたり鬼)

川の岸から岸をワニ(鬼)に捕まらないように渡りきる鬼ごっこです。最後までワニに捕まらなかった人の勝ちです。

ワニは、タッチして捕まえた人間を食べると体が大きくなるという設定で、捕まえた子と二人で手をつないで追いかけます。手をつないでいるワニが4人になったら、子どもを産んだということで、二人と二人に分かれます。ワニになった子も、手をつないで追いかけるという不自由さを楽しめます。場所は体育館でも、校庭でもできます。

ワニ鬼
教師の合図で反対岸へ進む

やり方
① ワニを決める
ワニは、みんなを追いかけてタッチします。捕まった子はワニと手をつなぎます。
② ゲーム開始
子どもたちは、教師の合図で反対の岸を目指します。捕まらなかった子全員が岸を出て反対の岸まで行き着いたら、教師は再び合図をします。子どもたちはまた岸を出て反対の岸を目指します。それを繰り返し、最後の一人になったらゲーム終了となります。

ネタ2 階段式ドッジボール

ドッジボールは子どもたちに人気の遊びです。しかし、ボールを投げる子はある程度決まっていて、多くの子が逃げるだけで終わってしまいがちです。一部の子にはボールを投げる機会がたくさんあるので、投げる力がつくのですが、それ以外の子には力がつきません。休み時間の遊びとしてはよいのですが、そのまま体育の授業で行うには向いていません。

この階段式ドッジボールなら、全員がボールを何回も何回も投げることができます。階段式ドッジボールは、二人でチームをつくって、二人対二人で対戦します。

階段式ドッジボール
←勝ったチームは大きいコートへ 
 負けたチームは小さいコートへ→

攻撃チームは、コートの外側から、コートの中にいる守りチームにボールを当てます。守りチームはボールを避けるか、キャッチして当たらないようにします。1分間で攻守を交代します。多くボールを当てたチームの勝ちです。 勝ったチームは、より大きいコートに、負けたチームはより小さいコートに移動します。移動先でまた対戦します。これを繰り返します。

ネタ3 ボール蹴り陣取り

相手の陣地に侵入し、相手のボールを蹴れば勝ちというゲームです。攻めたり、守ったり、またみんなで作戦を立てたり、チームでの協力が大事なゲームです。クラスみんなで楽しむことができます。

ボール蹴り陣取り

やり方
① クラスを赤と白の2チームに分ける。
② 相手にタッチされずに、相手の陣地にあるボールを蹴れば勝ち。ボールの周りには半径1mくらいの円を描き、その中には守りの子は入れない。守る子は円の周りを守る。
③ 相手の陣地でタッチされたら、相手の陣地の奥にある牢屋に入る。
④ 相手の陣地を、牢屋まで捕まらずに走り抜けることができれば、捕まった仲間を一人だけ助けて帰ってくることができる。帰る時はコートの外側を回ってくる。

陣地と陣地の境界線付近ではお互いの手を引っ張り合うことができます。自分の陣地に相手の体を完全に入れることができたら牢屋に入れることができます。ここの引っ張り合いも面白く、子どもたちが夢中になります。

ネタ4 アレンジ氷鬼

氷鬼は、低学年の子どもたちに人気があります。鬼はみんなを追いかけタッチします。タッチされた子は氷になって固まります。つまり、その場で動けなくなるということです。他の逃げている子にタッチしてもらうと、氷が溶けて動けるようになります。全員が氷になったら、鬼の勝ち。制限時間が経過した時点で生き残っている子がいれば、その子の勝ちです。

とても楽しい遊びですが、いつもこればかりでは飽きてしまいます。そこで、ちょっとアレンジし、より楽しいものにします。普通の氷鬼では、氷になった子は、他の逃げている子にタッチしてもらえば、氷が溶けて復活できますが、アレンジバージョンは、復活の仕方にアレンジが加えられています。

アレンジの例
氷馬鬼:馬跳びをしてもらったら復活。
氷股くぐり鬼:股をくぐってもらったら復活。
バナナ鬼
① 捕まったら両手を上げて、頭の上で手のひらを合わせる。
② 助ける子は、「むき」と言いながら片手を下ろしてあげます。バナナの皮が半分むけたイメージ。
③ もう一人別の子が「むき」と言って手を下ろしてあげたら復活。

バナナ鬼
「バナナ鬼」

レンジでチン鬼:逃げている子が2人で、捕まっている子を囲んで「レンジでチーン」と大きな声で言います。電子レンジで解凍されたということで復活です。

レンジでチン鬼
「レンジでチン鬼」

イラスト/みながわこう

『教育技術 小一小二』2019年10月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

心も体もポカポカに!寒い時期の体育「準備運動」の工夫2つ

体育の準備体操は、子どもの心と体をウォーミングアップする重要な活動。少し寒くなってきたこの時期、体育の学習のはじめに「今日の体育は楽しそうだな」「早くやってみた…

2019/12/16

クラス全員がわかる国語の授業をしていますか?
小学1年国語:話す聞く読む書く「4つの格差」を正す授業の工夫

小学校就学前の学習量には個人差があるものの、学校で「教えられていない子」が、「できない子」になるのはおかしいですよね。いますでに格差があるとしたら、どう是正して…

2019/12/14

音楽体育|ミニゲームで授業の空気を変える!

ちょっとしたゲームを取り入れれば、ダレてきた授業の雰囲気を一気に払拭できます! 音楽と体育の授業で使える楽しいミニゲームの紹介です。

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

もっと見る