“男”を選んだ母親に捨てられて<前編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド⑥~

連載
スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド

一般社団法人Center of the Field 代表理事/スクールソーシャルワーカー

野中勝治
スクールソーシャルワーカー日誌
僕は学校の遊撃手
リローデッド

虐待、貧困、毒親、不登校──様々な問題を抱える子供が、今日も学校に通ってきます。スクールソーシャルワーカーとして、福岡県1市4町の小中学校を担当している野中勝治さん。問題を抱える家庭と学校、協力機関をつなぎ、子供にとって最善の方策を模索するエキスパートが見た、“子供たちの現実”を伝えていきます。

Profile
のなか・かつじ。1981年、福岡県生まれ。社会福祉士、精神保健福祉士。高校中退後、大検を経て大学、福岡県立大学大学院へ進学し、臨床心理学、社会福祉学を学ぶ。同県の児童相談所勤務を経て、2008年度からスクールソーシャルワーカーに。現在、同県の1市4町教育委員会から委託を受けている。一般社団法人Center of the Field 代表理事。

学校に相談に訪れた祖母は顔見知りの女性

打ち合わせでA小学校を訪れると、校長室の前で、低学年の男子を連れた女性から深々とお辞儀をされました。

「今の子、何かあったん?」

「母親が1年生の真人君を捨ててどこかに出て行きよったけ、祖母が今後のことで相談に来たんです」と校長先生。話を聞き、スクールソーシャルワーカーがかかわる必要性を感じた私は、後日あらためて祖母に学校に来てもらうことにしました。

再び祖母の顔を見ると、どこかで会ったような……。

「あれ? もしかして、あけぼの食堂のおかみさんやない?」

「あれま、よく来てくれるお兄ちゃんやないの!?」

夫婦ふたりで切り盛りしている近所の食堂で、私も夕食時によく通っていました。

「『役場の担当者が話を聞きにくる』って言われたから緊張していたんよ。知っている顔で安心したわあ」

そう言うと、祖母はこれまでため込んでいた気持ちを吐き出すように話しはじめました。

出会い系サイトで知り合った男に金を貢ぐ母親

祖母の話では、娘(真人君の母親)はシングルマザーで、深夜までスナックで働きながら真人君を育てているとのこと。ところが真人君が5歳の頃、出会い系サイトで知り合った男に入れ込み、働いて得たお金を男に貢ぐようになりました。お腹がすくたびに、真人君は近所に住む母方の祖父母宅を訪れ、食事をさせてもらっていました。

いい金づるができたと踏んだ男は、程なく埼玉から母子が住むアパートに転がり込んできました。

男は母親の金で昼間からパチンコに行き、夜、母親が働きに出ると、真人君に暴力を振るいました。真人君は殴られるたびに祖父母宅に逃げ、その都度祖父母がかくまっていました。しかし何度も続き、耐えきれなくなった真人君は、そのまま祖父母宅で過ごすようになりました。

「娘には何度も真人に会いに来るように言ってるけど、全く来んのです。それどころか、娘はその男にすっかり言いくるめられて、金貸しから借金までして、男に貢いでいたんですよ。

男と一緒に暮らしてしばらく経ったところで、娘が男に『そろそろ金を返してほしい』と言うと、男はどこかに逃げてしまった。そうしたら、あろうことか娘は真人を置いて、男を追って出て行ってしまったんです」

祖母はそこまで一気に話すと、深いため息をつきました。

母帰るも新しい交際相手を再び呼び込む

母親が失踪したため、真人君は祖父母宅で生活することになりました。私も時々食事がてら祖父母宅を訪れ、真人君の生活ぶりを見守っていました。

それから1年後、交際相手と別れた母親が突然帰ってきました。400万円もの借金を抱えた母親は、法テラスにも相談したようですが、結局1銭も返ってきませんでした。

「ひどい目には遭ったけど、ようやく目を覚ました娘は真人を迎えに来て、またふたりで暮らすようになったけ、少しは安心していたんだけど……」 

真人君を引き取った1か月後、母親は新しい男性と付き合いはじめ、真人君と暮らしているアパートにも頻繁に訪れるようになりました。

「新しい男も前の男と大して変わらない。いや、前の男の方がまだましだったかもしれん」

再び祖母の口調がきつくなりました。

新しい交際相手が家に来る回数が増えるにつれ、真人君の精神状態は不安定になり、落ち着かなくなりました。その姿を見た交際相手が真人君をたたいたり、食事を与えなかったりの虐待を行うようになりました。

真人君が落ち着かないのは、母親が以前と同じように男を追って自分を捨ててしまうのではないか、という不安からくるものです。ところが母親は自分に原因があるとはつゆほども思わず、「わが子に問題あり」と決めつけ、「問題を起こす子供を叱るのはしつけであり、親として当然のこと」ととらえていたようです。

交際相手がいるときだけ真人君を怒っていた母親は、やがて真人君とふたりきりのときでも、真人君を怒鳴りつけたり無視したりするようになりました。

そして1年後、母親が未入籍のまま交際相手の子を出産。真人君に異父弟ができたのです。

*子供の名前は仮名です。

取材・文/関原美和子 撮影/藤田修平 イラスト/芝野公二

【関連記事】
スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッドシリーズはこちら!
・“男”を選んだ母親に捨てられて<後編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド⑥~
・“男”を選んだ母親に捨てられて<前編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド⑥~
・心の病を抱えた家族に囲まれたきょうだいの行方は <後編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド⑤~
・心の病を抱えた家族に囲まれたきょうだいの行方は<前編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド⑤~
・パンツ一丁で路上で遊ぶ兄弟、近所から通報される<後編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド④~
・パンツ一丁で路上で遊ぶ兄弟、近所から通報される <前編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド④~
・高校入学費を使い込み、失踪した両親~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド③~
・少女が手紙で訴える「死にたい」の裏側には<後編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド②~
・少女が手紙で訴える「死にたい」の裏側には<前編>~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド②~
・自由奔放な母親が無免許運転と薬物使用で逮捕された!〈前編〉~スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド①~
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

連載
スクールソーシャルワーカー日誌 僕は学校の遊撃手 リローデッド

一般社団法人Center of the Field 代表理事/スクールソーシャルワーカー

野中勝治

教師の学びの記事一覧

雑誌最新号