小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械運動(跳び箱運動)」の単元を扱います。

執筆/高知県公立小学校教諭・中野浩史
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

楽しい! できそう! いっしょに跳び箱!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
跳び箱運動の行い方を知るとともに、切り返し系や回転系の基本的な技をすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、技ができるようになるための活動を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
跳び箱運動に進んで取り組み、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年の跳び箱運動は、切り返し系や回転系の基本的な技に挑戦し、その技ができる楽しさや喜びに触れることができるように授業を組み立てます。

低学年での跳び箱を使った運動遊びの学習をふまえ、3年生では跳び箱運動の行い方を知るとともに、基本的な技を身に付けるようにし、4年生、さらには高学年の跳び箱運動の学習につなげていくことが求められています。

低学年で身に付けた動きを生かしながら、楽しく、安心して基本的な動きや技を身に付けることができるように授業展開を工夫したり、場を設定したりすることが大切です。また、自分で課題を見付けたり、解決するための方法を考えたりする場面を設定し、主体的に学習に取り組めるようにしていきます。

その際、友達とかかわりながら運動したり、1人1台端末を活用したりすることで、より効果的に学習を進めることができるようにしていきましょう。

今回は単元前半で切り返し系、回転系それぞれの基本的な技に取り組み、後半で活動を工夫しながら習得をめざし、発展技にも取り組むという展開を示しています。子供の実態に合わせて、単元前半で切り返し系の技、後半で回転系の技を重点的に扱うという展開も考えられます。

また、運動を楽しく行うためには、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることができるようにすることも大切です。

器械運動の授業においては、器械・器具の準備や活動中に教師が全体を見渡し、危険がないか常に注意しておくことが大切です。器械・器具の配置に関しても安全に配慮した場を設定するよう心がけます。下記の記事に事故防止の指導例があるので、参考にしてください。
高学年の用具の準備はどうしたらいいの? 【使える知恵満載! ブラッシュアップ 体育授業 #9】

単元計画(例)

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア 単元

工夫してもっと楽しく運動をしよう

自己の課題に取り組み、できるようになった技を発表しよう

★自己の課題を見付け、解決のための活動を工夫しよう

●指導のポイント

・自己の能力に適した課題を選択できるように練習の場を設定しましょう。
・課題を見付けることが難しい子供には、代表的な課題を3つ程度提示し、そこから自己の動きに一番近い課題を選ぶことができるようにしましょう。

〈開脚跳びの課題の例〉
①うまく踏み切れない(立ち止まってしまう、タイミングが合わない)。
②跳び箱の上に乗ってしまい、跳び越せない。
③着地で止まれない。

・自己の課題を見付けた子供が「どうしたらできるようになるか?」を見通したり、運動ができるようになった子供が「どうしてできるようになったのか?」をふり返ったりすることができるような時間を設定したり、言葉がけを工夫したりしましょう。

〈例〉
・めあてを提示した後に、どんなことを工夫して学習を行うかを書いたり、伝え合ったりする時間を設定する。
・授業の終わりに学習をふり返って、学んだことや工夫したことなどを書いたり伝え合ったりする場を設定する。

・友達とかかわり合いながら学習を進めることができるように、運動する人、撮影する人、動きを見てアドバイスする(踏切を見る、着手を見る)人など、役割を決めて取り組むことができるようにしましょう。

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

 ・基本的な技ができるようになった子供には、できばえを高めるために、撮影した自己の動きとお手本となる動きを比べて見るように助言したり、次のような発展技を提示したりしましょう。

 


●発展の技

かかえ込み跳び
・助走から両足で踏み切って着手する。
・足をかかえ込んで跳び越し、着地する。

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

伸膝台上前転
・助走から両足で強く踏み切る。
・足を伸ばしたまま腰の位置を高く保って着手する。
・前方に回転して着地する。

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

【安全のポイント】

・2種類(切り返し系・回転系)の運動を同じ時間で扱うとけがの危険性が高くなるので、1時間に扱う技は1種類にしましょう。
〈例〉6時間目=切り返し系、7時間目=回転系

 

【練習の仕方の例】

開脚跳び
・ステージへ跳び上がる場で踏切の練習 

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

・高さを変えた2台の跳び箱(または1段の跳び箱)の場で着手ー着地の練習

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

台上前転
・重ねたマットや2台の跳び箱にマットをかぶせた場で、恐怖心を取り除きながら練習
※重ねたマットは着地に不安ある場合は縦向きに置いて活用し、そうでなければ横向きに置いて活用することで、着地までの練習ができる。また、マットの上にテープを貼り跳び箱の幅を示すことも有効です。

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

・同じ高さの跳び箱を2台つなげた場でまっすぐ回る練習

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト
小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

【場の設定の例】

2、3、6時間目(切り返し系)の場の設定例

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

4、5、7時間目(回転系)の場の設定例

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア イラスト

  

小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
「楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア②
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア①
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号