小4 国語科「ウナギのなぞを追って」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小4国語科「ウナギのなぞを追って」(光村図書)の各時の板書例、発問例、ワークシート例、想定される児童の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した全時間の授業実践例を紹介します。

小四 国語科 教材名:ウナギのなぞを追って(光村図書・国語 四下)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/大妻女子大学家政学部児童学科教授・樺山敏郎
執筆/北海道教育庁義務教育課・平山道大

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、文章を読んで理解したことについて、自分の体験や既習の内容と結び付けるなどしながら、感想や考えを形成できるようにします。
また、それらを共有して一人一人の感じ方などに違いがあることに気付くことができるようにします。感想や考えは、同じ文章を読んでも、文章のどこに着目するか、どのような思考や感情、経験と結び付けて読むかによって、一人一人に違いが出てきます。相互の考えを交流することを通して、互いの感じたことや考えたことを理解し、他者の感じ方などのよさに気付くことが大切です。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元は、共通教材の「ウナギのなぞを追って」を読み、興味をもったことを中心に考えたことをまとめ、内容を紹介する文章を書いて共有する言語活動を設定します。

文章を読んで興味をもったことに沿って、大事な言葉や文を見つけ、内容を整理したり要約したりしながら、「ウナギのなぞを追って」を紹介する文章を書く学習に取り組みます。興味をもったことによって、要約の仕方や紹介する文章の内容は違ったものになります。学級内で相互の文章を読み合うことを通して、友達の感想や考えのよさに気付くことができるようにします。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 興味をもったことを明確にする

興味をもったことを明確にするには、文章を読んで感じたことや考えたことを、そのもととなった内容と合わせて整理する必要があります。「知らなかったこと」「すごいと思ったこと」「不思議に思ったこと」「詳しく知りたいこと」など、文章を読んだ感想や考えを出し合い、そのもととなった内容を確認したり分類したりすることを通して、興味をもったことを明確にしていきます。
興味を明確にすることが難しい児童がいる場合には、興味のもととなった内容を学級全体で整理し、その中から最も興味のあることを選べるようにすることも有効です。
「自分にとって一番興味があるのは何か」を決めることにより、次時以降の学習に主体的に取り組むことができるようにすることが大切です。

〈対話的な学び〉 自分との違いやよさを見つけて伝え合う

児童はそれぞれ、異なる興味に基づいて紹介する文章をまとめます。単元の最後にそれらを読み合って交流する際には、互いの文章の内容等にどのような違いがあるのか、関心を高めた上で交流することが大切です。交流する目的や内容などを明確に意識できるよう工夫したワークシートを活用するなどして、友達がどのように考えや感想をまとめているかを確かめながら、自分との違いやよさを見つけることができるようにします。

その際、児童がそれぞれの考えを端末上にまとめ、その考えをクラウド上で共有できるようにしておくことにより、児童はいつでも友達の考えを見ることができ、自分の考えを明確にする際の参考にしたり、自分の考えと比較したりすることができます。

対面で交流する前に、友達の考えで気になる内容を事前に確認し、誰と交流したいかを考えておくようにすることで、交流の質と効率を高めることができます。

交流を始めてしばらくしてから、教師がいくつかのペアの交流の様子やワークシートの記入内容を全体に紹介することで、どのように交流すればよいかをイメージできるようにするなど、児童の実態に応じて、交流の質が高まるよう適宜指導することが大切です。

〈深い学び〉 自分の考えや感想をまとめる

自分の考えや感想をまとめる際には、興味をもった内容を整理し、その内容から自分がどのようなことを考えたり感じたりしたかを明確にする必要があります。

まずは、ワークシートやノート、端末などを活用して、興味をもった内容が文章のどこに書かれているか、大事な言葉や文は何かを書き出し、それらの言葉や文を使ったり、自分の言葉を用いたりして文章を要約し、興味をもった内容を整理します。文章の要約は既習事項ですので、その学習を振り返り、定着を図ることが大切です。

内容を整理した後、それに対する自分の考えや感想を明確にします。
興味をもった内容とこれまでの自分の経験などを関連付けて整理することのできるワークシートを活用し、興味をもった内容と自分がどのように関係しているのかを考え、興味をもった内容についての考えや感想を自分との関わりの視点から明確にしていきます。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)興味をもったことに印を付け、色分けするなどして整理する

教材文全文を記載したワークシートをワープロソフト等で用意し、本文に自由に線を引いたり、枠で囲んだり、矢印を書き込んだりできるようにします。児童は、端末を活用することにより、書き消しを自由に行うことができ、色分けやコピー&ペーストを容易に行うことができるようになります。

自分の考えや感想をまとめる際にも、端末上で学習できるようにします。本文の内容や大事な言葉などをワークシート上に記述する際、本文をコピー&ペーストすることにより、作業を効率的に進めることができるようになります。

(2)自分との違いやよさを見つけて伝え合う

児童同士が対面で話しながら交流する機会を設定しつつ、端末上で友達の考えをいつでも見ることのできる状況をつくることにより、本単元の指導事項の一つである「文章を読んで感じたことや考えたことを共有し、一人一人の感じ方などに違いがあることに気付くこと。」の学習の充実を図ることができます。

児童がそれぞれの考えを端末上のワークシートにまとめ、そのワークシートをクラウド上で共有できるようにしておくことにより、児童はいつでも友達の考えを見ることができ、自分の考えを明確にする際の参考にしたり、自分の考えとの違いを比較したりすることができるようになります。

また、実際に対面で交流する前に、友達の考えで気になる内容を事前に確認し、誰と交流したいか、どのような内容を交流したいか、などを事前に考えておくようにすることで、交流の質と効率を高めることができます。

6. 単元の展開(8時間扱い)

 単元名: きょうみをもったことを中心に、しょうかいしよう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 教科書の扉頁を基に、これまでの学習を振り返ったり、ウナギについて知っていることを交流したりしながら、興味をもったことを中心に紹介し合うという学習の見通しをもつ。
「ウナギのなぞを追って」を読み、学習計画を立てる。
学習課題: 興味をもったことを中心に、しょうかいしよう

・第二次(2時3時4時5時6時
②「ウナギのなぞを追って」を読み、調査の内容やその結果を確かめる。
③「ウナギのなぞを追って」を読んで最も興味をもったことを明らかにし、大事な言葉や文を書き出す。〈 端末活用(1)〉
④ 興味をもったことを中心に、「ウナギのなぞを追って」を要約する。
 ・書き出した言葉や文を使ったり、自分の言葉を用いたりして、文章を要約する〈 端末活用(1)〉
⑤ ⑥ 興味をもったことを中心に、筆者の調査についての自分の考えや感想をまとめる。〈 端末活用(1)〉

・第三次(7時8時
⑦ 「ウナギのなぞを追って」を紹介する文章を書く。
⑧ 友達と紹介する文章を読み合い、友達の感想や考えについて、自分との違いやよさを見つけて伝え合う。〈 端末活用(2)〉

各時の板書例、ワークシート例、発問例、児童の発言例

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

〇 単元の1時間目では、教科書の扉頁を基に、これまでに取り組んだ「筆者の考えをとらえる」学習や「要約する」学習を振り返るとともに、ウナギについて知っていることを交流した後、「ウナギのなぞを追って」を読みます。

「ウナギのなぞを追って」を読んだ後、気になったことや感想を簡単に交流し、「同じ文章を読んでも、人によって感じることや考えることに違いが出ること」などを確認しながら、本単元では「興味をもったことを中心に紹介する」という学習の見通しをもちます。

さらに、単元の学習課題を解決するためには具体的にどのような学習をしていけばよいかを考え、単元の学習計画を立てます。
その際、板書例にあるように、単元の学習課題を「山」に見立て、「どのように『山』を登っていくか」を児童と教師が一緒に検討していくことなどが考えられます。
児童が主体的に学習に取り組むことができるよう、学習計画を立てる際には、教師主導とならないよう十分に留意することが大切です。

< 教師の発問、児童の発言例 >

「ウナギのなぞを追って」を読んで、気になったことやおもしろいと感じたことは、どのようなところですか。

ウナギがこんな旅をしているなんて、全然知りませんでした。

塚本さんたちがこれまでに行ってきた研究によって、少しずつウナギのなぞが明らかになっていくのが、おもしろかったです。

なるほど。同じ文章を読んでも、私たちはいろいろな感想をもちますね。この単元では、それぞれが興味をもったことを中心に、文章の内容を紹介する学習を行いましょう。
そのために、これからどのようなことをする必要がありますか。

まずは、もう一度文章を読んで、内容を確かめたいです。

自分が何に興味をもったのかを、はっきりさせたいです。


【2時間目のワークシート例 】

2時間目のワークシート例
▶︎ワークシート例のダウンロード

〇 本単元では、「ウナギのなぞを追って」を読んで感想や考えをもち、それらを学級で共有して一人一人の感じ方などに違いがあることなどを学習しますが、「文章を読んで感想や考えをもつ」ためには、その前提として、読んだ文章を理解する必要があります。

そこで、単元の2時間目では、「ウナギのなぞを追って」を読み、調査の内容やその結果を確かめます。「ウナギのなぞを追って」は、ウナギがたまごを産む場所を探す調査について、解説を交えながら、時系列に沿って書かれた文章です。
上記のワークシートを活用し、年表の形にまとめることにより、調査の内容やその結果を確かめ、文章の内容や構造を捉えることできるようにします。


【3時間目の板書例 】

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号