子どもが喜ぶ! 面倒な検算が楽しくなる魔法の合言葉

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ
関連タグ

松下隼司

算数の計算で検算をするのは大切なことですが、子どもにとって、とても面倒くさく感じることであるのは確かです。こんなところにも、子どもが算数嫌いになってしまう理由があるのかも……。そこで今回は、面倒な検算が楽しくなる、とっておきの工夫を紹介します!

劇団俳優を経て、公立小学校の教壇へ。得意のダンス指導で日本一になったり、絵本作家にチャレンジしたりと、精力的な毎日を過ごす松下隼司先生。その教育観の底には、子どもも指導者も毎日楽しく、笑顔でありたいという願いがあるそうです。そんな松下先生から、笑顔のおすそわけをしてもらうコーナーです。

指導/大阪府公立小学校教諭・松下隼司

決め台詞で、単調な計算のたしかめを楽しく  

検算って、子どもにとって、とても面倒くさいです。

また、検算をして計算ミスがないと分かっても、喜ぶ子どもは少ないもの。

「計算をしましょう」でなく、「計算をして、検算もしましょう」だったときの子どもの落胆する表情……。「え~」という子どもの心の声が聞こえてきます。

そんな面倒くさい検算が楽しくなる合言葉が、”両思い”!

検算をして計算が合っていたら、「両思い」と言って、数字をハートマークで囲んであげるのです。

「検算をして、計算の間違いに気づいた場合は?」

と子どもに聞くと、

「片思い!」

と、子どもが言ってくれます。 

「計算を正確にできたら、検算をできたら、きっとリアルで両思いになれるかもね~」

なんて言えば、妙に張り切って検算をする子どもも出てきますよ♪

松下隼司先生

松下隼司の笑って!!エヴリディは、木曜に更新します

イラスト/したらみ

松下隼司(まつした じゅんじ)
大阪府公立小学校教諭。第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、第69回(2020年度)読売教育賞 健康・体力づくり部門で優秀賞を受賞。さらに、日本最古の神社である大神神社短歌祭で額田王賞、プレゼンアワード2020で優秀賞を受賞するなど、様々なジャンルでの受賞歴がある。小劇場を中心に10年間の演劇活動をしていた経験も。著書に、『むずかしい学級の空気をかえる 楽級経営』(東洋館出版社)絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版)絵本『せんせいって』(みらいパブリッシング)がある。

【関連記事】
松下隼司の笑って!!エヴリディシリーズはこちら!
・手本を見てイメージをふくらませよう【卒業文集の指導③】
・6年生による発表は無理なく時短しよう【楽しい6送会アイデア #2】
・手書き卒業文集は、文字の「大きさ」と「濃さ」に気を付けよう【卒業文集の指導②】
・手書き卒業文集は、ひらがなの書き方確認から始めよう!【卒業文集の指導①】
・6年生を送る会の入場は、1年生がエスコート!【楽しい6送会アイデア #1】
・6年生を送る会のプレゼントにおすすめ!折り紙で作る「お守り」
・怒ってばかりだった教師を変えてくれたもの
・子どもが喜ぶ! 面倒な検算が楽しくなる魔法の合言葉
・宿泊学習の前説に! 睡眠を邪魔するNGワードランキング5【宿泊学習の面白対応術 #3】
・宿泊学習で、子どもの就寝時間の見回りを楽しく【宿泊学習の面白対応術 #2】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号