小2生活「いいとこ見つけた ぼく・わたしの町」指導アイデア

執筆/愛知県公立小学校教諭・綿貫節子、愛知県公立小学校教諭・中野路子
編集委員/前・文部科学省教科調査官・渋谷一典、文部科学省教科調査官・愛知淑徳大学准教授・加藤智、愛知県公立小学校校長・稲田あけみ

期待する子供の姿

知識及び技能の基礎

地域の人や場所と関わる活動を通して、町のよさを知り、自分たちの生活が地域の人や場所と関わりをもっていることに気付く。

思考力、判断力、表現力等の基礎

地域の人や場所と関わる活動を通して、地域の場所やそこで働いている人々と自分たちの生活との関わりについて考えることができる。

学びに向かう力、人間性等

地域の人や場所と関わる活動を通して、自分たちの住む町に親しみや愛着をもち、地域の人や場所に進んで関わろうとする。

単元の流れ(21 時間)

子供1「友達の家の近くに何があるのか、知りたいな。」子供2「○○ちゃんの家のほうに行ってみたいな。」

学習の流れ

みんなの家の近くに行ってみよう(4時間)

【寺・神社コース】【畑・卵コース】【店コース】

子供「まだ知らないところがいっぱいあるね。」

評価規準等
 知らない場所や人に関わることへの関心や期待をもちながら、それらと繰り返し関わろうとしている。

※評価規準等の=知識・技能、=思考・判断・表現、=主体的に学習に取り組む態度の観点を示しています。

○もっと町のことを知りたいな(1時間)

教師「みんなの家の近くを歩いたね。何があったかな。」
子供1「僕が行ってた保育園の横に神社があるよ。」子供2「あのビニールハウスの中には、何があるのかな。」子供3「まだ知らないことがたくさんあるなあ。」

評価規準等
 地域の場所や人々を思い起こし、地域の様子について友達と交流している。

町探検にいこう(3時間)

子供1「どこのお寺にもお地蔵さまがたくさんあるね。」子供2「住職さんが庭のお掃除をしていたよ。」
  • 3つのコースに分かれて行く。

町のことが分かったね(4時間)

子供1「卵は毎日、東京へトラックで運んでいるんだって。」子供2「どうしてここに卵工場を作ったのかなあ。」
子供1「△△マートに、無料でコーヒーが飲める場所があったよ。」子供2「もっと話を聞いてみたいな。」

評価規準等
 地域には、さまざまな場所があり、そこで働いている人が自分たちの生活に関わっていることに気付いている。
 探検で分かったことや疑問に思ったことを友達と伝え合い、行きたい場所や会ってみたい人を思い描きながら、次の探検の計画を立てている。

※町探検にいこう(3時間)・町のことが分かったね(4時間)共通

もっと町の「いいところ」をたくさん見付けようよ(7時間)

子供「お客さんに喜んでもらうためなんて優しいな。」
子供1「住職さんも来る人の気持ちが落ち着くように庭の手入れをしているって言ってたよ。」子供2「町にはすごい人、いいところがいっぱいだね。」
地域の方「地域の人に新鮮でおいしい卵を届けたくて。」子供1「町のことを考えてくれてすごいな。」子供2「 私も町を大切にしたいな。」

評価規準等
 地域の場所や人々が、自分たちの生活をよくしてくれていることに気付いている。
 地域の人々と自分たちの生活との関わりについて考えたことを表現している。
 地域の場所や人々に応じて、適切に接しようとしている。

町の「いいところ」を家の人に紹介したいな(2時間)

子供「〇〇さんの工場の卵はすごいんだよ、お母さん、一緒に買いに行こうよ。」
子供「おばあちゃんとお寺の庭を見に行きたいな。町の〇〇さんにありがとうを言
いたいな。」

評価規準等
 地域の場所や人々への親しみや愛着をもって、それらに進んで関わろうとしている。

活動のポイント1 
地域の特性を生かし、地域の人との関わりがもてる活動にしましょう

地域の環境を生かして

「子供たちはどんなことに興味・関心があるのか」「地域のなかでどんな生活経験をしているのか」など、まずは、地域を子供の視点で見直しましょう。

〈地域の環境を生かす素材〉

  • 季節を体感しながら遊ぶのに適切な場所
  • 多様な人々との出会いができ、公共性を学ぶのに最適な場所
  • 地域で働く人の思いや温かさに触れるのに適切な店や施設

地域の人との出会いを大切に

  • 探検先の方から地域への思いを聞くことで、地域を自分との関わりで捉えることにつながります。自分たちのために一生懸命働いてくれていることに気付き、地域がより身近なものへとなっていきます。同時に、子供たちの心のなかには、「私も」と夢や希望をもつきっかけになる場でもあります。
  • 必要に応じて、探検先との打ち合わせをしましょう。何を子供たちに学ばせたいのかを明確にし、お願いしておくことで学びがぶれません。
教師「○○さんの、町を大切に思う気持ちを子供たちに気付かせたいです。」

活動のポイント2 
「体験活動」と「表現活動」を繰り返し、気付きの質を高めていきましょう

○思いや願いを実現する体験活動の充実
地域の場所や人々と繰り返し関わることが大切です。繰り返し体験することで、前の体験が生かされ、地域の人に積極的に関われるようにもなっていき、親しみや愛着が生まれます。

子供1「□□さんのキャベツはどこに売るのかな。」子供2「□□さんに、もっと話を聞きたいね。」子供3「東京や大阪にも運ばれるなんて、知らなかったよ。」

○表現し伝え合う活動の充実
伝え合う活動を繰り返すなかで、子供たちは互いに学び合っていきます。友達と気付きを交流するなかで、自分が関わったことと比較したり関連付けたりして、単発的な気付きが関係的な気付きへ、質的に高まっていきます。そして、新たな価値(気付き)を生み出すことが期待されます。

付箋を使った意見交流やふり返りでは、「いいところ(人)」は桃色、「いいところ(もの)」は黄色と、見付けたことの付箋の色を分けるなどの工夫をすることも考えられます。

子供1「○○さんの卵も東京や大阪に運ばれているんだよ。」子供2「今度、□□さんに大根のこと教えてもらいたいな。」子供3「僕たちの町には、すごいところがたくさんあるね。」

評価のポイント

(思考・判断・表現)

地域の人や場所と関わる活動を通して、地域の場所やそこで働いている人々と自分たちの生活との関わりについて考えている。

こんな場面で見とりましょう

(見付ける、比べる、たとえる、試す、見通す、工夫するなどの多様な学習活動)

探検でのつぶやき

子供「生き物を飼ったり、農作物を育てたりするのは、お休みがないんだね。」

ふり返りの記述

子供「だから、台風のときでも卵が買えたんだ。」

友達との伝え合い

子供1「お客さんのために工夫していることはみんな一緒だね。」子供2「○○さんの工場も、□□さんの畑も、少ない人数で働いていてすごいね。」

手紙

子供「△△マートさんの宅配サービスをおじいちゃんに教えてあげたら喜んでいました。町の人にやさしいですね。」

イラスト/高橋正輝

『教育技術 小一小二』2021年10/11 月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号