小6体育「水泳運動」指導アイデア

執筆/福岡県公立小学校教諭・竹治宏泰
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、福岡県公立小学校校長・三原達也、福岡県北九州市教育委員会企画調整課・辻健一郎

授業づくりのポイント

高学年の水泳運動は、「クロール」「平泳ぎ」および「安全確保につながる運動」で内容が構成され、続けて長く泳いだり、泳ぐ距離や浮いている時間を伸ばしたり、記録を達成したりすることができるようにすることをねらいとしています。水泳運動は、個人の習熟度が様々なため、自己に適した課題に取り組めるように、課題の解決の仕方や記録への挑戦の仕方を工夫するとよいです。

また、水泳運動は、生命に関わることなので、「水泳運動の心得」を守って安全に気を付けて学習を進めていくとともに、水泳運動が自己保全のために必要であることを生かし、積極的に学習に取り組む態度の涵養が求められます。

水泳の授業における新型コロナウイルス感染症対策として、更衣室やシャワーは密になりやすく工夫が必要です。人数を少なくできるように時間をずらす、場所を変えて着替えをするなど学校の利用できる施設に合わせて工夫をしていきましょう。また、プールサイドでの密集を避けるよう十分な距離をとって整列をしたり、教え合いをするときには身体接触を避けたりするようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

※毎時間の水慣れでは、子供の実態に応じて工夫し、水慣れの方法も少しずつ発展させてください。感染症拡大防止のため、バディで補助などの身体接触を伴う教え合いは行わず、練習の場や補助具を充実させましょう。

楽しむ① 続けて長く浮いたり、泳いだりするためのポイントをつかんで楽しもう

学習1では、クロールや平泳ぎ、背浮きなどのポイントをつかみ練習していくと同時に、自己の課題を見付け、その課題に応じた練習の場や段階を選べるようにします。その際、子供の課題に対応できるような練習の場の設定や泳ぎのポイントを示した掲示物、学習カードを活用できるようにすることが大切です。

1時目のオリエンテーションでは、これまでに培った動きを確認しながら、今泳ぐことができる距離を測定し、自己目標を設定することで、課題解決への意欲を高めるようにします。

2時目以降は、バディの仲間と教え合いながら、自己の課題を見付けて、課題に応じた場や方法を選んでクロールや平泳ぎ、背浮きの練習をしていきます。

【学習1】続けて長く浮いたり、泳いだりするためのポイントをつかもう!

クロール

①手のかき

しっかりと最後まで水をかき、腕を前に伸ばす

手のかき
手のかき

手をかいても進まない時には、「おなかの下の水をしっかりももまでかく」「前に手を伸ばす」ように声をかけましょう。

②ローリングを用いた呼吸

肩ローリングを用いて顔を横に上げて呼吸をする

ローリングを用いた呼吸
ひじから手を上げて、顔を横に上げ、口から一気に息を吸う。
ビート板の上に手を乗せてから、次をかく。

伸ばしている前の腕を枕にして、頭を寝かせるようにして呼吸をするとよいでしょう。

③呼吸をしながら

「1・2・3・パッ」のリズムで呼吸をする。

呼吸をしながら

「パッ」と息を吐いて一気に息を吸いましょう。

平泳ぎ

④手のかきと呼吸

かき終わりのタイミングで呼吸をする

手のかきと呼吸

「伸びて、パッ」のタイミングで上下の動きを使うと、リズムよく行えます。

⑤キック

足の親指を外側に開いて左右の足の裏や脚の内側で水を挟み出す

キック

指先を外側に向け、つま先が揃うまでしっかりと蹴って伸ばしましょう。

ポイント
後ろから見た場合

ハの字形

足を引き付けた時、足の裏が「ハ」の字の形になるようにします。

⑥呼吸をしながら

「パッ」で水をかきながら、顔を前に上げて呼吸をする

呼吸をしながら

長く泳ぐためのポイント

クロール

・大きく肩を回す。
・ゆっくりと動かすバタ足をする。

平泳ぎ

・けった後は、しっかりと伸びる。
・ゆっくりと手をかく。

クロールや平泳ぎで長く泳ぐためには、大きなストロークでゆったりと泳ぐことがポイントです。

楽しむ② 続けて長く浮いたり、泳いだりしてもっと楽しもう

学習2では、学習1を基に、記録に挑戦することを通して、自己の能力に適した課題を設定し、安全確保につながる運動やクロール、平泳ぎで続けて長く浮いたり、泳いだりすることに取り組みます。

その際、図1のような教え合いや記録に挑戦する場を用意し、グループで見合い、教え合いながら自分で決めた浮き沈みの回数や背浮きの時間、クロールや平泳ぎで進んだ距離や決まった距離でのストローク数など記録に挑戦する活動を取り入れると、子供たちにとって楽しい活動になります。また、泳ぎのポイントを生かしたよいフォームや記録の伸びなどにも目を向け、称賛したり認め合ったりしていくようにしましょう。

なお、着衣のまま水に落ちた場合の対処の仕方については、安全確保につながる運動との関連を図り、各学校の実態に応じて積極的に取り扱うとよいでしょう

【学習2】 続けて長く浮いたり、泳いだりしよう!

【安全確保につながる運動】長く浮いてみよう

浮き沈み

一度沈んでから浮く。
浮いてきたら、顔を上げて息を大きく吸う。

息を吸って、一度沈んでから、浮いたタイミングで顔を上げて呼吸をしましょう。

背浮き

背浮き
あごを上げる
顔だけ出して、胸をそらし、大きく息を吸って止め、手足の力を抜く。

顔以外の部分をしっかりと水中に入れて、手と足を体が沈まない程度にゆっくりと動かして、長く浮くことができるようにしましょう。

教え合いや記録に挑戦する場の設定例(図1)

タイマー 掲示物 ポイント
教え合いや記録に挑戦する場の設定例

クロールや平泳ぎで進んだ距離と手でかいた回数、安全確保につながる運動で、背浮きの時間と浮き沈みの回数などをグループで確かめ合ったり称賛し合ったりして練習しましょう。


着衣のまま水に落ちた場合の対処の仕方を実施する場合
着衣のまま水に落ちた場合の対処の仕方については、初めに準備運動と水慣れを行ってから着衣をし、感覚の違いを体感できるようにするとよいでしょう

着衣のまま水に落ちた場合の対処の仕方
力を抜いて背浮きで浮く。

ペットボトルなどの浮遊物につかまったり、背浮きをしたりする等の活動が体験できるようにしましょう。


かかわり思考ツール①

「泳ぎのポイントカード」

泳ぎのポイントカード

キック・手のかき・呼吸の仕方のポイントを示した学習カードです。バディで見合い・教え合う際に使用し、できるようになったことや課題を伝え合いながら課題解決を進めることができるようにします。また、この学習カードは、水に濡れてもよいようにラミネート加工をしておくとよいでしょう。


かかわり思考ツール②

ICT機器の活用」
タブレットで子供の泳ぐ様子を撮影した映像を活用して、泳ぎのポイントと自己の動きを比較し、仲間とできばえや改善点を教え合いながら新たなめあてを立て、再度挑戦できるようにします。


イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2021年6/7月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号