小5国語「みんなが過ごしやすい町へ」指導アイデア

教材名:「みんなが過ごしやすい町へ」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(1)カ 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)ア、エ
言語活動:ア

執筆/神奈川県公立小学校教諭・伊東有希
編集委員/茨城大学教育学部附属中学校副校長・菊池英慈、文部科学省教科調査官・大塚健太郎

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

目的や意図に応じて、書くことを選び、分類したり関係付けたりして、伝えたいことを明確にする力、および必要な資料を引用するなどして、自分の考えが伝わるように書き表し方を工夫する力を育成します。

②言語活動とその特徴

「調べて分かったことを、背景や経緯を含めて報告する文章を書く」という言語活動を位置付けます。調べたことを基に報告する文章を書く活動は、中学年でも経験しており、すでに多くの児童が、報告する文章に必要な構成を知っていると考えられます。

そこで、本単元では中学年で身に付けた〔知識及び技能〕や〔思考力、判断力、表現力等〕の資質・能力、言語活動の経験を活用させながら、ねらいとする資質・能力の育成を目指します。特に、次の二つが指導の重点になります。

一つは、手元の情報を関係付けながら、新たに取材すべきことは何か、取材を通して何が見えてきたのか、何を伝えるとよいのかをはっきりさせることです。もう一つは、報告するために、どの資料をどのように引用すると分かりやすいのかを考え、工夫することです。

題材は、児童が「自分が調べて明らかにしたことを、みんなに知ってもらいたい」と思えるものを設定することが重要です。校内行事や総合的な学習の時間の学習等で、児童が必要感をもって取り組んでいる題材があれば、時期を工夫し、積極的に関連を図るとよいでしょう。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

◎学習課題を設定し、学習計画を立てる。
・総合的な学習の時間と関連させ、自分が探究して明らかになったことを書いて報告するという見通しをもつ。
・モデル文を分析し、既習の報告文の特徴との異同を見いだす。
・既習と関連付けて、学習計画を立てる。
→アイデア1 深い学び

【学習課題】町のSDGs実現に向けた取組を調べて報告しよう。

第二次(3~7時)

◎報告に必要な内容を検討して取材し、報告する文章を書く。
・総合的な学習の時間に調べた情報カードを分類したり関係付けたりしながら、伝えたい内容を明確にするとともに、追加で取材すべきことや取材方法を検討する。
→アイデア2 対話的な学び

・追加の取材で分かった内容を含めて、情報カードを並べ替え、構成を考える。
・明らかになったことが分かりやすく伝わるように、どの資料をどのように引用するとよいかを考え、記述する。
→アイデア3 主体的な学び

第三次(8時)

◎報告する文章を読み合い、感想を伝え合う。
・内容や引用の仕方に注目して感想を伝え合う。

アイデア1 既習との比較を通して、付けたい力を明確にする

深い学び

学習課題を立てたところで、モデル文を分析し、必要な内容や手順を既習の内容を基に考えさせます。モデル文を分析する際には、下の学年の教科書の報告文モデルと横に並べて比較する活動を行うことも効果的です。

▼黒板例(ワークシートも同様)

黒板例(ワークシートも同様)

組み立ては同じだね。

引用しているのに、「 」でくくっていないところがあるよ。なぜだろう。

3年生のときに書いた報告文と比べてみましょう。

特に、引用の仕方については、短めの文や文章をかぎ(「 」)でくくって示している箇所と、行を空けて文頭の位置を下げることで、文章を長く引用している箇所の二つがあることに着目させます。

なぜ、二種類の方法が使われているのかを考えさせることで、自分の意図に合った引用の仕方を考えながら、書き表し方を工夫できるようにしていきます。

アイデア2 他者の視点を入れながら、伝えたい内容を検討する

対話的な学び

取材そのものは総合的な学習の時間で行うこととし、国語の時間では、報告文の組み立てをイメージしながら、伝えたい内容を明確にすることを中心に活動を設定します。

インターネットで簡単に調べて分かる内容であれば、あえて文章で報告する必要はありません。ほかならぬ自分だからこそ明らかにできたことは何か、なぜそこを伝えるとよいのかをはっきりさせることで、目的意識をより強く働かせて書くことができます。

報告文は、最終的には一人で書き上げますが、学習の各過程で友達との対話の場を設定することが効果的です。伝えたい内容が焦点化できているかどうか、必要な情報がそろっているかどうか、不足している情報があるならば、どの方法で追加の取材を行うとよいかといったことについて、友達に開示し、意見をもらうようにします。

ただし、もらった意見を反映するかどうかは、あくまで自分自身が決めることです。自分が検討した内容について、「他者の視点からはどのように見えるのかを確かめる」ことが目的であることを、はっきり伝えましょう。

▼報告文の組み立て

報告文の組み立て

三つ目の取組を始めた理由を確かめたいんだけど、インタビューで大丈夫かな?

いいと思うよ。この取組だけ、始めた理由が違うってこと? そこを知りたくなるな。

アイデア3 自分の文章に合った引用の仕方を具体的に考え、記述する

主体的な学び

どこでどの資料を引用するかは、構成の段階である程度決めていますが、実際にどのくらいの文量を引用するのか、図表と対応させながらどのように書き表すかなどについては、記述の段階で具体的に考えることになります。

例えば、取組の概要は、ウェブサイトや企業が発行している冊子から文章を引用し、取組の背景については、インタビューした内容を引用して説明を加えるということもあるでしょう。

また、図表そのものを引用するのか、自分で作成した図表を載せるのかによっても記述の仕方が変わってきます。

モデル文を分析したときには立ち上がらなかった記述に関する具体的な疑問が、いざ文章化する段階になって初めて浮かんでくる児童もいるでしょう。「書くことは考えること」と言われるように、書き進める中で考えが深まっていくのは当然の流れです。

そんなときこそ教師の出番です。例えば、

  • 「書いていて困ったこと」を共有し、引用の仕方に着目して下書きを読み合う時間をとる
  • 相談コーナーを設置して、聞きたいことが出たら自由に移動できる場をつくる
  • 振り返りに困ったことや確かめたいことを書くことを促し、教師が個別に関わる

など、児童の問題意識に応じた教師の関わりが、一人一人の粘り強い取組や工夫を後押しします。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2021年6/7月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号