小五道徳「うばわれた自由」自分の気持ちや考えを様々な方法で表現する

関連タグ

役割演技や板書の工夫など、授業に生かせるアイデア満載の授業レポート。 今回は 「強いからだと豊かな心を養い、最後までよく考え、意欲的に生きる子どもの育成」を学校目標に、伝統と新しい視点から学校生活や教育内容の充実化を目指す和歌山県和歌山市立岡崎小学校の例をご紹介します。

指導者
教諭 豊田麗香
指導教諭・豊田麗香

教材

教材名:「うばわれた自由」(出典 :「生きる力」日本文教出版)
内容項目:善悪の判断、自律、自由と責任

導入

本時のねらい
「自由」とは、自分のやりたいことを自分勝手にするのではなく、 みんなが規律を守ることによって自由が守られることに気付き、自分や他人の自由を大切にしようとする心情を育てる。

発問1
「あなたのしていることは 本当の自由ではありません」と言われたとき、 ジェラール王子はどんなふうに考えましたか?

子供たちの発言

自分の好きなようにしてもいいよね。

自分の方がえらいのに、なぜ従わなくてはいけないのか。

いい気になっている。

自由で楽しい。

導入

本教材は、わがままを「自由」と取り違えた結果、本当の自由を奪われた国王の話です。導入では「自分のやりたいことをやりたいようにすることが自由な暮らしだ」と考えるジェラール王子の考えに共感させることで、「なんでも好きにやること」は、「自由」ではなく「わがまま」だと 子供たちが気付くように進めます。

学級の実態に合わせた発問の工夫を
日常生活の中で自分の好きなことを優先させてしまい、注意される場面も時々あります。そのため、導入部分で具体的な日常生活を重ねてしまうと「あのときのことかな」「自分のことを言われているのかな」と子供が安心して自由に語ることを妨げてしまうことがあります。あくまで“物語の中の話”として、登場人物の行動から「自由」と「わがまま」を考えられるよう、問いかけ方を意識しました。

展開

役割演技を通し、ジェラール王が感じたことや考えたことを確認し 「本当の自由」について考えます。

発問2
ジェラール王はうらぎりにあい、ろうやに入れられてしまったときどんなことを考えていたでしょうか?

発問2

子供たちの発言

自分が勝手なことをして、みんなも勝手にふるまい国が乱れてしまった。

あのとき注意されたことを聞いておけばよかった。

自分が思っていた自由は自由ではなかった。

ジェラール王が自分勝手に行動したことから、 国内の秩序が乱れ、裏切りにあったストーリーに触れます。そうならずに「自由にする」とはどういうことか、「どうすればよいか」と考えられるよう話を進めます。

ジェラール王とガリューがろうやで再会したときのことを役割演技をして考えてみましょう。

演技

子供たちがジェラール王について考える時間を取った後、役割演技を行います。役割演技を行う子供だけではなく、見ている子供たちも、しっかり考えを深められるようジェラール王役の子供の表情や口調から「なぜそのような発言になるのか」、心を感じとるように伝えます。

ノート

発問3
本当の自由に大切なこととはなんでしょうか?

発問3

役割演技の後、ジェラール王の心情の変化を確認します。「きまりを守る」「心地よいのが自由」「わがままをしない」などが、 子供からの発言としてあげられました。さらに「自由」について考えを深めるために、日常生活の中での実際の出来事などを交えながら子供たちと話し合います。教材と生活場面での「自由」とを行ったり来たりしながら、考えを深めていきます。

子供たちが考える、“自分たちの自由”とは?

発問
みんなが「自由にしていいよ?」と 言われたら、何をしますか?

お店から好きなものを持ってくる。

家でゲームをする。

まんがを読む。

ずっと昼寝する。

発問
じゃあ、なんで今は それができないのでしょうか?

お店に迷惑をかける。

親とゲームの時間を決めている。

勉強しないと怒られる。

発問
大人になったら、自分のことを自分で決められます。そうしたら、 好きなことだけをしますか?

ゲームをやりすぎたら、視力が低下する(眼鏡やコンタクトレンズなどでお金がかかる→結局は自分にかえってくる)。

勉強ができないと、自分の将来に影響がある。

男子

ある一人の子供の結論

やりたいことをやることだけが自由ではなく、その自由を楽しむには決まりや周りの人への思いやりが必要。

女子

発問4
自由に考えて、行動するときに大切なことはどんなことでしょうか?

発問4

教材や日常生活から考えた 「自由」についてノートに書き、考えをまとめます。発表では「自分にとっては自由でも、周りの人には迷惑かもしれないと考えることが必要」「自由とは、なんでも好きにすることかと考えていたが、きまりや限度を守ることが必要」などの意見が出ました。

終末

ふりかえりノートで授業で感じたことをまとめる
1時間の授業を通じて、「自由」について自分で感じたことをふりかえりノートに書き、授業の結びとしました。

黒板

子供たちのノートから

本当の自由とは、いやなことを乗り越えてやっと楽しみをつかむことだと思います。

自由ってよく考えてみればとてもむずかしい。だって、みんなが自由に生きていたらいろいろ大変なことがあるから。相手のことや自分の周りのことを考えて、 自分がわがままか見直せばいいと思う。

真の自由とは、心地よいもの。 自分も周りの人もよくなる。 いつわりの自由とは勝手。 真の自由を大切に!

文部科学省教科調査官 浅見哲也先生 ワンポイントアドバイス

浅見哲也先生

子供たちの表現方法を尊重する

この授業では子供たちが、挙手による発言、つぶやき、役割演技、ノートに書くなど、自分の気持ちや考えを様々な方法で表現している様子が見られ、豊田先生は、一人一人の得意な表現の仕方を尊重しながら授業を展開しています。特に役割演技では、演技を見ている子供たちに、ジェラール王を演じた子供の発する言葉だけでなく表情や口調に注目して聞くよう指示を出し、そこから「自由」とはどのようなものなのかを考えを深めていきました。道徳的心情を育てるこの授業では、きまりを守るということではなく、本当の自由の 「楽しみ」や「心地よさ」が子供たちにとってのキーワードとなりました。

取材・文/ルル 撮影/北村瑞斗 構成/浅原孝子

『教育技術 小五小六』 2021年6/7月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号