小6社会「世界の未来と日本の役割」指導アイデア

執筆/埼玉県公立小学校教諭・鈴木祐介
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

日本の役割について、地球規模で発生している課題の解決に向けた連携・協力などに着目して調べ、国際社会において我が国が果たしている役割を考え、表現することを通して、我が国は、平和な世界の実現のために国際連合の一員として重要な役割を果たしたり、援助や協力を行ったりしていることを理解できるようにする。また、世界の人々と共に生きていくために大切なことについて自分たちができることを考えようとする態度を養う。

学習の流れ (6時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○ 世界の様々な課題や、国際連合の活動に関する資料から学習問題を作る。

〈学習問題〉
世界のさまざまな課題を解決するために、日本は世界の国々と協力して、どのような活動をしているのでしょうか。

追究する(3時間)

○ 国際連合について調べる。
〇 ODA やNGO などの国際協力について調べる。
〇 持続可能な社会について調べる。

まとめる(2時間)

○ 学習問題について調べたことをまとめる。
〇 自分たちに協力できることについて考える。

導入の工夫

ユニセフやWFP(国際連合世界食糧計画)の活動の様子が分かる写真を活用し、日本が国際連合の活動に参加していることに気付かせ、学習問題作りにつなげるようにします。

1時間目

世界の様々な課題やユニセフ、WFPの資料から学習問題を作り、学習計画をたてます。

この写真を見てください。何の写真でしょう。

紛争地域

建物がボロボロに壊れているよ。戦争があったのかな?

これは紛争といって、国と国、または一つの国の中で違う勢力の人が争っているんだ。そして、今でもまだ紛争が終わっていない地域が世界ではたくさんあるんだ。

世界の紛争

この紛争は世界で解決しなければならない問題の一つだけど、他にはどんな問題があると思いますか?

環境問題かな?5年生の森林の勉強で、世界の森林が減ってるって習ったよ。

地球温暖化も聞いたことがある。

他の写真も見てみましょう。

南スーダン・ユニセフ・WFP 遠離地支援

食料を運んでいるね。問題解決のために、国同士で協力しているのかな。

ユニセフって聞いたことがあるよ。

問題解決のために派遣される日本人

日本人だ! WFPって何だろう? 問題を解決するために派遣されたのかな?

日本も協力しているんだ。どこでどんなことをしているんだろう。

問題をつくる(1/6時間)

世界の様々な課題について触れ、解決に向けた取り組みや、日本が行っている国際協力について話し合い、学習問題をつくります。

学習問題
世界のさまざまな課題を解決するために、日本は世界の国々と協力して、どのような活動をしているのでしょうか。

まとめる(6/6時間)

解決されていない課題について振り返り、自分にできることについて考えます。

自分にできることを考える工夫

SDGs サイトの行動宣言を取り上げ、これまでの学習と関連付けながら、自分にできることを考えられるようにします。

SDGs・みんなの行動宣言

今回の学習では、世界の様々な課題について学習してきました。まだ解決していない課題や、これからみんなで協力して解決していかなければいけない課題もありました。学習したことを振り返り、自分にできることを考えてみましょう。

紛争で苦しんでいる難民の人たちを助けるために、募金できないかな。

食べ物に困っている人が大勢いることを知りました。食事を残さずに食べて、捨ててしまう食料を減らしたいです。

プラスチックごみが海を汚していると知ったので、ビニル袋の代わりにエコバッグを使ってみようかな。

SDGs のサイトには、「みんなの行動宣言」がありました。みなさんも自分にできそうなことを宣言してみるのもいいですね。学習したことを基に考えてみましょう。

海洋汚染を防いで海の生物を守りたいです。海に行くときは、ゴミをちゃんと持ち帰りたいです。
n.e(12 歳以下・埼玉県) 関連目標:14

電気などを無駄遣いしない。
とまと(12 歳以下・埼玉県) 関連目標:7・13・14

参考サイト:日本ユニセフ協会「SDGs CLUB~みんなの行動宣言」

単元づくりのポイント

本単元では、紛争や飢餓、貧困、環境問題などの地球規模で発生している課題の解決に向けた連携・協力などに着目し、問題の解決をめざす国際連合の働きや日本の国際協力の様子について学習します。

導入場面では、世界には、解決しなければいけない課題が数多くあり、様々な国や立場の人がその解決のために活動を行っているということに気付かせるようにしましょう。

追究場面では、国際連合やユニセフ、ユネスコなどについては公式のホームページ、ODA やNGO については外務省のホームページに参考になる記事や資料が多く掲載されているので、積極的に活用しましょう。

まとめる場面では、学習を振り返りながら、戦争や原爆を経験した我が国の立場、国際的な協力や援助を必要としている人たちの立場、国際連合などの国際的な機関の立場などから多角的に考え、世界の人々と共に生きる上で大切なことについて考えたり、自分にできることを考えたり選択・判断したりして、世界の平和に向けた自分の考えをまとめるようにすることが大切です。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2021年3月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号