• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

脱「暗い先生」の具体策

2019/5/7

「学校って面倒だったり、たくさん嫌なこともあったりするけど、先生の笑顔を思い出すと“明日も行くか~”と思う」、「どんな先生も怒ることはあるし、それは仕方ないと思う」、「怒るのが怖くても、笑顔が多ければうれしい」 ――

これが、子どもたちの口から次々に語られたリアルな言葉です。子どもたちに安心感を与え、慕われる教師になるためにはどうすればよいのでしょうか。すぐに取り組める具体策を、印象戦略家のちとせさんに教えていただきました。

写真/浅原孝子

笑顔の種類を使い分け

笑顔には段階ごとに4種類あります。TPOによってベストな笑顔を使い分ければ、いつでも素敵な先生でいられます。

①ほほえみ

「り」と言ってそのまま口を閉じた状態での軽いほほえみ。忙しくて誰とも話す余裕がない時も、眉間にしわを寄せて作業するのではなく、このほほえみを意識することで周囲への印象もやわらかく。

②ハーフスマイル

歯がわずかに見えるくらいの笑顔。 授業をスタートする時に、無表情ではなくまずこのオフィシャルな笑顔で子どもたちや保護者の心を引きつけましょう。前歯を優しく下唇の上にのせます。

③パワフルなほほえみ

2のほほえみよりもさらに口角を耳たぶの方へ持ち上げていく、大きなほほえみ。保護者とすれ違ったけれど、話せる状況ではない、などのシーンで活用できます。

④キラースマイル

思い切り全開で笑った笑顔。子どもたちをほめる時、喜んでいる感情を伝えたい時には、ぜひ思い切り笑顔で! 前歯を8本見せて、 “眩しい目”をするのがポイント。 頰を持ち上げて!

無意識でも口角が上がった状態をキープ!

「無意識の状態の表情」も、できるだけ笑顔にするには頰の筋肉トレーニングが有効です。次の2つの練習を行うと、頰の位置が上がって普段の顔も笑顔もさらにイキイキとしてきます。

練習1 「ラッキーイッキーダイスキー!」

「キ」を発音する時に、頬骨を上げるように意識して表情豊かに発音してみましょう。頬骨が3cm上がるイメージで、大きな声でハキハキと !

練習2 「ラ」の発声練習 イキイキとした表情に!

指を2本縦にして、歯と歯の間に入れます。その口の形をキープしたまま「ラ」 と言います。その時に、下あごは動かさないように気を付けましょう。鏡を見ながらするとわかりやすいです。

目は口ほどに…の真実

“笑顔”も、口元ばかりを気にしがちですが、実は目の周り(眉や頭骨を含めたゾーン)の動きがとても重要なのです。 次の方法でトレーニングしてみましょう。

2人一組になり、まず一人がノートなどで口元を隠します。その状態で「あなたのことはお見通しよ」「大好き」「やる気満々! 」この3つの言葉を目だけで伝えようとしてみてください。どの言葉を伝えたかったのか、目だけで相手に伝われば合格 !  やってみると意外と難しいですよ !

脱・「暗い先生」の具体策5つ

具体策1 髪型

男性・女性ともに、おでこを出すと自己開示になり、安心感や清潔感がアップして、爽やかな印象に。

具体策2 メイクアップ

女性の場合、意外と重要なのがチークです。笑った時に頰の一番高い位置にほんのり入れるのがコツ。血色感が増し、元気でイキイキとした印象に早変わり!

HOW TO MAKE-UP
練りタイプのチークを指にとってぽんぽんと軽くなじませる。
パウダータイプはブラシ にとったらまず手の甲で、量を調節してからのせましょう。

具体策3 服装

色や形より、意識すべきは清潔感と素材感です。シワになっていないか、季節に合った素材かといったことに気を付けましょう。男性はハリのあるパリッとした素材、女性は光沢のある素材を取り入れると、ぱっと華やいだ印象に。

具体策4 動作・話し方

動作や動きで落ち着きを意識してみましょう。ゆっくりと大きく動くと、控えめな印象の人でも、存在感がアップ !

具体策5 「先生!」と呼ばれた時の反応

子どもの呼びかけに、どんなふうに応じていますか?
子どもたちの感性はとても敏感。自分に対してだけではなく、友達に対する態度や振る舞いまで見て、先生の印象を日々感じているのです。

●呼ばれたら、「はい !」と笑顔で返事 →どんな時もきちんと返事をしてくれることが、安心感の基本
●その子の目を見て話す →しっかりと目を見ることで、「聞いてくれている」「認められている」肯定感に
●答えにくいことでも適当にごまかさない・わからないことはわからないと伝える →正直に一貫性のある態度で、信頼感を醸成


教えてくれたのは・・・

ちとせ:印象戦略家

脳科学・心理学などに基づいた独自のメソッドで、人と企業の価値を高めて理想の成果を導く、「人」育成の専門。年間300の講演・研修・企業等を通して、5000人以上のビジネスシーン向上に関わる。幼稚園教論経験を活かし、小・中・高の教師・児童・生徒向けにも研修を実施。

『 信頼される先生への4分2秒 自分の印象、大丈夫ですか?』
ちとせ・著 定価: 1200円+税 小学館 ISBN978-4-09-840192-5
試し読みはこちら

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る