小6社会「明治維新と新しい国づくり」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校教諭・長坂光一郎
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都公立小学校校長・杉渕尚

小6社会「明治維新と新しい国づくり」指導アイデア
イラストAC

目標

我が国の近代化について、世の中の様子、人物の働きや代表的な文化遺産などに着目して、地図や年表などの資料で調べ、黒船の来航、廃藩置県や四民平等などの改革、文明開化などを手掛かりに、我が国が明治維新を機に欧米の文化を取り入れつつ、近代化を進めたことを理解できるようにする。

学習の流れ(6時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○ 江戸後期と明治初期の横浜の様子を比較し、疑問を出し合い、学習問題をつくる。

〈学習問題〉
だれがどのようにして、明治の新しい国づくりを進めていったのだろう。

追究する(4時間)

○ ペリーの来航が、江戸幕府に与えた影響を調べる。
〇 明治政府が目指した国づくりについて調べる。
〇 福沢諭吉は、なぜ学問の大切さを広めようとしたのかを調べる。

まとめる(1時間)

○ 黒船の来航や、廃藩置県、四民平等、文明開化などを基に、学習問題に対する考えをまとめる。

導入の工夫

江戸後期の絵図と明治初期の写真を具体的に比較することで、短期間で大きく変化したまちの様子に気付けるようにし、疑問をもてるようにする。

問題をつくる
江戸後期と明治初期の横浜の様子を比較して、変化に関心をもち、学習問題をつくる。(1/6時間)

●横浜の様子を示した江戸後期と明治初期の資料から、気付いたことを話し合う

2枚の資料を比べて、気付いたことを話し合いましょう。

江戸後期の横浜の様子
江戸後期の横浜の様子

約30年後

明治初期の横浜の様子
明治初期の横浜の様子(写真で提示)

服も建物も、違うね。

絵から写真に、変わっているね。

外国の文化が入ってきたのではないかな?

約30年で、まちの様子が大きく変わったね。

●疑問を出し合い、学習問題をつくる

学習問題
だれがどのようにして、明治の新しい国づくりを進めていったのだろう。

1850~1872の年表

年表から、学習問題の予想を立てて、調べる計画を立てましょう。

ペリーの来航が、関係あると思います。

廃藩置県や四民平等も、関係がありそうだね。

岩倉使節団が、外国に行っています。

追究する

岩倉使節団や明治の諸改革などについて調べ、当時の世界の国々の様子などを基に、どのような国づくりを目指したのかを考える。( 3・4/6時間)

当時の世界の国々に目を向ける工夫

当時の世界の動きが大まかにわかる地図などの資料を活用して、世界の国々との関わりから、明治の新しい国づくりを考えられるようにする。

岩倉使節団は、なぜ2年もかけて外国に行ったのか、2枚の地図と資料から考えてみましょう。

岩倉遣欧使節団行程表
サンフランシスコ→ワシントン→イギリス→フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ→ロシア→デンマーク→スウェーデン→イタリア→オーストリアを訪れ、スエズ運河を通過してシンガポールを経由して帰ってきた。
当時の世界植民地地図

日本も植民地にされてしまう。それを防ごうとしたのではないか。

岩倉使節団は、外国に対抗するために世界を見に行ったと思います。

鎖国をしていて遅れているので、世界の国々に追いつこうとしている。

当時の世界の国々の様子と明治政府の諸改革を関連付けて扱うことで、明治政府の目指した国づくりを捉えやすくなります。

単元づくりのポイント

本単元では、内容の取扱い(2)オを受けて、「当時の世界との関わりにも目を向け、我が国の歴史を広い視野から捉えられるように配慮する」ことが大切です。そのために、例えば、「岩倉遣欧使節団の行程表と経路」「ペリーの航路」「海外の植民地化が進む様子」など、当時の世界の動きが大まかにわかる地図などの資料を用いることが考えられます。

当時の世界の国々の動きと関連させながら、明治以降の我が国の動きを捉えさせていくことが重要です。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号